2021年5月9日

古代の歌謡にオタクが推しの尊さに叫ぶ時みたいなやつがあった「古代からヲタクがいたのではと思わされるレベルの『てえてえ』感」

推し様は今日も最高です
70
こうく @usedtobe_sth

オタクが叫ぶときみたいな催馬楽(古代の歌謡)があった 訳 ああ尊い 今日の尊さは ああ 昔も ああ 昔も このようであっただろう ああ 今日の尊さは ああ そこが良いな 今日の尊さ pic.twitter.com/UgWGn08VQr

2021-05-06 15:27:35
拡大
こうく @usedtobe_sth

ガチャで推しでた時こうなる

2021-05-06 16:48:06

参考リンクです。

リンク Wikipedia 催馬楽 催馬楽(さいばら)とは、平安時代に隆盛した古代歌謡。元来存在した各地の民謡・風俗歌に外来楽器の伴奏を加えた形式の歌謡である。管絃の楽器と笏拍子で伴奏しながら歌われた「歌いもの」の一つであり、多くの場合遊宴や祝宴、娯楽の際に歌われた。語源については馬子唄や唐楽からきたとする説などもあるが定かではない。 催馬楽は、平安時代初期、庶民のあいだで歌われた民謡や風俗歌の歌詞に、外来の楽器を伴奏楽器として用い、新しい旋律の掛け合い、音楽を発足させたもので、9世紀から10世紀にかけて隆盛した。 隆盛の例としては、醍醐天
リンク www2.ntj.jac.go.jp 雅楽 GAGAKU|文化デジタルライブラリー サイト説明
はな @jjhatorijj

笑笑 ただひたすらに今日の尊さを叫ぶところが好感持てますね twitter.com/usedtobe_sth/s…

2021-05-08 11:53:18
おなかすいた @yMOREwOKTTsPmLp

今のオタクと一緒で笑ってしまった

2021-05-08 20:27:03
𝕋𝕆𝕄 @H_H_H_H_H3H_H

尊みのあまり語彙力が喪失

2021-05-09 08:06:11
倉庫 @gyakubirdK

RT 昔も今も尊さで語彙を失なった人はこうなんだ?(親近感)

2021-05-08 21:04:23
アリサ@ゲーム垢(?) @Arisa_DQ_X

オタク、もしかして1000年間進化してない?

2021-05-09 10:19:39
ぴんむー @pinmuh

>RT モエに古今なし😌🙏🏻

2021-05-09 08:50:16
綾川はぺこ(芹) @hnpn_usagi

古代からヲタクがいたのではと思わされるレベルの「てえてえ」感…

2021-05-09 09:06:55
吉田 天 @simasimadadada

てえてえってずっと昔から人は思ってたってことじゃん

2021-05-08 20:22:08
たちき 通販受付中です! @tachik_k

言葉にならないオタクの叫びよね… >RT

2021-05-09 09:02:41
梅鳥 @leg_ume

日本人、大昔から推しに対する語彙が消失する現象があると確認できて尊いですねww >RT

2021-05-08 21:11:05

コメント

memo @kosmosgarden 2021年5月9日
UTCPシンポジウム『歴史・価値・系譜学』(5/8) https://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2021/05/post_232/ 最後の発表『坂部恵における「仮面」の論理と倫理』を聞きながら、「もしかしてこういうことですか?」とyoutubeへのリンク付き質問をチャットで送りたくて仕方がありませんでした。
1
memo @kosmosgarden 2021年5月9日
だからと言って発表者をはじ視聴参加者を〈不安〉にさせてもいけないかな、と思って止めておきました。 MASK 千年メドレー https://youtu.be/AGYm1dQxt5Y
0
memo @kosmosgarden 2021年5月9日
訂正。 ×発表者をはじ ○発表者をはじめ
0
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2021年5月9日
gyaous ありがとう。見てみたけどさっぱりわからん…能までは楽しめるけどここまで古いと駄目だ…
0
tkhs @cava22cava 2021年5月9日
鎌足の「安見児得たり」と同じ匂いがする
0
memo @kosmosgarden 2021年5月11日
ヒガシくんの巨大能面フェイスではじまるこのシーンでちょっと思い出したことなのですが、いきなりな一抹のユーモアと共に(シリアスシーンのわりに会場では笑い声とも驚いての小さな悲鳴ともつかない声があがっていました。)大いなるカタルシスが1990年当時はありました。
0
memo @kosmosgarden 2021年5月11日
と、いうのも30年ほど前ですと、古典『能楽』に出てくる女性キャラクター(神仏~妖精~妖怪~鬼。なんと説明すれば良いのでしょうか、こういうのは。異類?)でもって、人間の女性(年齢不問)について語りたがる男性というのがまだまだ当たり前のようにいました。
0
memo @kosmosgarden 2021年5月11日
それはだから違うから!古典能楽作家も演者も全員〈男性〉でしたから!と、御大層に文章に書いたり対談で語ったりしているのを見るにつけ、いちいち告げて回りたかったです。
0
memo @kosmosgarden 2021年5月11日
彼らは本当に気がついてなかったのか?と思うとトンデモない話ではありますが、実際の古典芸能の演者の方々というのはそういった文学者や学者の戯言については往々にして敬して遠ざけるものらしく、だったら敢えて面倒なことまでは踏み込まずちゃんといちいち教えてあげたりはしなかったのかなと思うと、やっぱり教養と理性は大事にしとかなあきませんですよね、チャンチャン。
0