七夕訴訟の勝訴判決 @todateyoshiyukiさんの連続ツイ

生活困窮している人なら、仕事がなくても住まいがなくても受けることが出来る生活保護。ホームレスの人からの申請を拒否した新宿区との法的なたたかいが終わりました。新宿区は控訴しないで下さいね!経過については以下のURLが詳しいです。 http://www.news-pj.net/npj/2008/shinjukutanabata-20080804.html http://ameblo.jp/shinjukuseihosaiban/
法律 ホームレス 七夕訴訟 新宿 生活保護 homeless
3
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。「タホウタセサク」とは「他法他施策」のこと。しかし、新宿区福祉事務所の職員は、「他法他施策」を誤った意味で使用して原告に生活保護を受けさせようとしなかった。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。2008年7月7日に提訴して以降、合計14回の裁判(口頭弁論期日)が行われ、担当ケースワーカーの証人尋問、研究者証人、支援者の証人尋問等が行われました。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。新宿区福祉事務所は、自立支援センターという集団生活をする施設への入所が生活保護に優先する「他法他施策」に当たると主張。しかし、政府答弁は、これを否定している。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。注目すべきは、「進行協議」と称して、裁判官が、緊急一時保護センター、自立支援センター、新大久保寮などの施設を実際に現地に行って見学したこと。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。明日、12時から裁判所前でG氏からセンスはともかくと酷評されたビラを配ります♪
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【本日!新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。原告は自立支援システムの利用を断ったら「稼動能力不活用」として却下された。しかし自立支援システムの利用と「稼動能力活用」は本来無関係。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。報告集会は17時から弁護士会館5階でおこないます。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【本日!新宿七夕訴訟判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。職員は「ホームレスは自立に行ってもらってる」と発言。「自立」とはプライバシーのない大部屋施設のこと。「ホームレス」であれば生活保護で他の人と劣った扱いをされてもよいのか?が本件では問われている。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【本日!新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)判決言い渡し】11月8日16時30分@東京地裁103号法廷。原告が保護申請してから却下処分をするまでの間、職員は何度も面談したが「稼動能力」のはなしは一度も出なかった。出てきた言葉は「タホウタセサク」。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)勝訴判決】全面勝訴です!!
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)全面勝訴】裁判長が主文を読み上げ「処分行政庁は…」といいはじめたときは身震いしました。あと残るは被告に控訴させないたたかいです。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)全面勝訴判決】判決をもらって、ぱっと目についた「法は不可能を強いることができない」との言葉にしびれた!当たり前だけど、東京地裁が言い切ってくれた意義はでかいと思う。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)全面勝訴判決】判決では、資本主義社会における自己責任の原則を認めながらも、「生活に困窮する全ての国民に対し必要な保護を行うことは国の責務である」という生活保護の理念を高らかに宣言し、その理念が判決の随所から滲み出ている。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
判決いわく「人が困窮する原因は単純にその人個人の責任に帰することができるものではなく、基本的には資本主義社会のもたらす必然の所産である」(新宿七夕訴訟地裁判決)
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
【新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)全面勝訴判決】この裁判は、新宿福祉から「怠け者」「わがまま」「嘘つき」の言い掛かりをつけられた原告の名誉回復をはかるための裁判でもあった。
弁護士 戸舘圭之 @todateyoshiyuki
名古屋の林訴訟で名古屋高裁は、路上生活をしていた原告が散髪をせず頭ボサボサだったことを指摘してまじめに就職活動をしていないと判断。まさに原告に「不可能を強い」て敗訴させた。本判決は、住居がない状態では通常の仕事に就くことは困難であるという当たり前のことを当たり前に認めている。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする