Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#88 輪るピングドラム(2)

輪るピングドラム2話感想です。主要人物の一人とされている荻野目苹果登場回。林檎がモチーフによく出てくる作品ですが名前に苹果と付いた彼女とはいかなる人間なのかといった回だった気がします。
5
テリー・ライス @terry_rice88

輪るピングドラム#02「危険な生存戦略」 さて2話。サブタイは今回のエピソード全体に掛かってる、という事で間違いないかな。公式でも明らかになっているようにメインキャラの一角である荻野目苹果の登場とその人となりの説明だったかなあと。 

2011-07-16 08:08:56
テリー・ライス @terry_rice88

傍から見ていると結構地味なエピソードだったと思う。冠葉と晶馬自体はほとんど行動を起こしていないし、動くにしてもペンギン1号2号が活躍していた印象。その分、ペンギンたちのアクションがコミカルで楽しかったですねえ。冠葉たち以外には見えないとはいえ、行動が大胆すぎるのがなんともw

2011-07-16 08:15:03
テリー・ライス @terry_rice88

それはさておき、ピングドラムを探す高倉兄弟、そして、ピングドラムとはなんなのか、苹果はそれを持っているのかどうか。現段階においてはそこら辺が話の焦点なのかなあと。陽毬の読んでいた雑誌には今後登場が予想されるダブルHや時籠ゆりなどの姿がありましたが、どう絡んでくるのか。

2011-07-16 08:20:03
テリー・ライス @terry_rice88

現段階では今後の予想が付きませんね。次回どう展開してくるのかさえが見当が付かないというのは、オリジナル作品だという事を考慮しても、想像が出来ないというか。

2011-07-16 08:23:26
テリー・ライス @terry_rice88

さて、その苹果ですが高倉兄弟とは反対に運命という言葉が好き、運命を信じているという台詞が目立っていたのが特徴的だったかなと。あとは運命的な出会いとか悲しい事も嬉しい事も全部意味があるとかも。彼女という人物の肉付けなのかなあという気がした。

2011-07-16 08:39:32
テリー・ライス @terry_rice88

これらの単語を羅列して眺めてみると、ひどく少女漫画的なキャラクターといえるかなあ。「運命の出会い」というのを信じていて、辛い事も悲しい事も「運命」を信じているからこそ、全て意味があって乗り越えていけるんだって言う。どの漫画に似ているとかじゃなくて、少女漫画の類型を寄せ集めた感じ。

2011-07-16 08:44:57
テリー・ライス @terry_rice88

突き詰めていけば、童話の世界のお姫様のフォルムに近いかなあと、例えばシンデレラや白雪姫。辛い事や悲しい事があっても最終的には王子様と結ばれる「運命」にあるっていう。その「運命」ということかな。苹果の言っている運命というのは。翻ってみれば、彼女が中心の「世界」でもあるかなあと。

2011-07-16 08:49:20
テリー・ライス @terry_rice88

そこらへんが1話での小学生の会話とも繋がっていくのかなあ。林檎は宇宙でこの世界とあっちの世界をつなぐものというところあたりが。あの下り自体は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を汲んでいる内容ですが、やはりあそこでさりげなく出てきたというのは、作品全体に通ずるものという気がします。

2011-07-16 08:57:20
テリー・ライス @terry_rice88

2話を見ている限りだと、まだ苹果を中心とする世界と冠葉と晶馬、ひいては陽毬の存在する世界は「まだ」繋がっていない。冠葉と晶馬はその陽毬を掬う目的から苹果を追跡してるけど、苹果自身は彼らを認識してはいないわけで。今回、最も接近した場面が満員電車でのシーンだからさもありなんという感じ

2011-07-16 09:04:26
テリー・ライス @terry_rice88

今後、苹果が繋がっていく可能性があるのは1話ですれ違った晶馬の方でしょうね。ただまあどう関係が発展していくのかが予想が付かないなあ。

2011-07-16 09:06:39
テリー・ライス @terry_rice88

そういえば、今回の追跡行では冠葉と晶馬、二人の差も出ていた気がします。とことん人間関係に鈍い晶馬と自分の交友関係リソースを最大限に利用する冠葉。晶馬は色恋沙汰に初心すぎるきらいがあるけど、陽毬にずっと目を向けていたから、というのと交友関係は多いけど、ほとんど道具みたいに扱う冠葉。

2011-07-16 09:12:18
テリー・ライス @terry_rice88

陽毬との関係が強固過ぎて、周りと繋がれない晶馬と他人と深い関係を結べない冠葉ってことなんでしょうか。下手すりゃ、兄弟間も奥底では繋がってなさそうな気もしますがどうなんでしょうねえ。苹果の尾行でモラル云々を気にする会話がありましたが、そこら辺も如実というか。

2011-07-16 09:17:14
テリー・ライス @terry_rice88

陽毬のためにはモラルもいとわずやるしかないという冠葉、そこを踏みとどまって躊躇する晶馬。それとは別に苹果はそういうあらゆるものすら飛び越えてしまってる印象があるなあ。苹果は「運命」のためなら人殺しだってしてしまいそうな危ういキャラだというのが今回のラストで判明するわけですが。

2011-07-16 09:26:18
テリー・ライス @terry_rice88

さっきも言ったように苹果は少女漫画の主人公体質というか、童話のお姫様のような立ち位置で、極めて自分中心の世界に終始しているといえるかな。「運命」という名においては。そういう点では他人の都合などは全く考えていなそう。一方通行のお仕着せでしかないのかなあと。

2011-07-16 09:31:02
テリー・ライス @terry_rice88

入り込んじゃうと周りが見えなくなるタイプっぽい。今回も自分の恋愛対象として目をつけた多蕗しか見ていない、だけを見ていたいという印象がかなり強く感じたなあ。彼女だけの運命に第三者が介入する余地があるのか。多蕗は冠葉たちの学校の先生でもあるから、何か繋がりが見えてくるといいけど。

2011-07-16 09:38:36
テリー・ライス @terry_rice88

それと苹果が持っていた日記は未来が記されているっぽいけど、どういうことなのかというのにも注目かな。表紙にはリュウグウノツカイと竜宮城が象られたマークが付いていたけどイコール玉手箱という事なのかなあ。自分の未来を犠牲にして運命を方向付けているとすると結構怖いですがさて。

2011-07-16 09:41:28
テリー・ライス @terry_rice88

あと、冒頭で苹果が鏡に向かってのモノローグのシーンは白雪姫っぽくもあったり、満員電車の中で靴の脱げた苹果の友達はシンデレラを想起させたり、なんだか童話を思い浮かばせる所があったのも、また考えるべき所ではありそうですね。

2011-07-16 09:45:47
テリー・ライス @terry_rice88

少しずつ見えてきたところを考えていくと世界と生存戦略が強く結びついていきそう。世界というのは「自分を中心とする世界」で、「自分のいない他の世界」とどう繋がっていくかということが生存戦略に繋がっていく、ということなのかなあ。突き詰めていくと自分と他者の関係性ということになると思う。

2011-07-16 09:53:18
テリー・ライス @terry_rice88

だから苹果の生存戦略というのは危険だってことかな。他者(ここでは異性でもあるか)との繋がりが一方的で、モラルを飛び越えて犯罪になっている事をかんがみると。病的で、そういう風にしか繋がれないというのも悩み所か。「運命」に縛られているとは言わないけど、「運命」しか見ていないのがまた。

2011-07-16 09:58:15
テリー・ライス @terry_rice88

現実と「運命」は必ずしも結びついていない、というのがオチかな。本人がそう思えばそうだろうし、思わなかったらそうじゃないというか。そもそも運命なんて言うのは人の作った言葉で真理ではないだろうし。だから冠葉たちは「嫌い」といっているわけか。対して、苹果は「運命」を信仰しているわけか。

2011-07-16 10:02:43
テリー・ライス @terry_rice88

となると冠葉たちと苹果がつながった時、どうなるかが見ものであり、楽しみでもあるなあ。どうなっていくんだろうか。ここいらは素直に次回を待ちましょうか。

2011-07-16 10:06:18
テリー・ライス @terry_rice88

なにひとつ全容は明らかになっていないけど、ちりばめられた要素が今後どう繋がっていくのか。なにか大転回もありえそうな予感もしますが、今はただ身を委ねて、見ていければなあと思います。

2011-07-16 10:08:50
テリー・ライス @terry_rice88

では、そういったところで今回は以上。また次回です。ありがとうございました。

2011-07-16 10:09:39

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?