2012年5月26日

Studygift一連の騒動に対する佐々木俊尚さんの見解まとめ

Studygift一連の騒動に対して佐々木俊尚さんが連投していたのでまとめました。
7
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

Studygift問題について再度投げます。一連の議論を見ていて思うのは、個別包摂と社会包摂がごっちゃになってしまっていませんか?ということ。

2012-05-26 11:09:56
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

社会包摂とは生活保護などの公的扶助をはじめ、誰もが平等に享受できるセーフティネット。個別包摂は、個人的なつながりの中でのセーフティネット。

2012-05-26 11:10:12
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

隊長の「就学希望児童助成を軽いノリでやるな」という記事もそのひとつで、社会包摂としてはこの視点はそうだろうと思う。しかし個別包摂にまでそれを求めるのか?ということ。/家入一真さんの例の件で願うことなど: やまもといちろう http://t.co/DN4MTIyU

2012-05-26 11:10:26
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

個別包摂なんて、親戚のおいちゃんに金出してもらうのと同じレベルで、単にそれをネットのオープンな場所でやってるだけ。だから「出したい人が出せばいい」と私は書いたわけです。そういう家族単位、知人単位、ソーシャル単位の個別包摂集合体が、社会包摂を補完していく可能性があるから。

2012-05-26 11:11:33
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

だから個別包摂で、後から「なんだお前退学してたのか!」「男女関係からんでんじゃないの?」とかそういう話が出たとしても、おっちゃん(支援者)と姪(被支援者)の間で話せばいい話。「ほんまに復学する気があるのか?」「おまえ結婚しても学業続けられるんか」みたいな、そういうレベルの話。

2012-05-26 11:11:47
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

そしてこの社会的包摂と個別の包摂の混同は、実のところ河本準一氏の生活保護騒動にもつながっている。「息子が支援(個別包摂)できるのに生活保護受ける(社会包摂)のはけしからん!」と。

2012-05-26 11:12:05
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

河本氏にあなたは個別包摂を利用せよと求めている。だったらなぜStudygiftの坂口さんには個別包摂によって支援を受けることを許さないのか? 二つの問題はの根っこは、ここで実はつながっている。

2012-05-26 11:12:14
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

Studygiftは皆が見える場所でやってるからけしからん、目に入らないところでやってくれという意見もあるだろう。まるで全員に門戸が開かれてるように誤解させるのはどうか、と。だがこうした個別包摂でさえも可視化されてしまうのがネット時代の恐ろしいところだ。

2012-05-26 11:12:39
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

この可視化時代に、妬みや誹りや恨みの対象となるありようはそこらじゅうに可視化されている。今までは知らないで済んでいたことが、全部見えてしまう。これはある意味たいへん苛烈な時代だ。

2012-05-26 11:12:49
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

しかしこのような個別包摂の試みは今後も次々出てくるだろう。個人間送金が簡単になればさらに加速する。私はその多様化は社会包摂を補完するありかたとして否定すべきでは無いと思う。今回のStudygiftは拙速なのは事実だが、そういう試みの最初の小さな一歩にすぎない。

2012-05-26 11:13:58
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

ネットを活用した個別包摂のセーフティネットに対して「うまくやりやがって」「詐欺だ」と怒る人たちは今後も増え続けるだろう。それは避けられない。たとえばこの記事などが典型だ。/仮に僕膣と学籍詐称が無くてもstudygiftは駄目だよな http://t.co/9Y0Ia9ce

2012-05-26 11:14:15
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

無償のリスペクトが応酬されているだけの評価経済社会に留まっていれば、問題は起きなかっただろう。だが評価経済と貨幣経済が結びつくことで、評価=カネということが実現してきている。これは大きな波紋を投げ掛ける。

2012-05-26 11:14:27
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

すべての人々が平等に包摂されるような時代は最早やってこない。そういう包摂は戦後社会でも平等幻想でしかなかったが、その幻想さえも剥ぎ取られる時代になってきている。

2012-05-26 11:14:40
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

だからこの手の問題への怨嗟は今後もなくならないだろう。しかし怨嗟としてでなく、社会的包摂とは何かということをもう一度考えなければならない時期に来ている。

2012-05-26 11:15:05
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

自らを助ける者が助かるだろう。しかもその「助かる」有り様は見えてしまっている。だったら自らを助けられる者だけが助かればいいのか? そして、自らを助けられない者をいったい誰が助けるのか?

2012-05-26 11:15:21
佐々木俊尚 @sasakitoshinao

これはコミュニタリアリズムとリバタリアニズムの対立にも繋がってる。だからここから本当に真っ当な政治哲学的な議論が始まるのかもしれない。そう期待したいけど。

2012-05-26 11:15:32

コメント

hatano @_hatano_ 2012年5月26日
拙速というとMorphyOneの一件( http://ascii.jp/elem/000/000/331/331887/ ) を思い出すのだが、無能であることは詐欺にならないってことで共通するのかなあ。
0
Sebastian KOBAYASHI @Dongpo_Jushi 2012年5月26日
いや、流石に、オープンに支援を募ったんなら公開情報に虚偽があったらあかんのとちゃうか?
7
Hinagiku @hinata_p 2012年5月26日
公的支援か私的支援かの違いということかな。問題はそこでなく、私的支援でもwebを利用して外部に求める限り、そこには発信する側に透明性と十分な説明責任があるのではと思う。それはwebというツールの信頼性にもかかわると思うのだけど。そして今回、それが十分でなかったと感じる。
2
Hinagiku @hinata_p 2012年5月26日
<コミュニタリアリズムとリバタリアニズムの対立にも繋がってる。>問題はもっとシンプルで、コミュニティの一員として(コミュニティ内のものか普遍的なものかはともかく)倫理を守ることと、個人の自由を尊重することといった政治的主張の違いには至らないと思う。賛成できない。
0
rusty clips @rusty_clips 2012年5月26日
ネット公募により生じた関係、それもHPにあるように特定商取引法に基づき生じた関係を身内関係と同様の「個別包摂」に含めるのが乱暴。そもそも評価だから、というのであればすべての消費行動がそう。この論は「おいちゃんと姪だけが話せばいい」と応募者を孤立させ泣き寝入りを促すところが特にひどい。
0
rusty clips @rusty_clips 2012年5月26日
彼の論に従えば募金詐欺 http://goo.gl/m4yaF は詐欺に含まれないのかもしれないね。
0
紙の男 @John_Doe_0774 2012年5月26日
案の定佐々木氏を煽りにいったバカがいて、それに対する佐々木氏のRT内容を見て、なんだ佐々木氏はなんJもいけるのかと空目した自分の感想としては「おお、もう・・・。」以外になし。いろいろ絶望するなあ。
0
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年5月27日
studygiftに関する是非は(ネット公募で資金集めをするに当たっての)不備や欺瞞に対する是々非々であり、公的か私的かどうかを争った批判を見た覚えがないのだが。誰かこの佐々木氏の弁に沿うサンプル例を例示してくれ。
1
電波猫 @dempacat 2012年5月27日
「個人的なつながりの中でのセーフティネット」「個別包摂のセーフティネット」って、それはセーフティネットなのか?
0
電波猫 @dempacat 2012年5月27日
"だったらなぜStudygiftの坂口さんには個別包摂によって支援を受けることを許さないのか?" って、誰がそんなこと言ってるんだ? 学業支援がとか、セーフティネットがとか、わけわからんこと言う人のせいで叩かれてるの。
0