福島第一原発から放射性物質がいつどのように大気中に出たか

【定常放出説】3月12日から約2週間、福島第一原発から放射性物質が一定割合で大気中に放出された。15日と21日に風が内陸に向かって、その下で汚染が生じた。それ以外は太平洋上を漂った。(牧野) 【間欠放出説】放射性物質の大量放出が3月15日(と21日)に起こった。そのときたまたま風が内陸に向かっていたから福島中通りがひどく汚染された。悪魔の風が吹いた。(早川、高橋) ・全放出量を見積もるとき、定常説は間欠説の5倍程度になる。 ・関連する図をここに掲げている。http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-474.html
原発 震災
85
Pochipress @pochipress
いままで公開された記録、ドキュメンタリーのどこを見てもあれは神風が吹いて助かっちゃったとしか考えられません。 RT @hayakawayukio:
早川由紀夫 @HayakawaYukio
いや神風は吹いてない。逆に悪魔の風が吹いた。放射能の大気への大量放出は3月15日と21日だけだったのではなかろうかと思っている。RT @pochipress: いままで公開された記録、ドキュメンタリーのどこを見てもあれは神風が吹いて助かっちゃったとしか考えられません。
Pochipress @pochipress
しまった、神風のたとえはまずかった。まあなんとなくその、神のご加護。 RT @hayakawayukio: いや神風は吹いてない。逆に悪魔の風が吹いた。放射能の大気への大量放出は3月15日と21日だけだったのではなかろうかと思っている。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
1/15くらいのまれな確率で福島と東葛の汚染が両方起きた。不幸だった。福島の単独汚染確率は1/5、東葛の単独汚染確率は1/3程度だった。6/15の確率でどちらも汚染を免れ得たと思う。悪魔の風が吹いた。すべて風向きによる確率計算。1週目と2週の2度大量放出するシナリオ。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
原子炉が爆発したのにこの程度の大量放出で済んだのは、幸運だったかもしれない。しかし原子炉のしくみの知識が私にはないので評価できない。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
燃料棒が外に吹き飛んでるそうだから、「原子炉が爆発した」でいいんじゃね?
Jun Makino @jun_makino
15と21だけ、ということはデータからもないと思います 3/12-14 に敷地内のモニタリングデータで 1mSv/h あたりまで何度もいっているので。 RT @HayakawaYukio 放射能の大気への大量放出は3月15日と21日だけだったのではなかろうかと思っている。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
3月14日の夜までは敷地内の放射線量はたいしたことなかったと思ってましたが、違いますか? http://t.co/aCcdW5Qy RT @jun_makino: 3/12-14 に敷地内のモニタリングデータで 1mSv/h あたりまで何度もいっているので。
Jun Makino @jun_makino
@HayakawaYukio 3/15 は最大 10mSv/h、 3/14 だと MP2で800uSv/h、MP3,4 でもその程度までは上がっています。15日とは風向きが違うので、放出量が少ないとは言えないのではないかと。 http://t.co/VMwi4kZd
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@jun_makino 3月15-16日の10ミリピーク3回は、14日深夜の3ミリピークから始まったと考えます。それらが、福島の深刻汚染を引き起こしました。これらとくらべると、14日深夜までは顕著なピークはなかったと読みとりました。原発敷地内。
Jun Makino @jun_makino
@HayakawaYukio 数字はそうで1桁違います。ただし、かなり安定した西風だった14日夕方までと、複雑な変化をした15日の違いは考慮する必要があるかと。
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@jun_makino 3月12日深夜から翌未明にかけて放射能雲は牡鹿半島に流れました。しかしその汚染は軽微でした。0.25μ。 http://t.co/YWjFm84C 14日深夜までに放出された放射能が太平洋に向かったのは事実ですが、その量が15日に匹敵した証拠はありません
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@jun_makino 私がいつも参考にする風データは北本さんのこれです。  http://t.co/wwBmFXVd
Jun Makino @jun_makino
@HayakawaYukio http://t.co/WdyS6afx 証拠と言うのには弱いのですが、この記事は福島の北東100マイルで空間線量が数uSv/h に達していた可能性を示唆していると思います。
畠山元彦 @MuiMuiZ
@HayakawaYukio @jun_makino 以前も話に出したのですが、Stohl他の論文での逆推定だと、11日以降4回のピークが認められるとしてます。太平洋にはかなり(少なくともXeなど希ガス)が流れたのでは。 http://t.co/XyY2WO6O Fig.4
早川由紀夫 @HayakawaYukio
@muimuiz ページが見えないので図を切り出して添付してください。
畠山元彦 @MuiMuiZ
@HayakawaYukio @jun_makino : すみません。DOI まちがっていました。図の切り出しはあとでやってみます。 http://t.co/7zVkXVLE
畠山元彦 @MuiMuiZ
@hayakawayukio @jun_makino Stohl図4 Xe-133の放出推定です(上パネル)。a prioriな放出をまず仮定してCTBTOなどの実測値からそれに近いa posterioriを推定しています。時間はUT。 http://t.co/Q1y7NZst
 拡大
畠山元彦 @MuiMuiZ
@hayakawayukio @jun_makino こちらはCs-137。表示されている時間間隔が違うので初期のころは見にくくなってしまってます。逆問題を仮定に近いものを選ぶという形で解いているのでどこまで信用できるかはわかりませんが。 http://t.co/YfZ8CCZ5
 拡大
Jun Makino @jun_makino
@MuiMuiZ @hayakawayukio これだと図8の Richland のデータが多分最重要で、太平洋渡るのに何日か?という話ですね。以下のもやはり 12-14日にでてる必要があるとなってます。http://t.co/YjVW2R5n
畠山元彦 @MuiMuiZ
@jun_makino @hayakawayukio 気象シミュレーションが信頼できて海外のデータまで含めれば12-14にも活発に出ていたということですよね。Supplementデータから拡大してグラフを起こしてみました。 https://t.co/Y0tuu5lB
畠山元彦 @MuiMuiZ
@jun_makino @hayakawayukio 早川さんの図にある一関ルートや柏ルートに対応する20-21日にCs-137が落ち込んでいるのが奇妙ですが、国内で落ちたものは逆にこの図に表れていないのかもしれません(推測)。本文にあるのかもしれませんがちゃんと読んでません。
畠山元彦 @MuiMuiZ
@jun_makino @hayakawayukio 敷地境界だと炉から1kmほど離れているので、モニタリングカーでは風下にならないと十分放出が捉えられていないということはないのでしょうか。 https://t.co/mJBYv0Lr
畠山元彦 @MuiMuiZ
早川さんのepisodicな放出があったとする放出ルートの分析は放出時刻まで遡れるととても興味深いと思う。今月中にはSrの広域データが出るらしいので、Sr/Cs比の分析にも役立つんじゃないだろうか。 http://t.co/vzD4mDXc
残りを読む(77)

コメント

民間人 @minkanjinno 2012年3月6日
他人には「良く知らないなら黙ってて欲しい」と言いながら自分は「燃料棒が吹き飛んだ」とか良く知らないことをさも事実かのように吹聴する。流石早川センセイです。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年3月6日
SPEEDI計算しなくても、気象庁の風予報みてればわかったことだ。少なくとも私はわかって警戒した。RT @kentarotakahash: とはいえ、この41項の15日9:00の放出に対するSPEEDIの計算結果こそは、多くの人を被曝から守ることができるものだった。公表はしなくても、これに沿った避難指示を現地ですれば良かったのですから。
陽嶺直実 @HineMosGG 2012年3月6日
「少なくとも私はわかっ」たって、火山センセのごく周辺に適用できた極めてマクロな判断でしょうに。ゲタのウラ・オモテで逃げる方向を決めたってのとあんまり変わらないと思うなぁ。はい、私も謹呈『良く知らないなら黙ってて欲しい』
鮫吉 @samekichi1763 2012年3月6日
15日の大量飛散はインターネットによる情報収集ができたのが幸いだった。15日未明に茨城県のMPで放射線量の急増を確認、早朝茨城県の各地のMPに現れたピークの時間差と距離とアメダスの風向風速から得られた情報の相関性から到来が現実的となった。素人ですら注視していれば解かったことが公表や報道されなかったのは何故だったのか疑問。15日9:00には放射能雲は千葉県に達していたのでその時移管にベントがあったとしても無関係
ちくちくまる @tiqtiqmaru 2012年3月6日
取り巻きとの漫才かよw
鮫吉 @samekichi1763 2012年3月6日
ただ、茨城県北部以北の方々にとっては個人のデータ収集だけでは到達を予測する情報を得ることができなかったと思う。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年3月6日
15日昼ごろ、東京に来たあと、風が時計回りにまわったことに私は気づいた。北関東に行くことは予想できた。しかし、白河の関を超えて福島盆地まで流入するとは予想できなかった。
鮫吉 @samekichi1763 2012年3月6日
数日間の屋内退避費に備えた買い物、エアコンドレンパイプの目張りを済ませた後、到達予測時間に「色も音もなくやってくるんだな~」と窓の外を眺めながら思った。臭いがあるか嗅いでみたい衝動に何度も襲われた。
鮫吉 @samekichi1763 2012年3月6日
当時ツイッターをやっていなかったので知らなかったが、最近になって早野先生も放射能の追っかけツイートをしていたのを見つけた。http://togetter.com/li/110838
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年3月6日
【定常放出説】3月12日から約2週間、福島第一原発から放射性物質が一定割合で大気中に放出された。15日と21日の東日本汚染は、風向きがそちらに向いたから起こった(牧野)
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年3月6日
【間欠放出説】放射性物質の大量放出が3月15日と21日の2回起こった。そのときたまたま風が内陸に向かっていたから福島中通りや東葛がひどく汚染された。悪魔の風が吹いた。(早川、高橋)
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年3月6日
全放出量を見積もるとき、定常説は間欠説の5倍程度になる。
kartis56 @kartis56 2012年3月6日
一年もたってからデータを掘り出して、だからあのときの根拠のない発言は正しかったんだと言われても…
kartis56 @kartis56 2012年3月6日
一部の人にとっての東電や政府と同じくらいに、今更信じられないですよ。
inomatix @inomatix 2012年3月6日
いや、的はずれな批判をしている人もいるが。事故直後の放射性物質の放出量やその挙動を追求することは、住民の被曝線量評価のための基礎データになる。後々出てくるであろう健康被害と今回の事故との因果関係などの評価の基礎データになる。東電や政府に任せておくと、いい加減にごまかされてしまう。スリーマイル島事故やチェルノブイリ事故の時にも今でも全容は明らかになっていない。
イモーちゃん・ジョー @Jinen_jyo 2012年3月7日
はい。国もあてにならなさすぎですけれど。このようなまとめはありがたすぎです。私にはむずかしすぎですが。飲み込むには時間がかかりそうです。
rock10( 禁核発電に一票) @306kwh 2012年3月7日
米軍の被曝は回避 RT @kentarotakahash とはいえ、この41項の15日9:00の放出に対するSPEEDIの計算結果こそは、多くの人を被曝から守ることができるものだった。公表はしなくても、これに沿った避難指示を現地ですれば良かった
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906 2012年3月9日
ご参考: ワークショップ「福島第一原子力発電所事故による環境放出と拡散プロセスの再構築」の当日資料です→ http://bit.ly/zDdAZH
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年7月24日
3月中旬、原子炉から放射性物質がずっとでてたか、それとも間欠的だったかの、牧野-早川論争は、これで決着したと見てよいのではなかろうか。
早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012年7月24日
ただし、悪魔の風が吹いたのではなかった。悪魔の手が圧力解放操作をしたのだった。
どどど @darkboysandmen 2012年7月24日
やはり2号機が一番の放出源なのか。小出さんもNHKスペシャルもそう言ってたし。東電資料によるとそうなっている。建屋が爆発しなかった2号機が一番の汚染源となったのは、悪魔の手のせいだったのだろうな。風向きや避難のことなど全く考慮しなかった人々が未だに原子力発電所の管理者なのだ。
イモーちゃん・ジョー @Jinen_jyo 2012年8月30日
腑に落ちるまで半年もかかりました。「ベントを含む間欠放出だった」
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする