2012年6月14日(木)原発被災者支援法に関する審議~参議院東日本大震災復興特別委員会

東京電力原発事故の影響で被ばくした子どもや妊婦、被災者の避難の権利や生活支援、健康検査などについて定めた「子ども被災者支援法」の審議まとめ
政治 チェルノブイリ法 原発 原発被災者支援法
20
満田夏花 @kannamitsuta
まもなく、原発被災者支援法に関する審議が、参議院東日本大震災復興特別委員 会ではじまります。日本版チェルノブイリ法ともいえる法案。 多くの議員や被災者、支援者、私たちの思いがこもった法案です。 http://t.co/IUMclBWC
SAFLAN事務局 @SAFLAN_info
玉置一弥新委員長による議事進行が続きます。与野党合意に基づき、与野党の合意した新しい法案が、改めて復興特別委員会に提出されました。これから趣旨説明です。
満田夏花 @kannamitsuta
正式名称は、「東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進関する法律案」 谷岡郁子議員、森まさこ議員、川田龍平議員、吉田議員などがご努力されました。
満田夏花 @kannamitsuta
提案者を代表して、自民党の森まさこ議員が趣旨説明。
満田夏花 @kannamitsuta
内容:一定の基準以上の地域に居住している住民、避難した人を被災者とし、情報の提供、居住・他の地域への移動、帰還を自らの選択として行う、このことを支援していくもの。
満田夏花 @kannamitsuta
外部被ばくおよび内部被ばくに伴う被災者の健康上の不安が早期に解消されるように
満田夏花 @kannamitsuta
被災者に対するいわれなき差別が生じることがないような配慮
満田夏花 @kannamitsuta
特に子どもが放射線による健康編お影響を受けやすいことを踏まえ、その健康被害を未然に防止されることを含め、子ども・妊婦に対して特別の配慮を
満田夏花 @kannamitsuta
医療の確保、学習の確保、子どもへの支援
満田夏花 @kannamitsuta
避難した人には住宅確保、就業支援、地方公共団体による役務の提供を円滑にうけることができる措置
満田夏花 @kannamitsuta
子どもである間に一定の基準以上の地域に居住したことがあるものに者に係る健康診断については生涯にわたり実施されることとなるよう必要な措置
満田夏花 @kannamitsuta
谷岡議員が答弁。経緯。与党:生活支援法、野党:子ども保護、これを統合。
満田夏花 @kannamitsuta
がんばれ谷岡さん。与野党案の統合。原発事故を踏まえた被災者の生活の支援と、子どもの保護、両方の理念を統合。与党案の、一人ひとりの自己決定権をささえるための施策、野党案の子供への特別の配慮、それぞれを生かした。
満田夏花 @kannamitsuta
第13条、子ども・妊婦の医療の減免は被災者による証明はなし。
SAFLAN事務局 @SAFLAN_info
質疑が始まりました。民主党の米長議員が質問しています。「修正案のポイントを端的に。」
満田夏花 @kannamitsuta
人々の間のみえない溝を埋める努力。
SAFLAN事務局 @SAFLAN_info
谷岡郁子議員が答えています。「与党案、野党案で力点が異なっていたが、これを統合した。子ども妊婦への特別の配慮(野党案)、指定地域からの移住・移動・帰還について、自らの意思で選択することを支援する、自己決定権を支える(与党案)。良いところを統合した。」
満田夏花 @kannamitsuta
福島の復興特措法とのすみわけについての質問。 増子議員:特措法は「福島」という地域を対象。こちらの原子力被災者支援法は、「被災者」を対象としたもの。福島の住民には限定していない
SAFLAN事務局 @SAFLAN_info
続いて質問。「福島特措法との違いは?」増子勝彦議員答弁。「特措法は福島という地域の再生支援。今回の法律は被災者そのものの生活の支援。」
満田夏花 @kannamitsuta
福島特措法とあいまって適切な施策が推進できる。 質問:カバーされるみなさまの責任の所在は? 荒井議員:生活上の不安をかかえている人は、東電の損害賠償の対象となるかどうか明確ではない人も。支払上の問題から、苦労している人も。このような実態を踏まえ、国として責任。
満田夏花 @kannamitsuta
金子議員:被災者支援に関して与野党がだした知恵がまとめられた。被災者に対する思いが一致。とりまとめ協議は話し合いの中ででた新たな知恵も。家族が分断された家庭への支援など。
満田夏花 @kannamitsuta
金子議員:法律で、被災者が自らの意思で、居住、移住、いずれの選択についても支援が得られる。心の垣根を取り除く。子どもをもつ親に安心感。一方で、これで十分では思っていない。
SAFLAN事務局 @SAFLAN_info
質問「この法案の中で強調したいポイントは。」金子恵美議員答弁「被災者一人一人が、居住・移動・帰還についての選択を自らの意思によって行うことができるということを法律で明確にしている点。健康上の不安・生活上の負担の軽減、異なる選択をした被災者の間の心の垣根を乗り越えるてだて。」
満田夏花 @kannamitsuta
第13条第3項:子ども・妊婦の医療費の減免についての質問: 谷岡:際限のないものではない。日本の財源もある。しかし、必要な医療や減免措置が圧倒的に不足している。福島県外で被災されている人も。放射性物質、生活の激変によって生じた疾病は最大限対象に。
SAFLAN事務局 @SAFLAN_info
質問「医療費の減免は無限定に拡大しないか。」谷岡議員答弁「無制限な拡大ではない。現状、当然支払われるべきものが支払われていない。これをカバーする。」
残りを読む(66)

コメント

so sora @sosorasora3 2012年6月15日
●「原発事故被害者の命と暮らしを守るための署名」 http://goo.gl/E23w0 ●同法案の早期成立と年1mSv以上の地域に必要な支援を求める内容です。 ●中間提出18日(月)9:00まで、ぜひ!http://kodomozenkoku-news.blogspot.jp/2012/06/14.html 名前と都道府県名だけでも可。1分。