Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年8月2日

先制攻撃は認められるか

まとめました。
2
Masashi MURANO @show_murano

先制攻撃と敵基地攻撃の違いは? 混同される恐れ拭えず<Q&A>:東京新聞 TOKYO Web tokyo-np.co.jp/article/41552

2020-08-02 14:00:30
Masashi MURANO @show_murano

最近、攻撃能力をめぐる答弁や記事の中で、「先制攻撃は国際法違反」とする記述が見受けられますが、この説明は正しいんですか?国際法が禁じているのは、相手が武力攻撃に着手していない段階で行う「予防(preventive)戦争/攻撃」であり、「先制攻撃(pre-emption)」自体は否定していない。 twitter.com/show_murano/st…

2020-08-02 14:02:43
田上嘉一@国民を守れない日本の法律 @Gotama7

先制攻撃は国際法上認められている。カロライン号事件のウェブスターフォーミュラが事例。脅威がどのくらい差し迫ったものかどうか。ご指摘通り予防は認められないという理解。 twitter.com/show_murano/st…

2020-08-02 14:15:18
田上嘉一@国民を守れない日本の法律 @Gotama7

nids.mod.go.jp/publication/ki… 自分はこれを読みましたが、簡潔でわかりやすいです。 「「先制」と「予防」の間 - ブッシュ政権の国家安全保障戦略 」 @show_murano

2020-08-02 14:29:53
篠田英朗 Hideaki SHINODA @ShinodaHideaki

カロライン号事件のウェブスターフォーミュラ「差し迫った明白な必要性」原則は、慣習法上の自衛権理解ですが、憲章51条の中に取り込まれていると考えられていると思います。 twitter.com/Gotama7/status…

2020-08-02 14:40:25
長島昭久@東京18区(武蔵野、府中、小金井市) Akihisa NAGASHIMA, MP @nagashima21

敵基地攻撃は、日本国以外では先制攻撃にもなり得ると思います。でも、日本の場合は、武力行使の三要件という特殊な縛りがかかっているので、武力攻撃事態が認定されて初めて反撃するしかなく、仮に相手の基地まで届く攻撃力を保有しても、我が国法令を遵守する限り、先制攻撃には絶対につながらない。 twitter.com/show_murano/st…

2020-08-02 15:05:30
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

日本政府が定義する先制攻撃とは、「武力攻撃のおそれがある段階で武力を行使すること」ですが、一方で米国や英国が主張する「先制自衛(anticipatory self defence)」は、「急迫した武力攻撃」の発生を要件としており、問題は両者が同じ概念なのかという点と考えられます(続) twitter.com/show_murano/st…

2020-08-02 15:15:23
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

先制自衛は、その源流を1837年のカロライン号事件、及びその後1842年の米英間の外交文書で米側から提示されたウェブスターフォーミュラに求められますが、そこで示された自衛の要件は「即座の圧倒的な自衛の必要性があり、手段選択の余地がなく、熟慮の時間もない」ことでした。

2020-08-02 15:19:40
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

米軍の作戦法規便覧やその他の文書から、米国のいう先制自衛は、この要件が国連憲章51条でも引き続き有効であり、従って武力攻撃(便覧での解釈は現実の被害の発生)が急迫した場合に武力を行使することとされています。従って、単なる「おそれ」が生じた段階とは区別しているように考えられます。

2020-08-02 15:24:16
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

これは学説上でも、たとえばC.H.M. Waldockが「単なるおそれや危険性ではなく、攻撃が開始されたという確実な証拠」があれば、それは「武力攻撃が開始されたと言っても差し支えない」としているのと(米国が主張する先制自衛とその内容が全く同じとは言えないまでも)ほぼ同様です。

2020-08-02 15:39:01
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

先制攻撃と敵基地攻撃の違いは? 混同される恐れ拭えず<Q&A>:東京新聞 TOKYO Web tokyo-np.co.jp/article/41552 この記事にまず必要なのは日本政府の「先制攻撃」の定義をしっかり確認することでしょう(ちゃんとあるわけですから)。こんな雑なまとめができるほど容易な問題ではないのです。

2020-08-02 15:52:59
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

要するに、「先制攻撃」と「先制自衛」は違うし、「先制自衛」と「着手論」は全く同じというわけではないということですね。従って、先制攻撃は国連憲章違反(51条のif an armed attack occursとの関係)という政府見解は一般的には正しいわけです。 twitter.com/japanesepatrio…

2020-08-02 16:06:15
D-3 @DaichiNotGaea

我が国は国際法を遵守し、これに違反する先制攻撃を認めていないところ、当然に先制攻撃は行わない。で、FAですね。 twitter.com/japanesepatrio…

2020-08-02 16:12:17
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

ウェブスターフォーミュラの難しい点は、①Brownlieや、日本では田岡良一博士が明らかにされた通り、当時の「自衛」と現在の「自衛」は全く別の概念であり、単純には比較できない点 ②Dinsteinは、カロライン号事件を先制的ではなく事後的な行動と捉えている点などの問題が指摘されていることですね。

2020-08-02 16:27:03
田上嘉一@国民を守れない日本の法律 @Gotama7

このあたり、軍事研究2018年4月号のよっちゃんの記事「「先制的自衛」か「迎撃的自衛」か」を読んで皆さん勉強しましょう。 twitter.com/japanesepatrio…

2020-08-02 16:37:34
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

RT・先制攻撃については、まずその定義から議論を始めないと話がかみ合わなくなります。先制攻撃という用語は必ずしも国際法上存在するわけではありませんが、日本政府はこれを概ね「武力攻撃のおそれが生じた段階で武力を行使すること」と定義しています。これを是認する国を私はほぼ存じ上げません。

2020-08-02 17:27:41
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

たとえば米国や英国は、先制自衛(anticipatory self-defence)の要件に関して、「急迫した武力攻撃(imminent armed attack)」を挙げていますが、これは単なる「おそれ」とは区別されます。ですから、日本政府がいう先制攻撃と米国や英国の先制自衛は別の概念です。

2020-08-02 17:31:13
田上嘉一@国民を守れない日本の法律 @Gotama7

つまり俺のツイートはちょっと言葉遣いが雑で、nids.mod.go.jp/publication/ki… これにでてるように「先制」と「予防」って言えば良かったんですね。 「先制攻撃」と「先制的自衛」は違うと。 twitter.com/japanesepatrio…

2020-08-02 17:33:17
田上嘉一@国民を守れない日本の法律 @Gotama7

先制攻撃における脅威はあくまで「潜在的な(immanent)なもの」であって、先制自衛における「差し迫った(imminent)脅威」とは違うだなと。 twitter.com/japanesepatrio…

2020-08-02 17:34:51
田上嘉一@国民を守れない日本の法律 @Gotama7

というわけで、この「先制攻撃はOK」っていうのは訂正します。日本政府のいう「先制攻撃」はだめだけど、「先制的自衛」はOKな場合があると。

2020-08-02 17:35:30
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

よくブッシュドクトリンのpreemptionが話題になりますが、あれはいわゆる「先制的自衛(pre-emptive self-defence)」の話であって、先制自衛の話ではありません。先制的自衛は、テロリストやならず者国家といった特定の主体に対するもので、一般的な国家を対象とする先制自衛とは全く区別されます。

2020-08-02 17:35:52
因幡のよっちゃん(Yoshihiro Inaba)@単著『ここまでできる自衛隊』絶賛発売中 @japanesepatrio6

先制攻撃は、その定義に従えば国際法上も認められませんので、おっしゃる通りこれを「通常の国家主体に対する先制的(pre-emptive )自衛」か予防攻撃とするならば、議論が成り立つはずです。 twitter.com/gotama7/status…

2020-08-02 17:46:37
残りを読む(2)

コメント

mlnkanljnm0 @kis_uzu 2020年8月2日
てか戦争はどっちかが先制するもんじゃね?
1
petton @n_petton 2020年8月2日
アンブッシュは1回まで認められているから
0