アプリで作成
2021年8月16日

西洋画は浮世絵みたく雨を線で描かないので、どう描くのか調べた結果、様々なアーティストに様々な特徴があった

586
cha_bo @cha_bo39

趣味は多摩川の河川敷を散歩することです 😬

cha_bo @cha_bo39

そういや西洋画では雨を線で描かないんだってね。 じゃあどうやって表現してたんだろうって思って、 pic.twitter.com/l23sYjmbRG

2021-08-15 21:30:18
拡大
cha_bo @cha_bo39

風景画の代表的な画家って事でコローを見ると 風は猛烈に吹いてますね。湿気を含んだ空気も感じられる。 けど、降り出す前かな。 pic.twitter.com/K38hhLHTps

2021-08-15 21:33:13
拡大
拡大
拡大
拡大
cha_bo @cha_bo39

ターナーを見ると もう湿気というか蒸気。霧。 もやもやしてる。 銅版画を見ると波が荒れ狂って嵐だな。 pic.twitter.com/kNf8MeEUd1

2021-08-15 21:36:05
拡大
拡大
拡大
拡大
cha_bo @cha_bo39

ウィリアム・ブレイクは風をこう表現しているから、雨も同様に描いていてもおかしくなさそうなもんだけど pic.twitter.com/eO6kIwLOFm

2021-08-15 21:46:11
拡大
cha_bo @cha_bo39

トマス・ペナントの大洪水、1781 これは雨の表現? pic.twitter.com/jesuVXS5oW

2021-08-15 21:53:35
拡大
cha_bo @cha_bo39

こちらの大洪水は雨が線ですね。 Antonio Tempesta、1606 pic.twitter.com/Hb89vR7RcD

2021-08-15 22:01:34
拡大
cha_bo @cha_bo39

浮世絵では雨が線で描かれるのが普通だけど、そこに頼らない表現を試みたのが、 pic.twitter.com/e4L9rE4a3Z

2021-08-15 22:07:57
拡大
拡大
cha_bo @cha_bo39

歌川国芳『雨の御茶ノ水』 歌川国貞『霧中ノ山水』 国貞の方は雨でなくて霧だけど。 空気遠近法で重い湿気を孕んだ空気を表現。 pic.twitter.com/bcPQzwO5tm

2021-08-15 22:13:26
拡大
拡大
cha_bo @cha_bo39

大気中の水分をどう表現しようとしたかの工夫に目を留めるのも面白いよね。 線の雨が浮世絵由来なのかまだ確証は持てないけど、普通に線で描かれるようになった。 pic.twitter.com/RATTNi0Wq2

2021-08-15 22:24:25
拡大
cha_bo @cha_bo39

Sin Cityでは雨はハイライトで描かれ、雨の角度が反転する事でスムーズに視点の切り替えが行われる。 こういうとこ、上手いよなぁ。 pic.twitter.com/OkpQ29Rohj

2021-08-15 22:25:25
拡大
cha_bo @cha_bo39

浮世絵の表現を通過した後の雨の絵(ゴッホ) pic.twitter.com/xc9P0BmFoR

2021-08-15 23:59:55
拡大
cha_bo @cha_bo39

印象主義前のカイユボット1877 pic.twitter.com/wKodYQwzJa

2021-08-16 00:04:33
拡大
cha_bo @cha_bo39

上から下に線が走るだけで雨っぽくはなるけど、光の拡散される感じとか遠くがボヤけた被写界深度が浅い感じとかまで描けてると、よりリアルな雨の雰囲気が出るね pic.twitter.com/rviP0hMYAq

2021-08-16 00:34:41
拡大
cha_bo @cha_bo39

漫画で一番印象的な雨は、つげ義春の『初茸狩り』かな pic.twitter.com/4vu3HXXNDq

2021-08-16 00:46:14
拡大
cha_bo @cha_bo39

あと『海辺の叙景』の雨の海 pic.twitter.com/6B2uBd4ODs

2021-08-16 00:51:03
拡大
cha_bo @cha_bo39

浮世絵や銅版画から漫画の雨が線なのは、基本的に線の集積で描かれるからなんだろう。 トーナリズムの絵画は空気感で表していて水墨画の表現方に近い。 Maurice Sapiro 長谷川等伯 しかし表現上は不自由な筈の線の絵の方が、雨に関しては実感が伝わってくるのが不思議だ。 pic.twitter.com/Y7CeygyeyY

2021-08-16 01:06:37
拡大
拡大
cha_bo @cha_bo39

雨が線になるって写真でいうと、シャッタースピードが遅いって事なんだよね。シャッターを開けると宙に舞う水の粒になって、その代わりに遠景はよりボケる。

2021-08-16 01:14:36
残りを読む(41)

コメント

しるこカップ @ma2caley 2021年8月16日
まとめのフランツ・マルクの絵が、遠目だとサンライズロボのポスターに見える。
17
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月16日
浮世絵の雨の線は微妙に角度変えた線を重ねることで立体感を出してるとかなんとか の前にこの細い線全部削り出して作ってるんだから恐れ入る
88
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月16日
んで肉眼は大体シャッタースピード30〜60分の1秒程度らしく流水は基本ブレて見えている 突き詰めてる人のツイートまとめはやっぱ面白いね
53
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2021年8月16日
西洋画特に宗教画は逆に光を線で描写する事が多い気がする。
18
tobo1103 @tobo1103 2021年8月16日
ojisan_think_so 彫る技術が高いのはもちろんですが、版木の質もよかったのでしょうかね。ヴァイオリンのストラディバリウスが名器である一因は、小氷期に育った目の詰まった木材を用いているから…という説があるんですが、浮世絵とストラディバリの時代は被ってるので、木材の質が同じようによかったのかなー…という妄想ですが。
34
ろんどん @lawtomol 2021年8月16日
今まで考えたこともなかった。目から鱗です
4
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2021年8月16日
ojisan_think_so 更に言えば、それが大衆向けの量産品だから恐れ入る。(そのための版画。)
30
いけだ @nantekoTTai_777 2021年8月16日
ojisan_think_so https://otakinen-museum.note.jp/n/nf20aa9c07139 広重の雨についてはこちらの太田記念美術館様の公式noteで言及されてますね
7
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2021年8月16日
tobo1103 ええええすごい。面白いので誰か版木についても調べてくれないものか…
3
フラスケ @birugorudi 2021年8月16日
ojisan_think_so てことはゲームとか60fps以上にしても意味ないのか
4
ねるにあ†Ridill @nelnia 2021年8月16日
太陽の色を何色にするかみたいな、なかなか興味深い視点で面白かった
2
Daregada @daichi14657 2021年8月16日
ma2caley 「知ってるぞ。『青騎士』(ブラウエ・ライター)ってやつだ。俺は詳し(略)」 「青くないじゃん」
0
kathryn @KathrynJpn 2021年8月16日
海外のテレビ(ヨーロッパだったと思う)で天気予報を見たら、CGで雨を表現するのに線ではなく、水面への波紋(同心円状の)で表現されていたのを見て文化の違いを感じたことがある。
7
南風 @nan_poo 2021年8月16日
日本でも肉筆画において雨を線描で表現したものがほとんどないので、筆で雨を表現するときは、滲みやぼかし、大気や風の描写で間接的に描写する方が断然効果的なのだと思います(川合玉堂の『彩雨』とか見てほしい)。逆に木版画は空気感の表現が苦手だから線描を使わざるを得ないんです。漫画もそう。これは媒体の違い。
11
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月16日
tobo1103 上述の通り大衆芸術なのでストラディバリウスまではこだわれなかったと思うよ たしか最高級の版木は山桜だったと思うけど、今は版木として使えるほど太いモノは超希少らしいので山桜を貼り付けた合板が主流みたい どっちかというと刀にこだわってるっぽい 多分数百種類とか持ってる
1
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月16日
nantekoTTai_777 おじさんの情報源は「日本に行きたい人応援団」なのだ そのものズバリ一枚目のあの浮世絵を彫りも刷りも映像で見られるという大変結構な数十分間だったよ https://www.tv-tokyo.co.jp/nipponikitaihito/smp/backnumber/?trgt=170518
6
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年8月16日
birugorudi シャッタースピード=静止画での認識になるので動画ではまた違うかも
1
ガレット食べたい @raRTVgfsviGMxW2 2021年8月16日
国や描きたいものや媒体の違いで色んな表現方法が発達してて絵で見る世界は面白いな。個人的にはハイライトの線で雨を表現するのが好み。
1
aioi_au @aioi_au 2021年8月16日
ゴッホとか印象派が線っぽいのは浮世絵の影響があるんじゃないかな。
1
赤べこ @akabeko7654 2021年8月16日
浮世絵はグラデーションはともかく滲んだ境界線を描くのが苦手だから漫画的なデフォルメ表現の方が相性がいいんだろうな
6
nekosencho @Neko_Sencho 2021年8月16日
雨は線で降らないって子供の絵を否定してるのって、紋切り型の表現を何も考えずに使うなってことなんじゃないかねえ。 たのしいおえかきのじかんならともかく、絵を教えるって場合なら普通に言うことだと思う。
2
minori19780 @minori19780 2021年8月16日
雨の表現ならギリシャ神話の「ダナエー」の絵画を見ても面白いかも あれは自然の雨じゃなくてゼウスがダナエ目当てでベッドに侵入するために金の雨に化けた姿だけど…
3
SR @SR94538204 2021年8月16日
形のない流体や気体を形ある絵として表現するのはやはり浮世絵に顕著に見られた特徴で、この誇張・拡張的な超現実表現から日本のアニメ漫画表現の世界的な発展速度に繋がったんだ、ってことが見てとれる 西洋は絵が写実主義中心で誇張表現や抽象画は異端だったから写真や映画の方に行ったんだ(カートゥーンは新聞の風刺画がルーツ)
0
じ〜げん〜 @jigen357mgnm 2021年8月16日
実際に空から落ちてくる雨粒は、線でも涙型でもなく、まんじゅう型。これ豆なw
0
へのん@dポイントよく期限切れで失効する @dettenten 2021年8月16日
最初からこの表現だったのって、西洋人に比べて日本人動体視力が良かったとか? 北斎の波も実際に波ってああ見えるみたいだし。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2021年8月16日
dettenten 雨に関しては動体視力じゃなくて表現の流儀の問題じゃないかな。 どちらかというと西洋の絵画は面でとらえるから、線で描くってのは別の思考が必要だと思う。
1
エムアイ @em_ai 2021年8月16日
minori19780 「ダナエ」は様々な画家が描いているので雨水の表現の違いを見比べるのに適した作品だと思います。個人的に記憶に残るのはクリムト作ですな〜黄金の水玉のような雨水が女性の股に降り注ぐ…という大胆なもので
3
エムアイ @em_ai 2021年8月16日
ターナーは嵐の中の船のマストに自分の体をくくりつけたり雨の日の機関車に乗って窓から顔を突っ込んだりして体験したことを表現するタイプの画家なので雨を表現の仕方がとてもリアルだと思います。それでも当時は「モップで描いたのか?」と散々な評判だった様で…
2
武装難民 @oratnuhss 2021年8月16日
まとめに入ってないけどリプにぶら下がってた藤本タツキのルックバックの見開きの雨のシーンは俺も最近見た中では一番印象に残ってた。
1
けやき あきひと(としあき @zelkovatreefolk 2021年8月16日
小雨、霧雨、本降り、土砂降り。絵の作者が住んでた場所や時代、雨天という気候に受けた印象も絡むのかな?
1
アサナミ✨🦁🐆🐺✨ @nagi_asanami 2021年8月16日
西洋画は印象派の前くらいまで描画法の縛りがすごくキツかった筈なのでそのへんの美術史と雨の表現方法を紐付けて時代別に見てみたら面白そうだなと思った。 日本画はそのへんどうなんだろう?
1
アサナミ✨🦁🐆🐺✨ @nagi_asanami 2021年8月16日
浮世絵だと、渡来文化→国風文化→鎌倉室町あたりの水墨画と禅画の影響とかがあったのかな?
0
草冠に西 @cuervo9 2021年8月17日
シュルツ(ピーナツ)の位置付けがどうなるのかも知りたい
0
乾也春海 @kanbaru 2021年8月17日
birugorudi ゲームなどで高fpsにするのは人の目が光(画)を切り出す間隔と画面が表示する間隔を同期できないためです。人の目は約15コマで世界を見ていて足りない部分は脳が補正します。実写は補正が効きやすく3DCGは効きにくいので、人の約15コマに数打って当てはめさせようと言うのが高fpsです。
4
いけだ @nantekoTTai_777 2021年8月17日
ojisan_think_so こういう技術って現代も生きているんですね……!ぜひ受け継がれていってほしいものです
0
やまだまさゆき🔮占い師/講師 @tarotnavi 2021年8月19日
美術を「雨」という視点・描写の相違を起点として論考するのは極めて興味深いよね。「絵画」とは何であるのか、それは時代や地域によってどのように受容・需要されてきたのか。求めていたのは誰なのか。印刷技術・信仰、あるいは大衆文化など視点は幾らでも置くことが出来る。
0
太田 康宣 @mr_uckee 2021年8月21日
そもそも、西欧は北海道のように、雨の降り方が弱いから、線で描く必要が無かっただけなんじゃ?
0
飛鳥明日香💉💉 @Asuka__M 2021年8月21日
確か「大はしあたけの夕立」を入手して「そうか!雨の表現ってこれでええんや!もっと見たまんま感じたまんまに描いたってもええんや!」と開眼して、いわゆる糸杉シリーズが始まったって伝記で読んだ気がするんですが、どうでしょうか>えらいひと
0