インタビュー・ウィズ・ニンジャ (フィリップ・ニンジャ・モーゼズ=サン)

『ダィハード・テイルズ』誌による、深遠なるニンジャ・コスモロジーについての、フィリップ・ニンジャ・モーゼズ=サンに対するインタビュー。(2001) 過去のインタビュー・ウィズ・ニンジャ。 「ブラッドレー・ボンド=サン」 http://togetter.com/li/72693 続きを読む
ログ ニンジャスレイヤー
6
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
【インタビュー・ウィズ・ニンジャ】 「ダィハード・テイルズ誌」(2001)より、深遠なるニンジャ・コスモロジーについての、フィリップ・ニンジャ・モーゼズ氏に対するインタビュー記事を抜粋 【貴重】
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---我々はホテルの一室にて、旅行中のフィリップ・ニンジャ・モーゼズ氏に対する突撃インタビューを敢行した。アポイントメントは無い。日常的な姿のモーゼズ=サンを取材することで、彼のインスピレーションの源泉がどこにあるのかを突き止めようという野心的な試みだ。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---ドアをノックし目的を告げると、気さくな返事が帰って来た。10分間だけ、インタビューに応じてくれるという。喜び勇んで薄暗い部屋に入った我々は、立ち込める神秘的なセンコの香りと、何本ものローソクの灯り、手書きと思われるショドーの数々、そしてニンジャ装束のモーゼズ=サンを見た。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---「実際驚きました。あなたは旅行中でも、いつもこのようにミステリアスな空間を作るのですか?」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「その通りだ。私はこれらの道具を、いつもボストンバッグの片隅に入れている。平安時代のニンジャたちがそうしたようにね。こうしたニンジャ・イクイップメントは、丸めたりするととても小さくなり、長旅でも携行が苦にならない。まったく、よくできているものだと、いつも思うよ」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---「なるほど、こうした空間がニンジャ・アトモスフィアの源泉となっているのですね。しかし、それだけではないでしょう。あなたがた2人は、いったいどんなところから、ニンジャ・サイバーパンクに関する独創的な着想を得ているのですか?」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「いくつもある。代表的なものを2つ紹介しよう。君が明日の朝、ベーコンとエッグを頬張った直後からでもできる、実践的なプラクティスをね。ひとつはニンジャ・セッション、もうひとつは、ニンジャ・コンスピラシーだ」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「ニンジャ・セッションとは、参加者全員がニンジャ装束に身を包み、大自然の中を駆けたり、廃墟となったビルディングの中を忍び歩いたりするものだ。これは1人で行っても構わない。ただ、セッションを行う場所には注意して欲しい。ポリスメンやレンジャーに撃たれる危険をつねに秘めている」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「最も確かなのは、地元で行われているニンジャ・コンペティションやジュージツ・コンペティションの日程を確かめることだ。こうした場所なら、ニンジャがいても何の不自然も無いからね。こうした場所でビデオを撮ったり写真を撮影したりすることも、インスピレーションの助けとなる」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「ニンジャ・セッションが肉体的なインスピレーションの源であるのに対して、ニンジャ・コンスピラシーは知的なインスピレーションの源だ。タタミのある部屋に座り、メディテーションをしながら、社会とニンジャの入念に隠された関わりについてイマジネーションを働かせる……」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---「うーん、ニンジャ・コンスピラシーは、かなり観念的なものですね。本当に、私も明日の朝ベーコンとエッグを頬張った直後から実践できるものなのでしょうか?」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「成せば成る!黒いペンを用意し、食卓に置かれたニュースペーパーを手に取るんだ。大統領と経済界の大物がにこやかに握手している写真を見つけたら、彼らの目以外を黒く塗りつぶす。スーツなどは残してみてもいい。これで、現代社会がニンジャに支配されている真実のイメージが掴めるだろう」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「このイメージトレーニングの対象は、政治家だけとは限らない。ニンジャたちは何食わぬ顔をして、人間社会に紛れ込んでいるからね。スクールメイトの集合写真、プロレスラーやロックスター、プレミアリーグのサッカー選手、ハリウッドセレブたちの写真などにも、ニンジャの影が潜んでいる」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---「ありがとうございました。次は作品の根底に流れる思想や、お二人なりのニンジャ世界観について質問させてください。まずは、カワイイについてです。そこのショドーにも書いてありますね。何故ニンジャスレイヤーの作品中にはカワイイの要素が含まれるのでしょう?一見、違和感があるのですが」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「答えは単純。リアルな日本を描こうとするならば、カワイイの要素は外せない。カワイイを排除したハードボイルド・サイバーパンクを作っても、上辺だけのフェイクになるだろう。僕も最初はカワイイには否定的だったが、ボンドからカワイイの語源はカワイソウだと聞いて、考えを改めたんだ」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---「なるほど。よくお2人が口にする、ショッギョ・ムッジョの精神があるのですね。続いての質問はこれに比べれば、きっと瑣末なものでしょう。なぜニンジャスレイヤーの作中には、メキシコ人が頻出するのでしょうか?」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「君はエル・マリアッチやデスペラードといった、優れたメキシコ映画を見たことがあるかい?僕にとってメキシコ人は屈強さと無慈悲さの象徴なんだ。現代におけるキンメリア人のようなものさ。ジュージツのルーツの一つでもあるし、地理的にも日本に近い。強いリスペクトを感じ取って欲しいね」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---「ところで、以前、ニンジャスレイヤーをテーマとした横スクロールアクションゲームが発売されかけたそうですが、なぜこの作品はお蔵入りとなったのでしょうか?」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「ああ、デイヴが作った奴のことだね。僕とブラッドレーの共通の友人であるゲームプログラマーが、ある日突然、ニンジャスレイヤーのゲームを作りたいと言ってきたんだ。まだ第1部が完結して間もない頃だったと思うよ。何故このゲームが世に出なかったかというと、単純にシットだったからだ」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「何かシステムについて希望はあるか、と聞かれたんで、僕は『ドラゴンズレアくらいの無慈悲な難易度にして欲しい』って伝えたんだ。難易度についてだよ。比喩的な話さ。でも数ヵ月後に出来上がったのは、ドラゴンズレアの主人公のように歩いたりしゃがんだりスリケンを投げるフジキドだった」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---「それは残念なことですね。そうだ、スリケンといえば、何故ニンジャたちはあんなに多くのスリケンを投げられるのでしょうか?どこかに隠し持っているのですか?それとも……」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
モーゼズ「おっと10分経過だ。インタビューはこれで終わりだ。さあ、僕の部屋から出て行ってくれ。これ以上は何も答えることはない。今すぐ出て行ってくれ、さもなくばカラテだ」
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
---私たちは身の危険を感じ部屋を後にしました。ロビーに戻り、テープの内容を確かめていると、神秘的なセンコの臭いが鼻腔の中に蘇り、私たちの精神にリラクゼーション効果をもたらしました。冷静さを取り戻した私たちは、最後に何故あんな破廉恥な質問をしたのだろうと、深く恥じ入ったのでした。
Ninja Slayer / ニンジャスレイヤー @NJSLYR
インタビュー・ウィズ・ニンジャ 「ダィハード・テイルズ誌(2001)より、深遠なるニンジャ・コスモロジーについての、フィリップ・ニンジャ・モーゼズ氏に対するインタビュー記事」 終わり

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする