10周年のSPコンテンツ!
1
高石宏輔 @lesyeuxx
ドトールでおばさんとすれ違った。こちらのことを全く見ていない。ぶつかる。おばさんは何も言わずに去っていく。そして、また別の座っている人にぶつかる。人生がうまくいっていない人はどんどん身体性を失っていくように思う。
高石宏輔 @lesyeuxx
目の前に何があるのか、目の前の人がどういう雰囲気でいるのか、そうしたことを敏感に感じ取って、素直に反応すること。そういった身体的な感覚の欠如した人を見ると危険だなと思う。
高石宏輔 @lesyeuxx
それは単純な会話にも表れる。聞こえているはずなのに、相手の言うことを無視して過ごす。時間の流れの中に無視した言葉は消えて、そのことはなかったかのように次の時間が流れていく…はずはない。流れていくものをきちんと捉えていくこと。
高石宏輔 @lesyeuxx
今日、ナンパを人に教えさせてもらう。ナンパを教えるってなんだろうとずっと考えていた。それは身体的な感覚を鋭敏にしてもらうこと。初めての声かけで相手の反応にきちんと反応することは出来ないだろう。話すことで精一杯で、色々な見落としをするはず。
高石宏輔 @lesyeuxx
会話、表情、歩くスピードなど…相手の全ての反応に反応していく。自分の中には何一つ答えなどない。相手の反応の中に答えがある。
高石宏輔 @lesyeuxx
最初は他人の反応が全て、自分への攻撃のように感じられる。きっと、さっきのドトールのおばさんも僕のことが怖かったのだろう。でも、僕は何も、彼女に危害を加える気はない。きちんと相手の反応を見て、それに対応すればいい。それは攻撃ではなく、反応でしかない。
高石宏輔 @lesyeuxx
催眠術をかけるのが下手な人を見ていても思う。かかる人は一切攻撃する気などないのに、怖がっている。怖がって、相手の反応など見ずに失礼なかけ方をするから、相手が嫌悪感を示し始める。
高石宏輔 @lesyeuxx
でも、実際にその身体的な感覚を渋谷の雑踏の中で保ち続けるのは難しい。それぞれが他者を恐れて攻撃性を帯びている中で、冷静でいられればナンパなど簡単に出来るはず。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする