2022年4月27日

アメリカを直す3つの方法

#WalkAway 第百十七弾。そのまま「日本を直す3つの方法」として適用出来る程我が国の病根への処方箋として相応しい😄 実際最高の国かどうかは別の次元として、これだけの気概があり、クニを誇るのが「罪悪」にならない事はシンプルに羨ましい😀
6
tarafuku10 @tarafuku10

動画『アメリカを直す3つの方法』を訳してみた。あなたはこの素晴らしいアメリカという国を見捨てるのか? それとも、繁栄する未来にむけて自由のために戦うのか? 『Don’t Burn This Country』の著者、デイヴ・ルービンが、アメリカを取り戻すための処方箋について解説します。 youtube.com/watch?v=XyeBwF… pic.twitter.com/x4tKwSJd1g

2022-04-22 22:36:48
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

何かがおかしい。気づいていない人はいない。世界史上、最も素晴らしい国を見捨ててしまうのか? それとも、繁栄する未来にむけて自由のために戦うのか?「人生に一度訪れるかどうかの転換点」という言葉をこれまで何度聞いたことか。だが、今回ばかりは本気の言葉である。 pic.twitter.com/fiKVh4pPsh

2022-04-22 22:37:48
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

あなたはわかっている。私もわかっている。あなたがわかっていることを私は知っている。私がわかっていることをあなたは知っている。わかっていない人などいないことを彼らも知っている。では、私たちはどうすればいいのか? 私の考えを話そう。 pic.twitter.com/Aj563BMPBU

2022-04-22 22:37:49
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

第一に、個人主義者になることだ。アメリカ・ヘリテッジ英語辞典によれば、個人主義者とは「思考と行動の主体性によって個人性を主張する人」のことである。自己中心的に聞こえるかもしれない。そのとおり。だが、これの何が悪いのか。 pic.twitter.com/QD0qGIEEiJ

2022-04-22 22:37:50
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

あなたの人生の全てはあなたに始まる。自分の態度、自分を周りにどう見せるか、自分の行動に責任を持つかどうか、など。米国の建国者は、個人の自由を守ることを第一の目的とする政府を作ろうとした。その先は個人にまかせよう。それが、ワシントン、フランクリン、ジェファソンが目指したものだった。 pic.twitter.com/WDCa8IEzgW

2022-04-22 22:37:51
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

これを誰よりも理解していたのは、19世紀のフランス人著述家、アレクシ・ド・トクヴィルである。アメリカにやってきた彼は、この大きなうねりを目撃し、圧倒された。 pic.twitter.com/MhqRxmvMvr

2022-04-22 22:37:51
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

彼はこの新しいアメリカの民主主義を「諸条件の平等」と呼んだ。それは、単に新しい統治の方法というだけではなかった。新しい生き方でもあったのだ。ド・トクヴィルの目に映ったアメリカの個人主義は、自己中心的であることではなく、自立的であることだった。 pic.twitter.com/XuYfmzwvAt

2022-04-22 22:39:50
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

政府はあなたの幸福を保証することはできない。しかし、幸福を追求する権利は保証されなければならない。それこそが、国として進歩し、かつ正統的にインクルーシブでありうる唯一の方法だ。なぜなら、真の自由が存在するところには個人主義があり、個人主義が存在するところには真の自由があるからだ。 pic.twitter.com/eSxzvMIGVd

2022-04-22 22:39:51
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

しかし、個人主義者であることは最初の一歩にすぎない。あなたは家族である必要もある。 社会の強度を測る尺度はいくつもある。だが、最も重要な尺度は家族である。 pic.twitter.com/AblDhjGgQp

2022-04-22 22:39:52
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

2019年、私は司会者としてジョーダン・ピーターソンの世界講演ツアーに同行した。そのツアーの最中に起きた、ある夜の出来事が強く心に残っている。アイルランドのダブリンでの講演を終え、ピーターソンと私は劇場を去ろうとしていた。そのとき、2人の男性が私たちのほうに駆け寄ってきた。 pic.twitter.com/1BgnP3yC6o

2022-04-22 22:39:53
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

彼らは涙を拭きながらストーリーを語ってくれた。2人は親子だった。数年前に大喧嘩をした。彼らは別々にピーターソンの『生き抜くための12のルール』を購入し、自分の人生を見つめなおし、別々に講演を聞きにきた。 pic.twitter.com/LbMs5TwoOc

2022-04-22 22:39:53
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

劇場から帰途に就く何千人もの中から2人はお互いを見つけた。その瞬間、長い時間といくつもの苦悩を乗り越えた2人は、抱き合い、関係を修復し、家族の絆を取り戻した。 pic.twitter.com/NxbwTdvyhz

2022-04-22 22:39:54
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

家族はどれくらい重要なのか? 2019年、アメリカン・エンタープライズ研究所はある調査を行った。回答者にアメリカン・ドリームの特徴をランク付けしたもらったのだ。その結果、「良好な家族生活」は「選択の自由」に次いで第二位にランクされた。 pic.twitter.com/SxeTmxPoD2

2022-04-22 22:39:55
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

驚くにはあたらない。私たちは家族間で育まれる絆の中で世界との係わり方を学ぶのだ。落ち着いて頭の中を整理し、家族と良い関係を作ることができてはじめて、意味のある社会改革の次のステップに進むことができる。 pic.twitter.com/iorODpKrL9

2022-04-22 22:40:52
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

第三に、コミュニティであること。コミュニティにはさまざまな種類がある。教会やシナゴーグがある。隣人とのつながりがある。一緒にブランチを食べたり、バスケットボールをプレイしたりする友人とのつながりがある。あなたのことを知り、気にかけてくれる人々。そしてあなたが気にかけている人々だ。 pic.twitter.com/EIbcyvWiTZ

2022-04-22 22:40:52
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

これ以上に重要なことは、息をするのを忘れないことぐらいではないのか。名作映画の『素晴らしき哉、人生!』の最後で、主人公のジョージ・ベイリーに弟が祝杯をあげる。「この街で最も豊かな男に乾杯」と。私たちはこれが何を意味するのかを知っている。それはジョージのコミュニティだ。 pic.twitter.com/ozeh5N2cjb

2022-04-22 22:40:53
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

おわかりいただけただろうか? 個人が健全であればあるほど、家族も健全である。そして、社会も同じである。わかりきったことだ。誰もが知っている。だからこそ、左派はこれらすべてに反対するのだ。左派は自由に思考する個人を軽蔑する。家族をばかにする。コミュニティの意味を理解しない。 pic.twitter.com/WFJxrZ3rdz

2022-04-22 22:40:54
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

左派にとっては、肌の色や性的指向など、あなたが属するアイデンティティ集団によって、あなたが誰であり、あなたが何を考えているかが決まる。このアイデンティティを拒否すればどうなるか? あなたが黒人で保守派なら、ある年配の紳士(注: バイデン大統領)が言うように「あなたは黒人ではない」のだ。 pic.twitter.com/ASWiUCNWpC

2022-04-22 22:40:55
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

現在は消去されているが、ブラック・ライヴズ・マターはその公式ウェブサイトで、両親と子供からなる「核家族」を解体すると宣言していた。 pic.twitter.com/p5HkykpWrK

2022-04-22 22:42:40
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

また、左派にとってコミュニティは独立性が強すぎ、伝統的でありすぎるのだ。左派はあなたに集合体の一部であることを要求する。その集合体とは、全員が同じ思考を持つ集合精神である。この集団の外にいる者はすべて、やじり倒され、嫌がらせされ、キャンセルされる。 pic.twitter.com/w7rp5F3j3g

2022-04-22 22:42:40
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

これがあなたの属したいと思う世界だろうか? その代わりに、こうしてはどうだろう。個人主義者になること。家族の一員になること。コミュニティに参加すること。ここから私が何を連想しているのか、あなたにもわかるだろう。 アメリカである。 pic.twitter.com/Et4nQOPDzi

2022-04-22 22:42:41
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

『Don’t Burn This Country (この国を燃やすな)』の著者、デイヴ・ルービンでした。(了) 英文スクリプト: ↓ prageru.com/video/three-wa…

2022-04-22 22:43:03
おすすめオリジナル動画