Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年12月1日

『テスラコイルと馬の骨』第一章 消えた総帥 第十六話

第十六話
0
お富士 @fujishiro1127

オゾノ様は言うと同時に目を閉じ、マスター秋山も、僕に向かって頭を下げた。「………わかりました。」僕は、今度こそ覚悟を決めた。「平沢進総帥の捜索依頼、謹んで受けさせていただきます。」To Be Continued…

2011-10-18 00:41:50
お富士 @fujishiro1127

「…僕が、必要ってことなんですね。」出しゃばりを承知で言う僕に、オゾノ様はゆっくりと目を向けた。「そういうことだ、小僧。要するに、今のところ、私たちも詳しいことはまるで把握していない。やはり、お前の力が必要なのだ。…平沢進を、探してくれ。頼む。」

2011-10-18 00:38:53
お富士 @fujishiro1127

僕は相変わらず黙っていたが、マスターはなおもオゾノ様に問いかけていた。「オゾノ様、大変失礼なこととは存じますが、オゾノ様がご存じのことは、これですべてなのですか?」「そうだ。もったいぶっていた割に、私も詳しいことはなにもわからんのだよ…だからこそ。」

2011-10-18 00:33:59
お富士 @fujishiro1127

「平沢総帥は、ステルスマンにさらわれたのではなく、自ら出て行ったというわけですか…?」「…それはわからん。」オゾノ様の目がまた細くなった。「あやつはああ言っていたが、もしかしたらすぐそこにステルスマンがいたのかもしれないし、また別の人物かもしれん。それは一概に高とは言えん…。」

2011-10-18 00:31:04
お富士 @fujishiro1127

「「………………。」」僕とマスター秋山は、絶句していた。「……おい。何を呆けている。おい。」「……はっ!…こほん…つまり、」先に口を開いたのは、マスターだった。

2011-10-18 00:28:21
お富士 @fujishiro1127

「テスラコイルと馬の骨」第一章 消えた総帥 第十六話

2011-10-18 00:26:30

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?