編集可能
2012年2月17日

脱原発のためのネット使用法

6
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

脱原発の思いを共有する同士に向けて心から忠告したい。脱原発を目指したい人が気を付けるべきネットの使い方を以下にまとめる。

2012-02-16 21:01:47
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】1・RT(リツイート)は落ち着いてやれ。敵は偽情報を意図的に流し、それをRTさせることで脱原発派の評判を落とそうと企んでいる。その情報が検証に堪えうるのか、本当に信頼出来る人の発言なのか、それをゆっくり考えてからRTすべきである。

2012-02-16 21:01:58
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】2・自分にとって都合のいい話は疑え。世の中そんなに都合のいい話はない。前述のように敵は偽情報を流し、それを拡散させることによって、脱原発派の評判を落とそうと必死になっている。その前提に立って、都合のいい話には裏があると疑うくらいがちょうど良い。

2012-02-16 21:02:12
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】3・世間の目を常に気にしろ。極端なことを言う人に対しては、常に世間の目は冷たいのだ。ネットの公開の場に書き込む以上、脱原発派の発言は世間の目に晒されているということを自覚すべきである。むしろ常に世間の非脱原発派を説得出来ることを書くべきである。

2012-02-16 21:02:22
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】4・扇情的な話し方をする人より、落ち着いた話をする人の話を良く聞け。例え相手が大手マスコミに記事を書いている人であろうとも、扇情的な書き方をする人は、その書き方で売っているだけなのである。学ぶべきは落ち着いた話し方をする人たちにあることを知ろう。

2012-02-16 21:02:30
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】5・陰謀論に安易に乗るのは辞めろ。ネットにおける真の敵は、脱原発派をバカにしたがるアンチ脱原発派であることを理解すべき。原発推進派は、この未曾有の状況に対して、自分たちの立場や地位を守ることに必死であり、ネットに対して陰謀を企む暇なんて無いのだ。

2012-02-16 21:02:38
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】6・日本はネットだけで世の中がそう簡単に変わらない。自分たちが毎日熱心にネットをチェックして書き込んでいるからと言って、全ての人がそうだと思ってはいけない。むしろネットなんてまともに見ていない人の方が大多数なのだ。リアルの場の方が大切なのだ。

2012-02-16 21:02:46
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】7・都合の悪いことを言う人をすぐに「御用」扱いするのは辞めろ。科学的知見に立てばあまりにも信じがたいレベルの“危険情報”は非常に多い。そのことを冷静に話してくれる科学者や知識人はたくさんいる。彼らに対して、断絶よりもまずは落ち着いて話を聞け。

2012-02-16 21:03:04
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

【脱原発のためのネット使用法】8・数字はきちんと読み取れ。自然界には原発なんか関係ない自然の放射線がいくらでも存在する。ガイガーカウンターを使うならそのことは前提として使わなければならないのは常識である。前述のように、きちんとまともな科学者の言うことは素直に受け入れるべきだ。

2012-02-16 21:03:33
小泉しゅうすけ(寒川町議会議員@立憲民主党) @KoizumiSamukawa

以上、思いつくまま、8箇条を書かせて頂いた。本気でこの日本、そして世界中から、こんな原子力発電所による大被害を二度と起こしたくない、そのためには脱原発を成し遂げたいと思うのならば、最低でもこれくらいは理解して、実践して、そしてリアルの場で動くことを優先させよう。

2012-02-16 21:03:41

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?