カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

無能でも出世できるアカデミア処世術

おもしろかったので勝手にまとめました。 もちろんアカデミアで必要なのは処世術ではないのであってこれは批判の意味を込めてということで 大学はどのように変わるべきか?を考えないといけないですね
11
@vikingjpn
そう、今のご時世大学を中心としたアカデミズムの中で生き抜ける人間は、畢竟「霞を食うだけで生きていける人間」だけなのだ。現実のメシより、学術の世界の楽しさの方が魅力的と思う人間だけが残っていける。それが残酷な「大学」の現実。
@vikingjpn
でも、現実のメシが食えなければ逃げ出すor去っていく人材は多いし、大抵の場合優秀な人材のほとんどがその逃亡組に含まれる。こうして大学に優秀な人材は残らなくなる。そんなことはずっと言われ続けているのだけど、誰も改めない。要するに、今の大学は優秀な人材なんか求めていないのだ。
@vikingjpn
待遇を改めなきゃ優秀な人材が逃げ散るとわかっていて改めないのだから、日本の大学は優秀な人材なんか求めていない。そのことだけははっきりしている。だから、優秀な人材は絶対に大学に残ってアカポスに就こうなどとは考えてはいけない。必ず後で潰される。それは日本の損失だ。
@vikingjpn
科研費データベース見てて、僕も初めて知ったのでした。笑 RT @MokugYoshi mgが学振もらってたって初めて知ったw
@vikingjpn
で、日本という国の未来のためにも、こんな腐った業界に優秀な人材を呼び込むわけにはいかない。。。そう言わざるを得ない時点で、日本の大学は自ら成長するための原資をみすみす放棄しているに等しい。言い換えれば、もはや今後の成長が不可能な業界だともいえる。それが日本の大学。
@vikingjpn
そういうことを、大昔拙ブログで「アカデミアという名の斜陽産業」と題して書いたわけだけど、その状況は結局あれから4年ぐらい経っても全く何も変わらない。それどころか、むしろ悪化している印象がある。日本のアカデミアが滅亡する確率は、多分米国債がデフォルトになる確率より高い。
@vikingjpn
ま、僕は不幸にしてアカデミズムに絶望的ながらも居座ろうともがく人間になってしまった。なので、せめて最後に引導を渡して野辺送りにするところぐらいまでは見届けようと思う。後のことは知らん。市場原理だけが、その後の答えを知っているはず。
@vikingjpn
昨日「優秀な人材は勿体無いからアカデミアに来るな」と呟いたけど、じゃあ優秀じゃない奴はどうやって出世するんだろう?パターンはいくつかあるが、最大公約数を取ると大体こんな感じだと思う。
@vikingjpn
無能でも出世できるアカデミア処世術その1:まず海外のビッグボスのラボに(押し掛けでも良いので)留学する。(業績は全然出なくても良いので)数年滞在してから、そのビッグラボのスキルを欲しそうな日本国内の有力大学のPIに売り込み、最低でも講師以上の待遇が得られたら帰国する。
@vikingjpn
無能でも出世できるアカデミア処世術その2:日本国内の有力大学のラボに帰ってきたら、ひたすら学会・シンポジウムに顔を出しまくって名前を売り、ビッグラボ留学経験と有力大学のネームバリューを生かして共同研究を多数立ち上げ、名前だけ入ってる共著論文を多数出す。
@vikingjpn
無能でも出世できるアカデミア処世術その3:共著でも論文は山ほど出せるので、そのCVを元手に科研費以下グラントにバンバン応募する。マイナー細目を狙うとなお良い。最初は若手Bや基盤Cで練習、そのうち若手Aやその他の高額グラントを取りに行く。
@vikingjpn
無能でも出世できるアカデミア処世術その4:高額グラントが取れるようになると、有力大学のネームバリューも相俟って、拠点整備などの雑用も降ってくるようになる。これをソツなくこなし、雑用にかこつけて国内のビッグラボとの「付き合い」をバンバン増やしていく。
@vikingjpn
無能でも出世できるアカデミア処世術その5:拠点整備などの雑用に精を出し、国内のビッグボスたちと仲良くなるうちに、どこかにテニュアの空きが出る。そこにビッグボスの紹介をもらい、山のような共著論文&それを元手に得たグラント群&見栄えの良い雑用満載のCVで、見事テニュアget!
@vikingjpn
無能でも出世できるアカデミア処世術の利点:事実上、本人に論文を執筆して出版する能力が全くなくても、テニュアにたどり着ける。日本国内では論文の「数」が物を言いやすく、筆頭かコレスポか共著かはあまり問われないことが少なくない。
@vikingjpn
無能でも出世できるアカデミア処世術の難点:当然論文が書けない奴だと周囲に知られてしまうので、死ぬまで後ろ指を差され続けることになる。雑用メインで出世しているので、永遠に雑用に追われ続ける。
念波 @nennpa
これ、おれの周りでは通用しないな。“@vikingjpn: 無能でも出世できるアカデミア処世術の利点:事実上、本人に論文を執筆して出版する能力が全くなくても、テニュアにたどり着ける。日本国内では論文の「数」が物を言いやすく、筆頭かコレスポか共著かはあまり問われないことが少なくない
@vikingjpn
@nennpa 分野や業界によるでしょうね。ただ共著で本数を稼ぐテクニックを極端化させるとこんな感じになると思います。
念波 @nennpa
@vikingjpn ま、率直に言うと、工学はそういうの多いです。理学では見ない。他はちょっとわかりません。
@vikingjpn
まぁ、これで簡単に出世出来てしまう日本のアカデミアがどうかしてると思うんだけどね。でもこれが現実。その現実に幻滅した奴からアカデミアを離れていく。優秀な奴ほど早い段階で気付き、立ち去る。残るのは愚か者ばかりなり。自分含めて。
@vikingjpn
@nennpa 良くご存知で。笑 工学は目につきますね。理学は聞いた記憶がないです。でも理学以外では割と珍しくない話だと思います。
このツイートは権利者によって削除されています。
@vikingjpn
一つ気の毒なパターンが、バリバリ研究も出来て論文もバンバン書けるくらい能力のある人が、そういう無能でも楽してやっていきたい連中に引っ張り込まれて雑用を押し付けられてしまうという構図。これは本当にひどい。
Hidetaka Tamune @hidetamune
@vikingjpn これだけできたら単なる無能ではないと思ったのですが苦笑
このツイートは権利者によって削除されています。
残りを読む(30)

コメント

hiroharu.minami @hiroharu_minami 2011年8月8日
何か『無能』と侮辱されている『雑用係』の中の人だけど、多くの雑用を卒なくこなして出世に繋げられるというのは、それはそれで大した能力じゃないかと思うけどな。むしろそっちが民間向きかも。
@vikingjpn 2011年8月8日
そういう人々は民間向きだとは思うんですが、研究者は雑用のために給料と公的研究資金を国や自治体からもらっているわけではありませんので。あくまでも研究のために血税を分けていただいているのです。 >hiroharu_minamiさん
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2011年8月8日
研究員ではない『プロの雑用係』が研究機関に不足してるということですよねぇ? あるいは、本当は研究者身分だけど『事実上雑用係』って人は、穀潰しなので研究機関からパージすべきってことですか?
@vikingjpn 2011年8月8日
両方ですね。「プロの雑用係」も必要ですし(今現在「リサーチアドミニストレーター」として養成体制が検討されている職種ですね)、事実上雑用しかしていない「本来研究者であるべき無駄飯食らい」を放逐するというのも必須です。後者が意気揚々と研究テーマ設定やら資金配分やら、司令塔的立場の仕事までおっ始めてしまうと非常にややこしいのです。研究のド素人が司令塔をやるということなので。 >hiroharu_minamiさん
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2011年8月8日
研究機関内で『雑用』や、それをやる人が『研究者』から見下されている構造を持つと、システムだけ更新しても上手く行かないのでは?という気がします。 vikingjpnさんの言葉に研究者としては二流の『雑用屋』への強い蔑視が感じ取れるので。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2011年8月8日
研究者としては二流だが、マネージャーとしてなら大したもの、という人をどうするのか? とか。
@vikingjpn 2011年8月8日
研究者としてのヒエラルキーに編入されるべく育成され費用をかけられてきているはずなのに、雑用屋としてのみ働いてヒエラルキーの上位に位置し、結果的に業界全体を迷走させることに手を貸すような人間は蔑視されても致し方ないでしょう。大事なことは、そういう雑用というか研究活動全体のマネジメントを回すプロをきちんと育成し、研究者のキャリアパスからは分離させることだと思います。現状では、雑用しかできない人間が研究者ヅラをしてヒエラルキーの高みに上って業界全体をデタラメに振り回しても、誰も止められないのです。 >hiroh
@vikingjpn 2011年8月8日
ですから、「研究者としては二流だがマネージャーとしては一流」の人を積極的にリサーチアドミニストレーターとして引き上げ、研究者キャリアパスから分離した別のキャリアパスに載せること。そしてそういうキャリアパスを全国レベルで各大学で整備すること。さらに、その育成制度を作ること。これが今僕の欲しているものです。 >hiroharu_minamiさん
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2011年8月8日
そうすると現状の日本では、研究者とマネージャの専門化がそれぞれ不十分で、どちらも不幸になって効率落としてる、という理解でいいんですかね?
@vikingjpn 2011年8月8日
全くもってご指摘の通りだと思います。その「不幸で非効率な状態」を何とかしたいと思って、昨年の2月以来公開提言を出したり色々運動しておりますが、まだまだ道半ば。少しでも多くの方に問題の所在に気付き、体制改革を求める声を挙げて頂ければと願っております。 >hiroharu_minamiさん
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2011年8月8日
なるほど。 ありがとうございました。
笑い猫 @bokudentw 2011年8月9日
リサーチアドミニステレータに関するお話が出ましたので、少しWebを調査して追加しました
@vikingjpn 2011年8月9日
迷言連発ママゴン談義はなくてもいいんじゃないでしょうか?笑
笑い猫 @bokudentw 2011年8月9日
ママゴン論議を削除しました。私的には脱線話でおもしろかったのですが
@vikingjpn 2011年8月9日
脱線は脱線でまとめた方が面白いかもですね。ただしママゴン論議≒学歴談義なので荒れる予感もありますが。。。
笑い猫 @bokudentw 2011年8月10日
ママゴン談義をおもしろくするか、学歴論争にするかわかりませんが、おもしろそうなネタではありますね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする