アプリで作成
6日前

大企業に勤めつつ成り上りを目論むハードボイルドの名作『蘇える金狼』刊行時1964年の労働環境的に17時に残業なし退社後に横須賀に移動して4人射殺して証拠隠滅して翌日普通に出社したりプライベート時間の充実ぶりが凄い

ハードボイルドはいいぞ
84
ジェット・リョー @ikazombie

映画、生物学、フジロック、ゾンビ。

ジェット・リョー @ikazombie

主人公が大企業に勤めつつ成り上りを目論むハードボイルドの名作『蘇える金狼』(大藪春彦)を読み始めましたが、刊行時1964年の労働環境的に毎日17時に残業なしで帰宅するので、退社後に都内から横須賀に移動してヤクザ4人射殺して証拠隠滅して翌日普通に出社したりプライベート時間の充実ぶりが凄い

2021-11-24 14:55:07
ジェット・リョー @ikazombie

大藪作品をいくつか読んでるところで、今のところ『野獣死すべし』(無印版)が一番ソリッドでおもしろい。

2021-11-24 16:08:53

感想

Yutaka Hanaoka @yutamac

@ikazombie @TomoMachi 大藪先生は一番好きな作家です。ほとんどの作品を読みました。ボクの事は伊達邦彦と呼んで下さい。

2021-11-24 16:26:47
しゅがごん @sugargone

@ikazombie その対面的なのが「戦士の挽歌」の石川克也。 製薬会社の敏腕プロパーとして、深夜までのピンク接待、休日接待、女も男も満足させつつ、ピンハネ、満足な休日を楽しみ、最後には大炎上。 まさに80年代“24時間戦えますか?”の鑑です。

2021-11-24 20:14:23
kumamasa @mkumagi

@ikazombie ただ当時は土曜日は午前中出社でしたね。「半ドン」って言ってました。死語です。屋上のある会社だと昼休みにバレーボールやったり、合唱やったりと。大企業はみんな正社員で、アルバイトといえば夜間大学に通う「学生さん」でしたね。正月明けは、女子社員は晴れ着で出勤。嘘みたいな時代。

2021-11-24 21:04:36
kumamasa @mkumagi

@ikazombie 1964年、色んな事がありましたね。 ja.wikipedia.org/wiki/1964

2021-11-24 21:12:08
Leon @leon19835

@ikazombie 最終的には「餓狼の弾痕」をオススメしたいです

2021-11-24 22:24:25
もりわきやすし @molirinho

@ikazombie 昔、石川達三の小説で『四十八歳の抵抗』というのがあってな……今から見たら"島耕作シリーズ"以上に牧歌的なサラリーマン生活が描かれていて、こんな事やる余裕は今無いよな。うん。

2021-11-25 03:08:49
しかのつかさ @sikano_tu

高度経済成長時代ののモーレツサラリーマンは、たいてい17時には退社して18時には自宅で晩酌しながらナイター見てたからなあ。今の残業しなきゃ生活苦しい労働環境はどう考えても非人間的だよ。 twitter.com/ikazombie/stat…

2021-11-25 02:09:36

充実しすぎでは

ギャランドゥ14R @kzzr1400

そんなストーリーだったけ?映画見たくなった。 twitter.com/ikazombie/stat…

2021-11-24 21:48:59
黒野嘉宏 @StudioCrossRoad

大藪春彦、親父の影響で高校時代に色々読んだな。ハードボイルドにハマったきっかけ。 ボロニアソーセージやステーキをキロ単位で食べる主人公。 豪快な構成も味だった。 数ページ割いて銃器や車、バイクの構造や歴史の説明を延々と詳細にする一方、主要人物(主人公含む)の死ぬ場面が1行だけとか。 twitter.com/ikazombie/stat…

2021-11-25 00:08:26
鷹狩俊平 @falcon9147

プライベートな時間の充実www プライベート真っ黒で草 twitter.com/ikazombie/stat…

2021-11-24 22:43:11
めーちゃん lイ<●>Yl @KomaKare

みんな、もっと大藪春彦を読むんだ…電子版でも出てるんだ… 戦士の挽歌やヘッドハンターは地味ながらもクライマックスに向けて登り詰めるし、基本的にカタルシスがやって来るのでオススメだ… twitter.com/ikazombie/stat…

2021-11-24 21:19:03

コメント

田中 @suckminesuck 6日前
モーレツサラリーマンて始発出社終電帰宅、週の半分は泊まり込みみたいな感じだとばかり
2
ピグモン @gdtiomnbvf 6日前
『24時間戦えますか』は、もっと後のバブル経済の時代になるのかな?
3
トザン @miyakozan 6日前
吉良吉影の殺人鬼ライフもノー残業に支えられてるのだw
7
名無詩 @Ricoh774 6日前
何で倫理観は高くなってるはずなのに労働環境は昔よりも逆行してんだろうな…… いや、良くなってる部分もあるんだけど
6
k1698 @k1698k 6日前
銀狼怪奇ファイルとごっちゃになった思い出
3
ハンミョウ獣人 @OrmFkkQMQISzCIz 6日前
そんな大薮春彦も晩年は同じ本の中でコピペのように「チームが金持ちを襲撃、次の標的を聞き出して冊害」の繰り返しをやったりして、やっぱり仕事なんてそんな繰り返しなんだなって……。
2
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 6日前
gdtiomnbvf そのキャッチコピーも「仕事も遊びもどちらも全力でやり尽くす」って意味なんですけどね。
9
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 6日前
本当は今よりも格差は大きいんだけれども、すべての層で基本的に右肩上がりだったので不満が顕在化しにくかったという。あとは思い出補正も大きいだろう。今夏のオリンピックでも64年のオリンピックと比較して「歓迎されざるオリンピック」という言説も多かった。
8
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 6日前
しかし64年オリンピックでも「オリンピックに金をかける余裕があるなら貧困対策をしろ!(当時はスラムとしかいいようがない町が日本中にあった)」と非難轟々だったわけで。
4
山吹色のかすてーら @sir_manmos 5日前
gdtiomnbvf そうです。バブル期後半です。しかし、あの歌の2番に「有給休暇に希望を乗せて」とあり、働いた分給料ももらえ、有給休暇でたっぷり遊ぶという、今よりももっと良い労働環境があるのです。
0
やし○ @kkr8612 5日前
電子版の小説と言えば最近kindleが乱心して吉川英治の「三国志」「新・水滸伝」「新・平家物語」「宮本武蔵」「鳴門秘帖」等々の全巻合冊版を99円均一で売るという暴挙に及んでたせいで読書の時間がなんぼあっても足りない
0
alan smithee @alansmithy2010 5日前
kitaji_masaburo 奥田民生のコンサートツアーの名前だったっけ
0
五分間大薬房 @tigeruori0720 5日前
野獣死すべし リア充死すべし
0
金目の煮付 @kinmenitsuke 5日前
Josui_Do 「5時からオトコ」の時代ですもんね。定時後に朝まで遊ぶ気満々。
0
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 5日前
蘇る金狼といえば圧倒的に松田優作版なのだが、あぶない刑事の監督と最近知った。(最初の方で殺されるチンピラ役も)
0
風一人 @Giugno_bianco 5日前
香取慎吾主演で蘇る金狼のドラマやってたの知ってる人どんだけいるかいな?
0
草冠に西 @cuervo9 5日前
「24時間戦えますか」は「5時からは遊びに全力投球」の意味だが、一方同時期の「気まぐれコンセプト」には「24時間会社にいれば16時間分残業代がつく」と言って会社で布団敷いて5時から翌9時まで寝るネタがある
0
フローライト @FluoRiteTW 5日前
かたや池井戸になると、終電まで残業や会社泊まり込みはザラ。その上で地位は安定せず事ある毎に問責されたり左遷食らったりするのだ
0
フローライト @FluoRiteTW 5日前
cuervo9 残業代満額支給に何の疑いもない事がわかる
0