10周年のSPコンテンツ!
5
doremi @spm_mot
全然振り向いてくれない年上の彼。あまりにも子供扱いするので勢いでキスをしてみる。『!?』目を丸くした後『..無理すんな』体を離し『震えてる』震える手を掴む。『もっとうまく誘えるようになったら』頭を軽く叩き『続きしてやるよ』ニヤリと笑うヒチョルおっぱ。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
「えっ..どうしたの?」酔ってフラフラの彼が家に来た。『会いに来ちゃ悪いかよ』強く言い切るも足元がおぼつかない。「わかったわかった」急いで彼を支えると『...本当は』ふわりと抱きしめられ『ずっと会いたかった』首元に頭をこすりつける甘えん坊ヒチョル。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
仕事でミスをした。『は?これ違うだろ』書類を投げられ『誰と勘違いしてんの?』鋭い眼差しを向けられる。『何度も言うけどさ、』グイグイ攻めよられ『お前は俺だけの担当でいいの』前髪をかき分けられると『俺に集中しろ』おでこを指で弾くヒチョル先生。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『お前昨日何してた?』他の人とご飯を食べたことがヒチョルにバレた。『ちょっとこっち来い』強引に腕を引かれると「怒らないであげて」優しくその手を掴む。「僕が無理矢理誘ったんだ」眉をひそめながら「あまりにも寂しそうな瞳をしてたから」私の目を優しく触るハンギョン。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
校外授業。バスの中でずっと寝ている彼。つまらないので席を移動しようとすると『...』袖を引っ張られる。振り向くと『...行くなよ』小声でつぶやき『...俺がなんのために来たと思ってんだ』そう言って肩に頭を乗せるヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『お前を宇宙一幸せな女にしてやる』目の前にいる彼から突然送られてきたメール。「え?」ワケが分からず顔をあげると『喜べ』ニヤッと笑うと『今日から宇宙大スター夫人だ』パカッと指輪を見せるヒチョル様。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
ベッドでオペ室まで運ばれる。『俺の綺麗な顔見て』じっと見つめられ『名前は?』『生年月日は?』簡単な質問をされる。ニヤリと笑い『オペ前に俺を見れてラッキーだな』薄れゆく意識の中で囁かれ『はい、完了』美しい麻酔医ヒチョル。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『話って何?』不機嫌そうに現れた友達以上恋人未満の彼。「昨日告白されたの」『...』「どうしたらいい?」試すつもりで聞いてみる。『...言わなきゃ分からないのかよ』大きなため息をつきキツく抱きしめる。『お前は』顔を寄せられ『俺以外見るな』熱いキスをするヒチョル。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『遅れた』1時間遅れで合コンに来た彼。『...おっ』入った瞬間に目が合うと『決めた』私の肩を抱き『この後付き合え』強引に立たされると『じゃあ帰るわ』滞在5分で帰るヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
先に布団に入った私。『幅とりすぎ』強引に布団に入ってくる彼。『狭いからもっとあっち行け』冷たく言い放つも『...そうか』急に抱き寄せ『こうすれば狭くない』抱き枕のように抱きつくヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
「今日は何の日?」いつもと変わらない彼にしびれを切らして尋ねる。『?』興味なさそうに首を傾げる彼。「もういい」部屋を出て行こうとすると『あっ!』急に大声を出す。『なんだこれは』下手な芝居と共に現れた指輪。『...忘れるかよ』照れくさそうにはめてくれるヒチョルさん。#SJで妄想
doremi @spm_mot
突然ワガママを言い出す彼。「はいはい」いつものようにたしなめると『いまガキだと思ったでしょ』少し不機嫌になる。『ねぇ』力強く肩を持つと『そろそろさ、』目線を合わせ『ヌナ...じゃなくて名前で呼んでいい?』綺麗な瞳で見つめる年下彼氏ヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『何かあったか!?』真夜中に突然現れた 彼。「えっ..」急に起こされてよく分からない私。『こんな時間に着信あったから』携帯を見せる。「あ、それ間違えて...」『はぁ!?ふざけんなよ』頭を抱える。『責任とれ』強引にベットに侵入する少し汗だくなヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
「お疲れ様でした!」今回は期限内にに終了。『っあー!!!疲れた』ベットに横になる彼。「では次回もよろしくお願いします」ベットサイドで頭を下げると「おい」腕を掴まれ「今日はもちろん俺のために予定空けてるんだろうな」不敵な笑みのヒチョル先生。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
「先生締切が...」『うるせぇ』今回もまだ終わっていない様子。「では終わりそうな頃再び伺いますので」頭を下げて部屋を出ようとすると『誰が帰れって言った』大声で怒鳴ると『お前が側にいないなら俺は書かない』ワガママ炸裂ヒチョル先生。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『お前ホンギとメールしてるのか?』携帯を覗く彼。「うん仲良いよ」彼の友達とメールをしているのが気に入らない様子。『何もないだろうな』疑いの目で見てくる。「あるわけな..『いや、危ない』携帯を取り上げると『あいつには渡さない』勝手に宣戦布告メールを送るヒチョル。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
「もーヤダ!!」ストレス爆発した私。『うるさい叫ぶな』冷たく言い放ちながらも近付いてくる。『ったくなんでこうなるまで我慢した』一発デコピンをすると『次からはちゃんと言え』髪を乱して去るヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
夜、雨が降り出した。彼を迎えに行くと『迎えに来いなんて頼んでないけど』冷たく言い放つ。「素直じゃないなぁ」傘を差し出すと『俺はいつだって素直だ』傘を受け取り足早に歩き出す。『つーかこんな時間に外に出るな』ガッと手を引っぱり『心配するだろ』実は心配性ヒチョル。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
AM7:00。「本当キレイ」隣にいる彼の寝顔を見て思わず呟く。「真っ白だしツルツルだし...」ゆっくり肌を触っていると『美味しそうだろ』ガッと手を掴まれ『食べたくなった?』ニヤリと笑うヒチョル。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
私の正面に立ち、1つずつ指をだしながら『放っておけない』『苦しい』『触りたい』しばらく沈黙し『これはなんなんだ?』私の目線までかがむと『俺はお前のことが好きなのか?』吸い込まれそうな瞳で迫るヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『なぁ』隠しておいたチョコレートの袋を持っている彼。『これは誰の?』「....」『俺はもう貰ったけど』「....」『ジョンスだろ』静かに冷たく言い放つ。"バンッ!!"『それ持って出てけ!』怒鳴るヒチョルと割れたチョコレート。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
2月ヒチョル。「今日は節分だから豆まかないと!!」『寒みーよ』コタツで丸くなっている彼。「鬼は~外!!」動かない彼に豆をまく。『おいこら、誰が鬼だ』彼を指差すと『お前覚えとけよ』コタツから顔だけ出して『今日は年の数だけお前食うからな』エロ鬼さんの反撃開始。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
放課後教室に残って日誌を書いていると『あ?まだいたのか』「うん、日誌がまだで」『ふーん』そういいながら対面に座る彼。日誌を書いている私の眼鏡を急に取って『...お前眼鏡取るとすげー可愛いな』真剣な顔で見つめてくるヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『バーカ!!』また料理を失敗してしまった。『お前本当になんもできねーなぁ』ケラケラ笑いながらこっちを見ている。「冷たい...」少し半泣きになっていると『ほら、来いよ』腕をひっぱり『今から思いっきり優しくしてやるよ』抱きしめ耳元で話すヒチョルさん。 #SJで妄想
doremi @spm_mot
『ほらよ』珍しく服をプレゼントしてくれた彼。すぐに着替えて「どう?」聞いてみると満足気な顔で『さすが俺だな』といいながら洋服のチャックを開け出す。「え?」不思議そうな顔をしていると『男が服をプレゼントするのは脱がすためだぜ?』自慢気に言い出すヒチョルさん。 #SJで妄想
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする