エコサイドってご存知ですか?《2013年更新版》

世界連邦運動WFMのワシントンでの理事会で、「エコサイド」という新しい言葉を知りました。環境系NGOにとってみれば、当たり前なのかもしれませんが、興味深いのはこの話が国際刑事裁判所ICCのパネルで出されたこと。この概念が国際犯罪として認定されたら、世界は、日本はどうなるか。国家の責任とは何なのか。どうあるべきなのか。倫理的側面からも、少し考察してみました。 (続編)【TL想定プレゼン】「エコサイド(環境破壊犯罪):失われた5番目の平和に対する犯罪」 http://togetter.com/li/479240
原発 震災 平和に対する罪 原発事故 国際環境裁判所 生態系 予防する責任 人道に対する罪 保護する責任 脱原発 環境破壊 倫理責任
3
Is Ecocide a Crime?(エコサイドは犯罪なのか?)

http://ecocentric.blogs.time.com/2011/10/24/is-ecocide-a-crime/

💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
今回の会議で、一つ新しい言葉を学びました。「 ジェノサイド」という言葉は、もう多くの人がご存知ですよね。日本語でいうと大量虐殺。法定用語では「大量殺害」といいます。では、「エコサイド」って、知ってますか?
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
「エコサイド」とは、「環境体系全体に対する大量破壊」を意味するそうです。この会議で初めて知った言葉ですが、実は英タイム誌のエコ系ブログですでに『エコサイドは犯罪なのか』という記事が書かれていたりします。http://t.co/XUzniF3k
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
ジェノサイドが「人の大量殺害行為」なら、エコサイドは「環境の大量破壊行為」というわけです。面白いのは、ここでいう「環境」というのはエコシステムすなわち生態系を意味し、生態系には当然人間も含まれるということです。これを、福島を含めた日本の状況に当てはめると、どうでしょうか。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
英タイム誌のブログ記事は、メキシコ湾の大規模自然破壊を引き起こした責任を英BPのCEOが法廷で問われることになるかもしれないと、環境破壊行為が「エコサイド」という、ジェノサイドや人道に対する罪として並ぶ概念として認知されつつあるとしています。
国際環境裁判所ICE発足の可能性
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
現在、世界連邦運動の中では、英国の環境系団体の働きかけで「環境裁判所」(ICE)を設置しようとする動きが本格化しようとしています。その中で、ICCにおける「大量殺害犯罪」と同等の位置に置かれるのが「生態系破壊犯罪」=エコサイドというわけです。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
なお、このエコサイドの概念も、国際環境裁判所の構想も、まだ概念の域を出ません。ところが、タイム誌の記事によると、英国のハミルトングループ(世界連邦運動とは関係ありません)という環境系NGOは、これの概念を真剣に捉えて、英最高裁の場所を借りて擬似裁判まで行ったというのです。

動画:模擬裁判の模様の記録(英語)

動画:模擬裁判を取り上げたアルジャジーラの番組(英語)

💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
タイム誌記事によると、国連が調査したところでは、世界にある3,000の公営企業から、環境破壊や汚染について補償を求めたら、それぞれの企業の利益は三分の一にまで減少するという試算があるそうです。ではこれを、国際刑事上の犯罪としたらどうなるか。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
エコサイドを犯罪化するに当たって、二通りの方法があると言われています。一つは環境法に関する国際法体系を作り、その中で違反行為を裁くための裁判所としてICE(国際環境裁判所)を設置すること。もう一つは、既存のICC(国際刑事裁判所)において、エコサイドを第5の犯罪とすることです。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
ICCでは、ジェノサイド、人道に対する罪、戦争犯罪、侵略犯罪の、4つの犯罪を現在取り扱っています。この5つめとして、生態系に対するジェノサイドに匹敵する行為として「エコサイド」を犯罪として規定しようというのです。ICEを設置する法体系をゼロから作り上げるより手っ取り早いですね。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
一方で、ICE設置の根拠となる法体系を作ることのメリットは、より包括的にほかの環境系犯罪についても規定できるということにあります。つまり、重大犯罪としての「エコサイド」だけでなく、類似の、でも量刑の異なる犯罪についても取り扱うことのできるのが、ICE設置の利点となります。

動画:『エコサイド・プロジェクト』キャンペーンの紹介動画(英語)

ICE設立が机上の空論で終わらない可能性
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
さて、これはすべてまだ架空の議論です。しかし、ICCが設置される前の時点も、ICCを作るための法体系は、慣習国際法によって存在はしていたものの、これを実際に罰する機構や制度なんて作れるわけがないと、机上の空論だと思われていました。そのICCが、現在は国際社会の潮流となっています。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
スーダン・ダルフールの問題においては、人類史上初めて、現役国家元首に対する逮捕状を発行し、リビアでは、安保理の全会一致の賛同を得て同様に逮捕状を発行し、国際指名手配しました。国際正義を実現するための手法として、まさに主流となったのです。1998年には考えられませんでした。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
ICCは、1998年にその設立規定が採択されたものの、その条約の発効(60カ国の批准が条件)には、さらにそれから4年を有しました。2002年に発足してから9年。ICCはいつしか国際正義を実現するためのツールとして、国際社会に確固とした地位を築き上げたのです。では、IECは?
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
現在「机上の空論」としか思われていないIECも、同じ軌跡を辿って確立され、国際社会の新規範として成立かもしれません。では、仮にIECとそれを構成する法体系が出来上がった世界を想像してみましょう。日本で起きた原発震災は、エコサイドといえるでしょうか?
国家の倫理責任としての「保護する責任」
残りを読む(68)

コメント

💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j 2013年3月29日
最新の関連情報を追加しました。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j 2013年7月25日
「最近のTL上での議論」を追加しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする