女性誌の付録と毒を抜かれていく「小悪魔ageha」について

すでに雑誌がおまけで、付録が本体となっている女性誌の話。 それに対抗して付録をつけずに展開していた「小悪魔ageha」が、編集長が変わって毒を抜かれていくことについてのつぶやきまとめです。
ファッション 付録 女性誌 小悪魔ageha
92297view 25コメント
192
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
週刊金曜日で1番楽しみなのが『小悪魔ageha』元総合編集長の中條氏による連載です。今週は付録について。彼女はこの付録バブルの中、「つければ売れるんだから何でも良いから付録つきにしろ」という外圧と戦ってきた。中條氏が編集長をやめた来月号からは、アゲハに付録がつく…
ばび @barbie_girl_xox
@kaya8823 どうして彼女は編集長をお辞めになったんですか?
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
@barbie_girl_xox なんかね、詳しい理由は述べられてないんだけど、おそらく版元が変わったか上層部が変わって彼女の方針が通らなくなっちゃたのではないかと。インフォレストは小さな出版社だからね。
雑誌の付録について
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
01年に日本雑誌協会がプラスチックや金属を使った付録の流通に関する自主規制を緩和し、02年頃から一部の雑誌が特別な号だけに付録をつけ始める。08年からは宝島社『SWEET』が付録で大躍進し、今では付録のない女性誌の方が珍しくなったよね。その中でagehaは頑なに付録を拒んでいた
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
中條氏は付録バブルになってからというもの「なんで付録つけないんですかー」と編集者以外の人からも言われるようになったと書いている。うちの周りでも「まず付録を見て買うか決める」女性は多い。付録のおまけが雑誌って感じ。この3年で雑誌の買い方・選び方はガラリと変わったなと思う
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
小悪魔ageha元総合編集長の中條さんはとある女性編集者に「付録はシャブよ。一度入れたら抜けられなくなる」と言われたことがあるという。抜けられなくて苦しむ編集者が沢山いるらしい。一般的に、付録が重くなればなるほど雑誌の中身は軽くなるだろうね。SWE◯Tが良い例
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
女性誌が付録をつけるようになってから、特に若年層向けの雑誌では赤文字系と青文字系の区別が緩くなってきたように思う。原因は、部数を伸ばす宝島社が赤文字系ブランドに声をかけている(または赤文字系ブランドから宝島社に、部数を見込んだタイアップの引き合いがある)からだと思うけど
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
宝島社のSWE◯Tが公称100万部を超えたとき、中身を見てみたらタイアップが95%でびっくりしたのを覚えてる。それまで青文字系じゃなかったブランドや歯磨き粉や温泉宿まで、100万部という数字を出したSWE◯Tに皆が群がってる感じ。
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
ただ、宝島社が満を持して創刊した「40代女子」向け雑誌『GROW』は、他の付録つき雑誌とは少し違って一応中身があるように思う。雑誌をお手本にライフスタイルを組み立ててきたバブル世代は、付録だけじゃ騙せないからね
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
80年代の女子大生ファッション(ニュートラ、ハマトラ等)はJJを始めとする女性誌と共に広がったけど、今の女子大生は雑誌を読まないからね。好きな有名人のブログや街行く人々を参考にしている。雑誌を買うのは付録のため。これを米澤泉氏は「女性誌はブログとフロクに行き着いた」と評しているw
毒を抜かれていく「小悪魔ageha」
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
中條総合編集長が辞めた『小悪魔ageha』が少しずつ毒を抜かれている。X'mas着回し特集なんかが組まれて、他の赤文字系雑誌と同レベルの欲望を煽ることに終始している。何よりモデルの写真が修正されすぎて皆同じ顔に…以前はもっと、1人1人が強烈に主張してたんだけどな
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
ほぼ全巻コンプリートしてる熱心な読者にとって今月の小悪魔agehaはややショックだったなぁ。とにかくタイアップが多い。もちろん今までの様なマニアックなメイク、ファッション特集もあるんだけど、所々で以前はなかった企業とのタイアップ記事が増え、agehaの信条が毒を抜かれている感じ
も・ぷりめら@療養中 @mo_premera
@kaya8823 雑誌はちょっと気を抜くと「それだけ」になってしまいそうですね
北条かや『インターネットで死ぬということ』 @kaya_hojo
agehaならではのコピー(例:髪型特集で「視線そらしてハットトリック流し☆」とか「急降下すぎるけど大丈夫スジストレート」とか)も、ここ数ヶ月はぬるくなってた。例えば「彼氏への愛がいっぱい!ハート型ハーフアップ」なんて、そこらの10代向けギャル雑誌でもやりそうなネームだよね。
かにはち でい@家族健康祈念 @kanihachi_D
@kaya8823 急降下すぎるけど大丈夫筋ストレート、って全く意味が分からないんですけどww
残りを読む(21)

コメント

K-key @K_key 2011年12月15日
「小悪魔ageha」編集長にインタビュー、世の中には「かわいい」か「かわいくない」の2つしか無い - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20090714_koakuma_ageha/ 少し前のインタビューですが,小悪魔agehaとはどういう雑誌か,編集長の中條氏はどういう思いでこの雑誌を作っているのかがよくわかります.
天婦羅★三杯酢 @templa_3 2011年12月18日
要するに、週刊金曜日は噂の真相の後釜、と。
さいたまにすと(臨海亭三昧)🏥🐾🏖️🍸✂ @Saitamanist 2011年12月18日
読んだことは無いけど、雑誌から個性が消えていくのは寂しいねえ。てか元編集長のメイクすげえ
松本孝行~ナイスミドルになりたい @outroad 2011年12月18日
雑誌について、ブロガーのLilacさんに聞いたらアメリカには付録付き雑誌はほとんどないって言ってたなぁ。なんで日本は付録をつけるようになったのか?雑誌作る人はそれで満足してるの?楽しいの、付録付けて売れた雑誌が。
松本孝行~ナイスミドルになりたい @outroad 2011年12月18日
雑誌について、ブロガーのLilacさんに聞いたらアメリカには付録付き雑誌はほとんどないって言ってたなぁ。なんで日本は付録をつけるようになったのか?雑誌作る人はそれで満足してるの?楽しいの、付録付けて売れた雑誌が。
ざ_な_く&890P@超会議&超歌舞伎 @z_n_c_890_P 2011年12月19日
agehaは諸般の事情で立ち読みしたことがあります。「私が入っていけない世界」というものを痛感した雑誌だったけど、その雑誌が普通になっちゃうのはなぁ・・・ああいう強烈な雑誌は是非残って欲しいと思う。
パブリックエネミー🔞S.A.M. @SAM_tak 2011年12月19日
agehaは読んだことないけど、自分が好きだった雑誌が自分の好まない路線にシフトしてしまう寂しさはよくわかる。すげーなageha。それにしても赤文字系・青文字系という用語を初めて知った
荒神マサノヴ @aiwendir 2011年12月19日
興味深く読んだ。「付録はシャブ」とは上手い例えだなぁ。雑誌が売れない今、いったん付ければ売上は一時回復するが廃人(中身が薄く)なるし、付けたのを外せば今度は売上暴落→休刊の危機が待ってるんだよな。
ちり @cchili_dogg 2011年12月19日
内容(理念)は対称的だけど、赤文字系は付録には消極的なほうですよね。女性誌の中ではまだ記事/雑誌を読ませようという気概を感じる。
nekosencho @Neko_Sencho 2011年12月19日
でもまあ、雑誌本体はスキャンされたらネットで流通しちゃうから、付録は案外雑誌の生命線になっていくかもしれないよね、CDの握手券みたいなもんで
富 ユタカ @lkj777 2011年12月19日
#hijitsuzai #非実在 該当記事はこれ 週刊金曜日871号目次 http://bit.ly/rExX2i しかし @syukan_kinyobi の中條さんのコラムって @minorikitahara さんと自分しか読んでないと思ってた。
nrb @nrb 2011年12月20日
ハードコアなスタイルのジャズを演奏していたタ◯ガー◯越さんが、大手代理店の大物Pに「スターにしてやる」と誘われてインダストリアルなアルバムを作らされ、結局コケてしまった流れを思い出した。
picolin @picolin1 2011年12月20日
イギリスの女性誌も付録ばっかり。タイアップもすごいけど、半分が広告っていう女性誌のみならず酷い状態。
Yoshiki Shibukawa @shibukawa 2011年12月20日
IT系のイベントのLTで昔、エンジニアマインドと日経ソフトウェアと小悪魔agehaとCanCamの比較をしたけど、小悪魔agehaの徹底的な読者目線とCanCamの広告・タイアップの多さに驚いた。でもあのagehaはもういないのね。
ツブ貝節電ジャパン @gohandesita9 2011年12月20日
メンズファッション誌も似たようなもんだなあ。面白かった雑誌が急にほかの売れてる雑誌の企画を後追いし始めて、一気に魅力がなくなるって何度も見た気が。時代は繰り返すのか。
0123456789 @nyan5656nyan565 2011年12月20日
週刊金曜日の号を修正しました
M @nobudesu 2011年12月21日
社会的属性ではなく、個人の生き方そのものへの共感か RT @kaya8823: そもそも地方でよく売れるagehaの読者は「東京生まれの24歳OL」ではなく「大手企業の営業アシスタント」で働けるほどのコネも持っていない。社会的な属性によって読者の共感を得るキャラを設定するのは無理なんだよ。だからagehaはモデルの強烈な内面を打ち出すことで部数を伸ばしてきた
M @nobudesu 2011年12月21日
社会的属性ではなく、個人の生き方そのものへの共感か RT @kaya8823: そもそも地方でよく売れるagehaの読者は「東京生まれの24歳OL」ではなく「大手企業の営業アシスタント」で働けるほどのコネも持っていない。社会的な属性によって読者の共感を得るキャラを設定するのは無理なんだよ。だからagehaはモデルの強烈な内面を打ち出すことで部数を伸ばしてきた
M @nobudesu 2011年12月21日
「これ以上傷つきたくない」という心理? RT @kaya8823: CanCamが「一重さん奥二重さん必見!愛メークでデカ目になろう!愛は小粒目を救う!」なら、agehaは「一重だって奥二重だってメザイクを使って努力すれば二重になれる」。age嬢は「愛」によってではなく二重グッズによって救われる。愛=男は裏切るけど、メイク技術は裏切らないと。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2011年12月28日
自動車雑誌「Tipo」がマニア性を失いタイアップ過剰になって行った寂しさを連想。スポンサー受けの良い読者しか相手にしない誌面に失望して購読を止め、その後もライターの質が低下するのを寂しく見ていた。
madoka @marumnx 2012年1月5日
読んだことないし、自分自身にはageha的な要素は皆無だけれど、ものづくりの精神としてはとても共感できるなあ。自分たちの顧客はだれなのか、常に顧客のそばに寄り添う姿勢。
mic%親馬鹿です @mic_ab 2012年5月25日
海外だと、雑誌の付録にシャンプーとかコンディショナーとかお菓子とかもついてるし、もちろん子供向けだとおもちゃの類いはいろいろついてる。日本だけの問題ではなくなっているのかも、とちょっと思う。
游鯤 @yusparkersp 2014年4月16日
雑誌としての売上と、広告料の売上とではどっちが大きいの?
游鯤 @yusparkersp 2014年4月19日
コレクターズアイテムになる食玩のような素晴らしい「agehaのオマケ」を作りゃあええねん。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする