Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
アプリで作成
2021年2月16日

個人用メモ

まとめました。
2
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

小木さんのピラニア発言。たかまつななさんの問題意識は主張と方法論を区別して、方法論に対しての問題意識。方法論をアップデートする方向の提起。そこに向き合わない状態の対話が起きてることで「小木さんにアップデートしよう」という提案の説得力を失っている問題が起きてる。 #SocialActiveClub

2021-02-16 01:04:17
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

ここには大きく二つの問題点があって、そもそも町田彩夏さんは対話させる方向に舵を切らなかった問題。もう一つは方法論として間違っていないという齟齬。前半の問題点は分断しか生まない手法なので、小木さんにアップデート促してるのを踏まえると悪手だと考えます。

2021-02-16 01:16:16
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

二つ目の齟齬は重要な問題点だと思う。攻撃的な方法論は歴史的に見れば闘争運動としてその方法論は是とされている。しかし、たかまつななさんが伝えてる通り「あの場所あの状況」で効果的だったのか?近年SNSなどで度々ジェンダー発言が問題になるが、攻撃的な闘争運動は現在でも通じるのか検討したい

2021-02-16 01:21:17
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

目的は[社会是正]だと考える。この方法論は様々だから、たかまつななさん以外の言論者の言い分は理解できる。「社会で取り上げられてない怒りや感情を取り上げる」という勝部さんの言い分の意義は理解できる。では、実際、目的に近づいてるのだろうか?

2021-02-16 01:29:29
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

SNSの発言全て確認していないが、問題の構造よりも「小木さんかわいそう」という声が集まっている。この結果は見過ごしていい結果なんだろうか?小木さんの問題発言を通して無自覚に生じてる社会の歪みに気付いてもらう契機にこのような声を集めさせてるのは方法論として正しいのだろうか?

2021-02-16 01:38:02
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

「10年後50年後100年後」を見通しているのだとするなら、それこそ今回のこのclubhouseの方法が如何様に結びつくのだろうか?「先のことはわからないから」と片付けてはいけないと考える。

2021-02-16 01:38:02
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

なぜなら、この集まった声から生じるのは単純に方法論として「考える契機を与えられなかった」という失敗だけではなく、ジェンダーの社会活動してる人たち自らが「ネガティブキャンペーン」になっているからだ。

2021-02-16 01:38:02
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

目的が「個人の感想の吐露」だというなら問題ない。しかし、[社会是正]に向けての言動だとするなら問題だろう。なぜなら、ここで与えた多数の声は「かわいそう」であるからだ。小木さんの問題発言が「かわいそう」に埋もれてしまって、そのように与えた認識が次の障害になる。

2021-02-16 01:48:35
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

ただ、攻撃的な発言の問題性があるにしても(切り取り問題も含めて)小木さんを対話の席に引っ張れたのは意義があった証明になる。だから、攻撃的な方法論を単純に否定は出来ない。しかし、最後の最後対話という場所で同じようなスタンスで進んで結果「かわいそう」に結びついたのは内省する点だろう。

2021-02-16 01:53:20
ふじむらたいき@行動心理の専門家 @fujifujizombi

そして、そういう結果に対して“新たな契機”を与えてくれた、たかまつななさんの発言に対して改めて向き合う姿勢、それこそ相対的な帰結にすぐ向き合う形ではない方向に向き合っていかなければ、[社会是正]に向き合わないと考える。(これらの投稿は消します)

2021-02-16 02:01:08

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?