10周年のSPコンテンツ!

「電子書籍はウェブと同じ」は本当か

「電子書籍って結局ウェブじゃん」という意見を聞くたびに、「まあ、そうなるんだろうけど」と思いながらも心の中にモニョモニョとしたうごめきが。そんな気持ちを呟いてみました。むしろ過渡期の今はパッケージ性が重要だと思うんです。
33
ろす@タコライス @lost_and_found
電書はウェブと同じ(キリッとかカッコよく言い切っちゃう言説をしばしば見るけど、パッケージの重要性が過小評価されている気がする。パッケージの重要性が将来的には徐々に低下してゆくし、ウェブに近づいてゆくとは思うけどね。
ろす@タコライス @lost_and_found
インターネットでテキストを読んでもらう方法なんて、ずっと以前から数え切れないほどあったよね。テキストファイル、html、PDF、word文書、ブログ、RSSフィードなどなど。だってテキストなんですから。
ろす@タコライス @lost_and_found
じゃあなんで今更『電子書籍元年』とか呼ばれて盛り上がってるわけ? 盛り上がってる人たちは何に期待しているの?
ろす@タコライス @lost_and_found
あるいは自分の本をデジタルでもいいから出版してみたい、と思っている人の欲求はテキストファイルを配布したりブログを書いたりすることで満たされていると思う?ブラウザで長文を読んでくれる人ってどれだけいたっけ?
ろす@タコライス @lost_and_found
書籍っていうのはパッケージだよね。外部から切り離された独立した文脈を持つようにテキストを束ねたもの。
ろす@タコライス @lost_and_found
パッケージがファイルのありかたを指すこともある。単一のファイルにパッケージ化されていれば、人間にも機械にも情報として取り扱いやすい。蔵書マニアのようにパッケージを所有することを重視する人もいる。パッケージには対価を払う習慣もある。これは重要。
ろす@タコライス @lost_and_found
EPUBなんかXHTMLをZIPで固めた「だけ」と言われるけれど、この「だけ」が意外と重要なんだと思う。仕様でいえば、テキストを束ねあげたりメタデータを付与したりするOPFとアーカイブ化するOCFね。
ろす@タコライス @lost_and_found
HTMLファイルを売ります、と叫んでも買う人は少ないだろうけど、EPUBの電書売ります、と言えばお金を払ってくれる人はそこそこ見つかると思う。この違いは何? 後者がパッケージ性を持つことじゃないの?
ろす@タコライス @lost_and_found
同人誌即売会でプリンタ用紙に印字したワープロ原稿を売るのと、製本して売るのとの違いをイメージしてみたらどうだろう。パッケージの体裁を与えずに販売する行為の持つ気恥ずかしさってあるよね。
ろす@タコライス @lost_and_found
思うに今の電書の盛り上がりを担っているのは、テキストを電子化する技術ではなくパッケージ化する技術なんだろうと思う。今までなかなか手の届かなかった書籍というパッケージを作る方法が、ようやく身近になってきた。パッケージの生産手段はフラットにオープンになりつつある。
ろす@タコライス @lost_and_found
パッケージに固執するのはややオールドスクールな感覚なのかもしれないけれど、電書の普及の上ではまだまだ重要だと思うのですよ。アンビエントとかクラウドとか別に否定したいわけじゃないです。そっちはそっちで大いに楽しむつもりでいますよ(キリッ
mryo0826 @mryo0826
金になりそうだからじゃないですか?(w QT @lost_and_found: じゃあなんで今更『電子書籍元年』とか呼ばれて盛り上がってるわけ? 盛り上がってる人たちは何に期待しているの?
ろす@タコライス @lost_and_found
以上、パッケージにノスタルジアを抱く僕の独り言。連投スマソ
當山日出夫 @htoym
@lost_and_found なるほど、電子書籍=パッケージ論。
ろす@タコライス @lost_and_found
それはあると思います。一方利用者側は何を期待してるんだろう RT: @mryo0826: 金になりそうだからじゃないですか?(w QT @lost_and_found: じゃあなんで今更『電子書籍元年』とか呼ばれて盛り上がってるわけ? 盛り上がってる人たちは何に期待しているの?
mryo0826 @mryo0826
手持ちの端末、あるいは安価に手に入れられる専用端末に部屋に積まれた本を押し込めたいって所ですかね? 値段に関しては何に付加価値を求めるかがあるので難しいかと QT @lost_and_found: それはあると思います。一方利用者側は何を期待してるんだろう
Satoshi Kojima @skoji
この近辺のtweetにはげどうRT @lost_and_found: 電書はウェブと同じ(キリッとかカッコよく言い切っちゃう言説をしばしば見るけど、パッケージの重要性が過小評価されている気がする。パッケージの重要性が将来的には徐々に低下してゆくし、ウェブに近づい…
Satoshi Kojima @skoji
電書とウェブは同じじゃないってのは、電子書籍部の活動でいろいろな面から実感している。
OE Waku 𛄊𛀬 @wakufactory
.@lost_and_found パッケージ化が重要というのは大いに同意。ただ電書の真価はその先にある。電子的にパッケージされたものは、紙ではできない価値を生み出す可能性を秘めていると信じます。
LUCY @iwafuchi
@lost_and_found パッケージの話興味深かったです。自分、書籍装丁をメインにしてるので、デザイン以外の括り方というか電子の拡張性に対して参入していく余地があるのか悶々としてるとこなので、、、
ろす@タコライス @lost_and_found
御意 RT: @wakufactory: .@lost_and_found パッケージ化が重要というのは大いに同意。ただ電書の真価はその先にある。電子的にパッケージされたものは、紙ではできない価値を生み出す可能性を秘めていると信じます。
當山日出夫 @htoym
@lost_and_found 逆に、大長編書き下ろし、一挙に出版、これも電子書籍の可能性かな。
ろす@タコライス @lost_and_found
リリースの自由度は高まるでしょうね。最初に発表してから、アプリみたいにアップデートで続きを書き足すのもありかも @htoym: @lost_and_found 逆に、大長編書き下ろし、一挙に出版、これも電子書籍の可能性かな。
當山日出夫 @htoym
@lost_and_found 永遠に未完の大長編とか……
mryo0826 @mryo0826
ミステリー系で小出しにリリースして少しずつ課金。いつになったら終わるか分からないとか(w QT @lost_and_found リリースの自由度は高まるでしょうね。最初に発表してから、アプリみたいにアップデートで続きを書き足すのもありかも @htoym
残りを読む(8)

コメント

ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2010年6月21日
「まとめサイトでタダで読めるのに書籍が売れた」とか「ニコ動のlistで全部タダで聴けるのにCD売れた」みたいな話を連想した。あと「話題の新書を買ったけど、内容がブログみたいで眉唾すぎる。もっと本の体裁を保ってると思った」みたいなクレームとか
まつきはじめ @No1497 2010年6月21日
パッケージ化された初の電子書籍って実はもう大半の人が持ってる電子辞書なんじゃないかなと思ってる。
野知潤一 TIAOBooks 発行人 @mao3mao3 2010年6月21日
RT @lost_and_found: 思うに今の電書の盛り上がりを担っているのは、テキストを電子化する技術ではなくパッケージ化する技術なんだろうと思う。今までなかなか手の届かなかった書籍というパッケージを作る方法が、ようやく身近になってきた。パッケージの生産手段はフラットにオープンになりつつある。
srbook @srbook 2010年6月21日
パッケージがiPadやキンドルではないのかと
ピコメン @picopicomen 2010年6月21日
電子書籍については、「電子化された本は紙の本よりも安くなる」と思い込まれている点を再度、考え直して欲しいですね。電子化だって人件費もサーバ費もかかるんだい!
雪ノ丞 @Yukinojo 2010年6月21日
電子書籍の利点って流通・維持コストだと思う。全国に書籍を運ぶ手間がなくなるし、サーバ維持費が掛かるって言っても、全国津々浦々に書店設けるよりは安く上がる。
雪ノ丞 @Yukinojo 2010年6月21日
個人から見ても、本棚の維持で月間1600円超の維持費(15㎡のワンルームを家賃5万で借りて本棚の底面積が0.5㎡場合)が掛かっていたが、電子書籍化した場合、携帯電話に本棚の役割を兼ねさせる事も可能(電子書籍に著作権保護技術が使われていない場合に限るが・・・)。
Shin Suzuki(すずき しん) @shinout 2010年6月21日
同様の内容を4月に書いていた俺の先見の明ときたら。 http://twitter.com/shinout/status/11940983860
gusuta.orz@reppiv @reppiv 2010年6月21日
#denshi ハッシュタグで電子書籍ネタをあれこれつぶやきあってます。多分2~3ヶ月前?辺りから盛り上がってる
as @as1_jp 2010年6月22日
「電車男」騒ぎを電子書籍でもう一度起こせ。 そうすれば電子書籍なんてあっという間に普遍のものになる。 メディア様(笑)のチカラをもってすれば、それくらい楽勝だろ。
Thoton Akimoto @thoton9 2010年6月22日
#denshi 電子書籍もウェブだし、新聞社のサイト(電子新聞)もウェブだし、ネットラジオもウェブだし、YouTubeもウェブだし、ブラウザ三国志もウェブだし、ツイッターもウェブだし、グーグルもウェブだし、GMailもウェブだし、グーグルマップも・・・全部ウェブだね。というのが、答えだね。
壽 かおり Kaori Kotobuki @kaoritter 2010年7月4日
電子書籍ならではのパッケージングでの付加価値がキーですよね。ソーシャルリーディングだとか、内容のアップデートだとか、詳細な読者像の取得だとか。
astrogrande @astrogrande 2011年1月31日
もう終わった議論なのかもしれないですが、ちょっと。 「議論を行う上での引用」という点から考えると、パッケージ化されていないと引用というルールが崩壊してしまうと思います。 引用は本に書かれている内容が変化しないという前提があるからこそ成り立っています。 書かれている内容が変わってないからこそ、著者の論理が組み上げられる。 もし、引用された部分が変わってしまったら、引用したほうの論理が崩壊してしまうこともあり得るわけです。