Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

ライスのアニメ感想:#160 LUPIN the Third -峰不二子という女-(2)

LUPIN the Third -峰不二子という女-第2話の感想です。 次元大介回。 ハードボイルドな恋のお話でした。
1
テリー・ライス @terry_rice88

LUPIN the Third -峰不二子という女- Ep.02「.357マグナム」 ルパンとの邂逅の次は次元大介との邂逅。前回の派手な立ち回りと打って変わって、渋い女と男のハードボイルドな話になっていました。やっぱりこういうデザインだとハードボイルなエピソードが映えますね。

2012-04-13 00:55:10
テリー・ライス @terry_rice88

ただ今回の不二子は完全に狂言回しだなあ。と、同時にルパン三世のキャラの中じゃ一番硬派な部類のキャラである次元をなんとなく持て余している感じもしたなあ。おそらくだけども女性を主軸に話を回しているので、男の感情が描ききれなかったんじゃないんだろうか。

2012-04-13 00:58:36
テリー・ライス @terry_rice88

そもそも五ェ門はともかく次元は過去のTVシリーズ(全部見てないから滅多な事はいえませんが)でも不二子とはあまり接点がないキャラなので、今回のような話の展開にならざるを得ないんじゃないかなあ。不二子は次元を篭絡できないし、逆に次元も不二子を垂らしこむなんてこと死んでもしないでしょう

2012-04-13 01:02:18
テリー・ライス @terry_rice88

そういった齟齬が表れた様な話だったんじゃないのかなあと。次元とチッチョリーナの恋模様も甘いわけではなくブラックコーヒーのような苦い恋だったわけで、次元が彼女に惚れたわけではなく、彼女が次元に惚れ始めていたっていうのでこの作品のおそらく肝である女性視点のルパン三世の欠点が見えたかな

2012-04-13 01:05:47
テリー・ライス @terry_rice88

えーと、多分今回のルパンって、不二子を主役に据えているから、「不二子に弄ばれる男たち」って言う側面が強いんだと思う。なので男性の甘さや弱い所を女性が翻弄させる感じの話しなんだろうと。前回のルパンは割りと煩悩全開だったので作風が合致していたけど、今回は逆風が吹いていたんだと思います

2012-04-13 01:10:00
テリー・ライス @terry_rice88

今回の次元においては、義理人情に生きるクラシックな男気が非常にハードボイルドだったわけだけど、そこに女性が翻弄させる余地が全くなかった感じ。チッチョリーナにせよ、死にたがりの孤独な女性だったわけだけど、その女性の複雑かつ機敏な感情を次元は「理解できない」としているわけで。

2012-04-13 01:13:29
テリー・ライス @terry_rice88

チッチョリーナの方が次元に翻弄されていて、作品のコンセプトが本末転倒になっている感じがあったんじゃないのかなと。次元の愛銃であるマグナムがかつてチッチョリーナが恋人だったマフィアのボスを撃ち殺した銃であると言う「過去」の関連性があったわけだけど、それも次元の人情が成した結果。

2012-04-13 01:17:07
テリー・ライス @terry_rice88

そもそもランデヴーはあったが、次元とチッチョリーナにロマンスは発生しなかった。キスシーンもベッドシーンもなかった。チッチョリーナは孤独をかき消すように次元を頼り、次元は殺し屋として義務と人情から彼女を支えていたに過ぎなかった故に発生した悲劇だったのではないかと。

2012-04-13 01:20:12
テリー・ライス @terry_rice88

だから恋に発展しなかった恋の物語ではあったんだと思うんだけど、それだったら次元の表情をもっと映してほしかったなあと思う。まあ、ハードボイルドなのでそこを情緒的にしてしまうのはいかがななものかと思う。ちなみに今回も面白かったけど、この作品での次元の位置付けがなんなのか気になります。

2012-04-13 01:25:44
テリー・ライス @terry_rice88

だから話の骨子は悲恋なんだけど、次元が女になびいてないので、女性視点から見る硬派な男っていう点に置いて、今一歩足りなかったんじゃないかな。惚れるのでもなし、翻弄されるのでもなく、お互い平行線のまま、話が終始してしまった感じがあるかなあ。一話完結でまとめているのは凄くいいんですが。

2012-04-13 08:39:08
テリー・ライス @terry_rice88

依頼された仕事とはいえ不二子の次元へのアプローチなんか過去シリーズの関係を見ていればこそ、違和感が先立ってしまうものになっているので、そこら辺のフィックスをどうするかが新シリーズの問題点なのではないでしょうか。まあ、一応それについてもフォローがあって、それがラスとのモノローグ。

2012-04-13 08:42:10
テリー・ライス @terry_rice88

過去から全力で逃げる自信があるって言う不二子の説はメタ的に呼応してるのかも。まあ、完璧にパラレルな別シリーズと思って、見るべきなのかもしれない。次元も過去を断ち切って、新たな道へと進む事になったのもまた、将来ある邂逅へ向けてのものでしょうし。

2012-04-13 08:46:18
テリー・ライス @terry_rice88

ただまあ、女性的に描きやすいのはルパン的な人物の方で、次元みたいなタイプの男性はかえって描くのが難しい気がします。ハードボイルドに優しさを見せちゃうと焦点がぼやけてしまうし、おそらくは精一杯の妥協点なのかなあと言う感じ。難しい仕事だったんじゃないのでしょうか。

2012-04-13 08:50:19
テリー・ライス @terry_rice88

ハードボイルドなクラシックな次元の生き様を保ちつつ、女性が物語を引っ張る話ってわりあい水と油だったんじゃないかなあと言う印象。今回のエピソードに関しては、男性の脚本家さんでちょっと見てみたかったなあと思った。やっぱり男の内面をみるんだったら、同性のほうがいいとは思う。

2012-04-13 08:55:40
テリー・ライス @terry_rice88

次回恐らく五ェ門回でしょうけど、彼は硬派な振りをしている軟派な男なので、今回みたいな齟齬は大きくないかと思います。問題は銭形回かなあ。1話の渋さを見ていると彼も難しいかも、まあ次元よりおっちゃんでオヤジなのでそっちに触れるかも分からないですがw

2012-04-13 09:07:08
テリー・ライス @terry_rice88

話は上手くハードボイルドで纏まっているので描き方にちょっと違和感を覚えた回でした。やっぱりこの作品の不二子はまだまだ若いって印象がありますね。そういえばOPとEDに若干の変更が加えられ、完成バージョンになってました。特にEDの不二子の少女時代は本編で描かれるのでしょうかね?

2012-04-13 09:10:49
テリー・ライス @terry_rice88

今後の展開も楽しみです。とはいえ、やっぱりレディコミ風ルパン三世だよなあ。いやアプローチは面白い。でも、描かれ方がやっぱり女性的な柔らかさがありますよね。そこら辺が興味深いです。

2012-04-13 09:15:04
テリー・ライス @terry_rice88

と言った所で、今回の感想は以上。どうもありがとうございました。また次回です。

2012-04-13 09:15:41

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?