Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年8月13日

ライスのアニメ感想:#100 REDLINE(製作:マッドハウス、2010年)

アニメ感想100回目。 記念すべき感想作品は去年公開の劇場アニメ「REDLINE」。 BD/DVD発売記念です。 個人的には「少女革命ウテナ」ファン必見のアニメです。 80年代アニメに影響を受けたケレン味溢れるアニメーションと、 続きを読む
0
テリー・ライス @terry_rice88

はい。記念すべきアニメ感想100回目は昨年2010年公開の劇場アニメ作品「REDLINE」。アニマトリックスなどで一部で有名だった小池健監督初作品でもあります。公開時に感想をきちんとつぶやいてなかったので、今回BDの発売を記念しての感想となりました。

2011-08-13 01:24:23
テリー・ライス @terry_rice88

さて、REDLINE。製作はマッドハウス。監督は初監督の小池健監督。原作はプロダクションIGなどで活躍するプロデューサーの石井克人さん、そして脚本がその石井さん、攻殻機動隊-STAND ALONE COMPLEXの櫻井圭記さん、エヴァやフリクリ、スタドラの榎戸洋司さんという布陣。

2011-08-13 01:29:55
テリー・ライス @terry_rice88

さらにwikipediaにも載っていませんが、作品全体の構成を榎戸さんが手がけています。これは最初劇場で見た時、驚きとともに納得&歓喜しましたねえ。まさか構成までしてるとは思っていなかったので(前情報で脚本やるのは知ってました)。

2011-08-13 01:33:03
テリー・ライス @terry_rice88

お話は極めてシンプルです。5年に一度開催される全宇宙最大規模の超危険なカーレース、REDLINEの模様を活写した、いわゆるレースモノ。そこにまつわるドラマと言った印象。キャストは主役のJPをキムタク、ヒロインのソノシーを蒼井優我演じています。メインもサブも割と違和感なく聞けます。

2011-08-13 01:37:22

誤字訂正 我→が

テリー・ライス @terry_rice88

そして自殺してしまった声優、郷里大輔さんの遺作でもあり、現在病気療養中の青野武さんの最新の仕事(のはず)でもありますね。そういった点でもなかなか感慨深い作品でもあります。

2011-08-13 01:39:02
テリー・ライス @terry_rice88

さて、本編は三つのストーリーに分かれていると思います。一つはREDLINEレースの様子、二つ目はJPとソノシーのラブロマンス、三つ目はJPの相棒であり彼を使って八百長レースを仕組むフリスビーの話。

2011-08-13 01:41:50
テリー・ライス @terry_rice88

作品自体が「壮大な物語のクライマックス100分間」というコンセプトの基に作られている作品ですので、結構、話と設定に穴があったり、脳内補完すべき箇所が散見されたりしてますが、そこを手書きにこだわった作画とケレン味溢れるストーリーで乗り切った映画とも言えます。

2011-08-13 01:45:39
テリー・ライス @terry_rice88

それぞれの話のラインを見ている限りだと、REDLINEのレースと骨子を石井さん、フリスビー界隈&他のレーサー、ロボワールドなどのストーリーを櫻井さん、JPとソノシー界隈の話を榎戸さんが作り、全体を榎戸さんがまとめたんじゃないかなあという想像をしています。

2011-08-13 01:48:01
テリー・ライス @terry_rice88

メインストーリーはJPとソノシーのストーリーです。草レーサーだったJPと親がジャンク屋&レーサーで必然的にレーサーの夢を持ったソノシー。REDLINE参戦が決まった後で、二人は出会ったけど実はもっと以前に…というストーリーライン。

2011-08-13 01:51:27
テリー・ライス @terry_rice88

一方、フリスビー(声は浅野忠信)の話にもJPはもちろん関わっていて、JPの相棒であり、彼の愛車トランザムのメカニックでもあるフリスビーはJPをレースを勝たせるために高価なパーツを手に入れる手段として八百長レースに手を染めていく。という硬派なストーリー。

2011-08-13 01:54:44
テリー・ライス @terry_rice88

さらにはREDLINE開催地は軍事惑星ロボワールドと決まったからさあ大変ということでロボワールド軍とレーサーの攻防が大小さまざまあり、ゴールを目指すというストーリーでした。

2011-08-13 01:56:05
テリー・ライス @terry_rice88

全体としてはJPの最初の台詞で「ケレン味たっぷりにやってるんだ!」というのを地で行くストーリーで車の大爆走する超スピードに乗って進行する話なので深く考えずに見ることも可能な作品ですねえ。超危険なレースを体感するという点では一級品じゃないでしょうか。

2011-08-13 01:58:49
テリー・ライス @terry_rice88

細かく見ていくと、フリスビー側は贖罪のストーリーなのですね。フリスビーはただJPをレースで勝たせたいがために、自らの手を犯罪に染めていき、もう引き戻せない所まで来てしまっていたが、やっぱりJPの勝つ所を見たかったという。

2011-08-13 02:00:45
テリー・ライス @terry_rice88

JPはそのフリスビーの葛藤を知ってか知らずか、彼のチューンアップしたトランザムに乗り続けて、八百長に加担し続けていたという。彼らを表す言葉として「運命共同体」というのが出てきますがまさにそうなわけで、結局二人とも地はレース狂のマシン狂なんですよね。

2011-08-13 02:03:43
テリー・ライス @terry_rice88

彼ら二人とエンジンの調達を担当するモグラおやじとかつてはチームを組んで、レースに参加していたという描写があり、今と昔では関係が変わってしまったことが強調されていますがやはりその本質は変わっていないという。

2011-08-13 02:05:31
テリー・ライス @terry_rice88

この八百長サイドにはイヌキ組というヤクザが当然のごとく加担していて、フリスビーの足枷になっていたわけですが、どうも組長のイヌキがJPとフリスビーの運命を分けた張本人という裏設定がどうもあるように思いました。キーワードは黄金。JPには過去の憧憬として、フリスビーには取引相手として。

2011-08-13 02:09:24
テリー・ライス @terry_rice88

JPはただ単に車に乗って美女にちやほやされる金持ちに憧れを抱き、巨万の富を手に入れる事を夢見て、レースを始めたきっかけになったようですが、フリスビーはそのJPの夢を支えるために、悪魔と取引をしてしまったという流れかなあと。※JPのエピソードはメインエピソードにも繋がっていきます

2011-08-13 02:11:36
テリー・ライス @terry_rice88

しかしフリスビーの性根は腐りきっていなくて、REDLINEに参戦できたJPの活姿を見たくなったという本音が出て、イヌキ組に反抗したというわけかなあと。当然黙っているわけでもなく、窮地に陥ってしまうけど、そこへやってきたのがかつての仲間であるモグラおやじだったという話。

2011-08-13 02:13:47

誤字訂正 活→勝つ

テリー・ライス @terry_rice88

そしてフリスビーは自分の侵した罪にむせびながらもJPの戦う姿を見守る事が出来たって言う渋いエピソード。これが本編の裏に流れているエピソードであるわけですが、メインエピソードはレースを軸にしたラブストーリーです。

2011-08-13 02:16:05

誤字訂正 侵した→犯した

テリー・ライス @terry_rice88

「すごく優しい男」の異名をとるJP、彼がREDLINEを目指すきっかけになったのが少年の頃に出会ったソノシーだったというストーリー。ソノシーは覚えていないけど、それでも彼女とレースに参戦する日を夢見ていたという。元々金儲けのために、始めたレースだったわけだが始めて彼に目的が出来た

2011-08-13 02:19:05

誤字訂正 始めて彼に→初めて彼に

テリー・ライス @terry_rice88

それがソノシー。REDLINEがスタートする前段階のあれこれで、JPがソノシーに言い寄ったり、淡いランデブーがあったりするのはそういう過去に起因するものだったんじゃないのかなあと思うわけです。結構純情なラブストーリーが展開されていたりします。

2011-08-13 02:23:15
残りを読む(19)

コメント

griaule @Griaule 2011年9月17日
蒼井優はREDLINEの前に鉄コン筋クリートでも声優をつとめていました。ソノシーは、こういうちょい小悪魔系の演技もできるのかと驚きましたね。
0