炭鉱はなぜ閉山したか~国内炭の採掘はもう限界だった

「北炭夕張新炭鉱ガス突出事故」 爆発後は坑内に大量の黒煙と熱が充満し、火災も収まる兆しが見えなかったことから密閉作業が行われた。密閉作業は坑口を塞ぐもので、坑内の避難器具(通称ビニールハウス)への空気供給を止めるものではなかったが、それでも火災が収まらなかったことから、会社側は注水による鎮火の検討に入った。 この時点で坑内には59名の安否不明者が取り残されており、注水は坑内にいるこれらの不明者を見殺しにする措置の為、安否不明者の家族の猛反発を受けた。中には林千明社長(当時)に「お前が入れ」と迫る者もいた。(Wikipediaより) http://www.miike-coalmine.org/akagami/aka13.html 昭和56年10月22日 続きを読む
117

この話題は以下のまとめから繋がっています。

まとめ 電力業界のちょっと内緒話 原子力発電をやめたがっていた電力会社? コロラド先生によると電力会社は原発をやめたがっていたとのこと 国策によってしかたなく原発を作り運営していたらしい だからといって責任を逃れることができるわけではないが なぜ原発を作り事故を起こしてしまったのか 原発のコストは本当は高いと以前から知りつつなぜ運営してきたのか きちんと検証して欲しいですね 17396 pv 285 23 users 19

ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996

反原発派には、原発は本当は不要なのに政官産学の陰謀によって導入されたと思っている人が多い感じがする。この辺は広瀬隆氏の罪だよな。基本的に陰謀史観の人だから。マネーの流れが可視化された現代だと、世界経済を握る何者かはいないって明らかになったけど。

2012-01-13 12:40:47
Koichi Kawamata @kawauso

@WATERMAN1996 政官産学っていうと ほとんどカバーしてしまいますねw この四つが賛成していたのだと陰謀と言うよりは国家がそう決めたって感じですね この旧来型の反原発派と 私のような当時は正しかったが今は再考必要派で仲良くする方法あるんですかね...

2012-01-13 12:44:51
Sirius☆彡 #ひとり武漢 @sitesirius

ゲイツ・メリンダ財団では?!あれ? #NUKEjp QT @WATERMAN1996: 反原発派には、原発は本当は不要なのに政官産学の陰謀によって導入されたと…マネーの流れが可視化された現代だと、世界経済を握る何者かはいないって明らかになったけど。

2012-01-13 15:30:07

Hideyuki Hirakawa @hirakawah

同じ話は僕も聞いたことあります。東電すら原発部門の分社化を検討していたとか。 RT @BB45_Colorado: ヒロセタカシ騒動が最も盛んだったときに某電力のPA担当幹部と何度も話す機会があったが、”原子力は儲からない。””(会社の利益を考えれば、)本当はやりたくない。

2012-01-13 12:36:26
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@hirakawah 東電は、事実上、原子炉メーカーともいえるわけで、ちょっと立場が特殊なのですが、その東電ですらその体たらくでは、本当に金食い虫だったんでしょうね。当時、原油価格、石炭価格はとても低かったので、営利を考えれば火力に投資するのが当然でした。

2012-01-13 12:39:21
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

@BB45_Colorado そういえば電力自由化後に東電は、社内研究所の中の原子力安全部門を縮小してるんですよね。その結果、リソース不足で津波に関する評価も遅れに遅れ、報告提出は311の数日前だったという残念さ。安全軽視ともいえますが高コストということでもありますね。

2012-01-13 12:47:09
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@hirakawah あれは本当におしいですよね。見切り発車でやって来たからいけないんだと言う批判は当然としても、やはり寸前とはいえ気がついていたことは事実で、5年前に気がついていればと思うと悔しい限りです。

2012-01-13 12:52:02

1970年代は太平洋戦争から25年しか経っていません。当時はまだ、太平洋戦争時に若者だった人達が、政治、経済、学問の各分野で現役だったのです。
中東動乱・オイルショックは彼らの背筋を凍らせるのに十分な衝撃ではなかったでしょうか?
「あの失敗を繰り返したくない」
彼らがそう考え、一度燃料を装荷すれば数年は発電してくれる原子力に希望を感じたのは無理のない事だと思います。

「原発は不経済だがエネルギー安保のため」

こう説明できなかったのは「有事」を議論することを忌み嫌う日本人の悪癖が無かったでしょうか?

Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@hirakawah そもそも、原子力はエネルギー安保の為にやって来たわけで、そこにコスト競争を本当に求めるなど無茶も甚だしいです。原子力は安いと言うドグマで自縄自縛に陥ったのでしょうね。

2012-01-13 12:53:24
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

@BB45_Colorado ほんと悔やまれますね。全電源喪失は免れてたかもしれないわけで。

2012-01-13 12:57:46
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

@BB45_Colorado 「過酷事故は起こらない」「だから対策は要らない」というのと同じ自縄自縛ですね。「原子力は安い」「だから本来必要とされるコストはかけられない。」

2012-01-13 12:59:35
ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996

@BB45_Colorado @hirakawah これからは本当に原子力が相対的に経済的になる可能性もあるかと。現在の燃費だとIPPは本気で死んでるんじゃないかなあと。

2012-01-13 13:02:12
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

熊本の小野院長のブログを読んでも東電の中の人は原子力は儲からないという意識を持っていてそう発言していたことが記述されている。恐らく、全電力の共通認識だったと思う。

2012-01-13 13:02:53
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@hirakawah 当時、原子力事故についてかなり突っ込んだ質問をしましたが、”事故は絶対に起こしてはならない””事故を起こさないことが自分たちの第一の責務だ”という、これも恐らく本音と思われる答えだったのですが、日本的な悪しき精神主義は感じました。 (続

2012-01-13 13:05:48
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

事故の可能性は除いても、廃棄物コスト(方法未定)や今後続く廃炉のコストを勘定に入れるとどうでしょう?今後電源三法交付金の対象エリアも増えるかもしれませんし。RT @WATERMAN1996: @BB45_Colorado @平 これからは本当に原子力が相対的に経済的になる可能性も

2012-01-13 13:08:22
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@hirakawah 承前)80年代後半は改良標準化が終わり、世界的にもトップクラスの稼働率を誇っていましたので、そういった自負を持つのは当然とは思うのですが、それが健全とは思えなかったです。この傾向は動燃が一番強かったです。

2012-01-13 13:08:25
Hideyuki Hirakawa @hirakawah

そもそも経済性だけで決めるべきことでもないし。

2012-01-13 13:09:27
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@WATERMAN1996 @hirakawah 電力とコストの問題は、いま、国民が知りうる情報はどれこれも信頼性に強い疑義があるので、いまある情報では判断できないと考えています。原子力も火力も試算の前提条件が混沌としています。その他はもっと混沌。

2012-01-13 13:11:09
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@hirakawah その結果が、ベントフィルタすら装備していないありさまで、いかにも日本らしい失敗です。

2012-01-13 13:15:06
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado

@morecleanenergy あんまり長く止まっていたら、予算が打ち切られるからですよ。既に断頭台に載せられた状態なので、必死の抵抗です。(過去の経緯を見ても十分、挽回があり得るから。)

2012-01-13 13:27:07
Dodol Garut @chireng

土地買収から廃炉、廃棄物処理までの比較ってご存知ですか?“@hirakawah: 事故の可能性は除いても、廃棄物コスト(方法未定)や今後続く廃炉のコストを勘定に入れるとどうでしょう?今後電源三法交付金の対象エリア@WATERMAN1996: @BB45_Colorado

2012-01-13 13:46:37
残りを読む(43)

コメント

憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2012年1月13日
ここは酷いビルド鉱ですね http://lm700j.at.webry.info/200804/article_6.html  ここは酷い三池炭鉱ですね http://lm700j.at.webry.info/200608/article_26.html 特に三池の話は残酷きわまりなかった
0
笑い猫 @bokudentw 2012年1月13日
いい炭鉱もありましたね http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B%E7%82%AD%E7%A4%A6 太平洋炭鉱は1954年の事故以来大事故がなく優良炭鉱と呼ばれていました http://toho.main.jp/ibukikan.html 宝珠山炭鉱も一度も事故がなく優良炭鉱でした
0
🐷ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2012年1月13日
炭鉱事故の恐ろしさは一事故あたりの犠牲者が余りに多いということですね。爆発、ガス突出、海水流入など、起きてしまうと生存が絶望的になる事故も多い。黒いダイヤと言われた石炭はヤマの男達の命で輝いていたのです。
0
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2012年1月13日
釧路コールマインの生前戦略はすごい。池島とかみたいに研修施設となって、日本が石炭を買ってくる先への技術移転をしているというあり方も
0
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2012年1月13日
コスト等検証委員会 原子力以外の電源に関する事故リスクへの対応コストについて http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20111206/siryo3-8.pdf
0
石炭村の工作員(B.E) @Braunite 2012年1月13日
炭鉱をダメにしたのは、海外炭よりも炭鉱運営会社だったと思う今日この頃…1980年代に事故を頻発させて、原料炭ユーザーに引導を渡された(生産が止まって炭が予定通りに納入されないので、最後まで頑張っていた製鉄所に切られた)。自分で自分の首を絞めるとは、情けない…原料炭の話は、おぼろげに覚えている数年前の読売の記事から
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
そもそも原子力発電の導入は50年代からの既定路線であって、正力松太郎とかWW2の頃にはすでに大人だった世代によって決められたことであって、オイルショックで急激に原発推進に舵を切ったわけじゃ無いですよ。
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
オイルショック前の1965年頃の計画では「9電力は10年後までに建設に着手することとなっている」とあって、「75年(西暦1995年)には1億6445万Kw(を見通し)としている」と、はっきりくっきり、1965年の原子力白書に書いてあるし。http://bit.ly/xytFyq
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
原発は儲からないと言っても、本当に原発事業が真っ赤かだったのか、火力と比べて儲からないという意味なのかによっても、意味合いは違ってくると思います。 10年前はご指摘の通り、今と比べて化石燃料の値段がタダ同然で、IPPどころか事業所で灯油を燃やして電気を起こすモノジェネがペイしていた時代で、 逆に今は原発が止まったせいで電力会社は倒産しかかっているわけだし。
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
そもそも儲けだけをみたら原発どころか、ベストミックスという概念自体が儲からないナンセンスな代物なんですけどね。石炭オンリーが一番「儲かる」んじゃ無いのかな?
1
🐷ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2012年1月14日
第一次中東戦争は1948年ですし、70年代にオイルショックが起きたというだけで、中東リスクは1945年以降、一貫して存在していたと言えますね。 @emesh
0
ginya- @ginyard_jp 2012年1月14日
非自律(リモコン)型ロボットならばまだ現実的でしょうけど、課題山積かな、と。思いつくだけでも、坑内移動のロバスト性や、高出力の掘削能力と安全性の両立(発熱や漏電の防止)、オペレータへのインタフェース、ロボット群制御…。あとは、研究費のスポンサー探しも。
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
そもそも石油を満足に入手できないと言うことは戦前から継続していましたからね。人造石油なんてトンデモを作ろうとしてたくらいだし。
0
knob🇯🇵一聞は0.01見にしかず @knobonzo 2012年1月14日
原子力基本法 - Wikipedia http://bit.ly/v0O34s 原子力基本法(昭和30年12月19日法律 第186号)は、原子力の研究、開発及び利用の促進に関して定めた日本の法律。
0
knob🇯🇵一聞は0.01見にしかず @knobonzo 2012年1月14日
WW2 の一つの要因は石油であり、戦前からもたりなかった。その反省を込めた先輩方への理解は必要。
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
いつも言っているけど、中国人研修生に炭鉱掘らせれば良いんだよ。チャンコロの命なんて何匹死んでもみんな気にしないんだから。
0
☢️山下238☣️HPVV打ったよ @Yamashita238 2012年1月14日
「鉄腕アトム」というキャラクターがいるだろ。アトムが描かれた頃、昭和20年代は原子力は未来エネルギーとして期待が持たれていたんだよ。
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
このまとめの論調にあるように、本来原発は全く採算が取れずにエネルギー安保と国家のメンツ「だけ」が唯一のメリットなら、もっと導入国は少なかったと思います。
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
原子力発電の「低コスト」性というのは、「安定して大規模に発電できる特性」に言い換えられるかと思います。これを置換するのは、化石燃料でもなかなか難しい。
0
あかさたな @emesh 2012年1月14日
安定して大規模にということを担保するのは、エネルギー密度の高さですが、これが事故の影響の大きさとトレードオフになっているというわけです。何も原発に限ったことじゃなく蓄電池でも同じ事が起っています。
0
ルクシオン @_Luxion_ 2012年1月14日
石油にしろガスにしろ貯蔵庫が引火爆発すれば大災害になるわけで、エネルギー源なんて須らく危険ですわな。危険性の少ないといわれる風力や太陽光も本来自然界を巡っていたエネルギーを掠め取る以上、大規模化すると何が起きるやら。
0
G3104@甲甲甲丙乙丙丙オワタ\(^o^)/ @G3104 2012年1月14日
国内炭鉱事情について勉強になった。原子力が儲かる儲からないは試算次第で不明瞭、かな。しかし現実には導入国の数、更に日本に原発を買いたい国も存在する以上、一定の利用価値は認められていると考えてる。日本は安保観点から火力依存する訳にもいかんでしょうし。
0
占展望(せんてんぼう) @Khritenzama 2012年1月14日
露天掘りです。 ひっそりと頑張っています。 http://bit.ly/kHdgVr 露天掘りです。 コールマインより採炭量多かったりします。 露天掘りです。 海外炭の価格上昇で価格競争力も上がってきました。 露天掘りです。 マイナーすぎて知らない人が多いです。 露天掘りです。 露天掘りです。 露天掘りです・・・
0
維新の里の油搾り係 @SUS303 2012年1月15日
掘削と採炭は完全無人化が可能と思う 無人機設備まで無人化すると、相当コストが掛かるだろうけど 無人化装置は国内で十分賄えるし巨大な設備需要を生む、資源を国内調達出来るしで国内炭には夢がある
0
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2012年1月15日
たしかに「ベストミックス」と短期的に儲かるか否かってのは相反するよなあ
1
boroneko2k @boroneko2000 2012年1月16日
露天掘りは浪漫が無い!! …とか本気で言われそうなのが怖い。リーマン寸前の原油高の時は相対的に安く上がり、空知の露天掘りは結構引き合いがあったとか(全部北電の計画買い付けなので断ったはず)。因みに「北炭新夕張炭坑」は国のスクラップアンドビルド施策での「ビルド鉱」、最新鋭の山でした。安全側にシフトしてれば、エネルギー安保のため、と割り切れていれば、と思わずにはいられません。
0
冷たい熱湯 @Tuny1028 2012年5月1日
炭鉱の話できなくて申し訳ないですが…「安全と言った手前、事故が起こった時の対策を練りづらい」「安いと言った手前、安全対策とかに余計なコストは掛けられない」なんか切ない話ですねえ。
1