2021年3月22日

研究者の道徳的人格と、その人物の研究遂行能力を分けるべきだという主張について(呉座勇一の件に絡んで)

まとめました。
2
ゆと里 @Yutorispielraum

研究者の道徳的人格と、その人物の研究遂行能力を分けるべきだという主張はしばしば見られますが、そうした主張の背後に想定されているタイプの「客観的な研究の能力」の存在については、こと差別やハラスメントが絡む文脈において、そのようなものを想定すること自体にわたしは全く賛同できません。

2021-03-21 23:56:19
ゆと里 @Yutorispielraum

第一に、研究者としての研究遂行能力のなかには、研究共同体による自律的な研究遂行を可能にする相互批判の環境を維持し、その環境の中で研究を行う能力が含まれているからです。性差別や民族差別、トランスジェンダー差別を公にする人物は、その環境を破壊するため「研究者としての能力」を欠きます。

2021-03-21 23:56:20
ゆと里 @Yutorispielraum

第2に、アカデミア内部での差別やハラスメントは、研究者として必要な様々な能力を身につける機会をマイノリティから奪うからです。安心して演習や研究会に参加できない、学会で交友関係を形成しづらい、などの差別やハラスメントの負の影響は、そのまま「客観的な」形成遂行能力の獲得に影響します。

2021-03-21 23:56:20
ゆと里 @Yutorispielraum

呉座氏については面識も共通の知人もありませんが、「専業主婦をやりつつ趣味で研究をしている女性研究者」を揶揄する発言は、中でも罪深いものの一つだと考えます。アカデミア内外の性差別によって上記のように様々な能力獲得機会を不公平に剥奪されがちな集団が間違いなく存在しているにも拘わらず、

2021-03-21 23:56:20
ゆと里 @Yutorispielraum

身に付けた「客観的能力」の差違によって「公平に」研究者としての存在価値の高低を判断できると信じ、困難な環境にありつつ研究の世界に留まり努力されている女性研究者の方たちを侮辱するような発言をわたしは絶対に許しません。これはマイノリティとして研究をしているあらゆる研究者への侮辱です。

2021-03-21 23:56:21
ゆと里 @Yutorispielraum

第三に、あまりに自明なことですが、仮に同じ「能力」を持つ研究者であるとしても、女性や同性愛者、トランスジェンダー、障害者であることによって、その人の能力が正当に評価されないという現実があります。この現実を無視した「客観的能力」の想定は、それゆえ差別を不可視化するのもので無益です。

2021-03-22 10:24:51

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?