#skrdsn

@CK_Ariaze さんの #skrdsn をまとめてるものです。 更新していくお 番外編→「桜田さんと愉快な羽根つきたち #skrdsnhttp://togetter.com/li/333061 も、どうぞ
羽根っ娘 さくらださん はねっこ 黒ロン黒羽根っ娘 桜田さん
RS_raphop 11320view 0コメント
41
ログインして広告を非表示にする
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-23 15:35:35
    桜田さん:ちょっと弱気な黒髪黒羽根っ娘。学生らしい。 嵐の日に主人公のベランダにいたところを助け、一夜を明かす。 恩返しのために定期的に主人公のもとに通うようになる。 主人公の提案により、住み込みで家事の手伝いをするようになる。 #skrdsn
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-28 02:17:58
    主人公はだいたい定時で帰れる勝ち組社会人だよ
  • リンク via.me photo はい。 
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:05:36
    こんこん なんだろう、窓から妙な音がする。何か飛んできた看板か何かが当たっているのだろうか「……い、します…・・・」 声が聞こえる。「入れてください、お願いします」間違いない。窓の外から聞こえる。カーテンを開けるとびっしょり濡れた女の子がベランダに立っていた。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:10:38
    「あの、お部屋に入れてください、お願いします!」 言われるがまま、窓をあけると女の子は僕の部屋に飛び込んでくる。 そしてようやく僕は彼女が二階のベランダに立っていた理由を理解した。 髪と同じ、漆黒の翼がその背にあった。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:16:04
    彼女の体、着ているもののいたるところからぽたぽたと水滴が垂れ、あっという間に床に大きな水たまりをつくる。 「あ、あ、どうしよう……すいません、床濡らしちゃっって……」 彼女はわたわたと拭くものを探すが、見たところ彼女の持っているものはすべてびしょびしょに濡れているだろう。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:18:30
    「とりあえず、タオルと雑巾持ってくるから」 洗面所に駆け込み、バスタオルを二枚と雑巾を何枚かバケツにぶち込んで部屋に戻る。 彼女はどうしたら良いのかわからないようで、怯えた視線で僕の部屋の中を見回していた。 「はいどうぞ」 「あ、ありがとうございます!」
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:23:52
    彼女が体を拭く様子を、僕は黙って見ていた。 体に触れるのは失礼だろうし、嫌がられそうなのでやめた。 「あ、あの……」 彼女は体をあらかたふき終わると、恥ずかしそうにまだ使っていないバスタオルをこちらに差し出す。 「羽根の……後ろ側……ふいてもらえますか?」
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:27:55
    最後の方はほとんど聞きとれなかった。 「わかった」 そう言うと彼女の後ろに回り、羽の付け根にタオルを軽く押し当て、端に向かってゆっくりと滑らせる。 濡れていると真っ黒に見えていたが、タオルで拭くと単純な黒ではなく、紫や緑や青の入り混じった複雑な色であることがわかった。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:31:39
    「綺麗だなぁ……」 「えっ?」 うっかり口からこぼれてしまった言葉に彼女が振り向き、視線が合う。 吸い込まれそうな深い藍色の瞳だった。 「あ、いや……綺麗な羽根だなって」 「ありがとう、ございます……」 気まずい沈黙。 左の羽根にタオルの乾いた端を押し当てる。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:37:38
    「はい、拭き終わったよ」 「どうも、ありがとうございます」 彼女は姿勢を正してお辞儀する。 「じゃ、そこちょっとどいてくれるかな? 今床を拭くから」 「……ぅ? あぁー! すいません! ごめんなさい!」 水たまりの存在を思いだした彼女は慌てて飛び退く。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:41:18
    「……ふぅ」 床を拭き終わった雑巾をバケツに放り込み、洗面所に戻す。 「で、君はなんで僕の部屋のベランダにいたの? っていうか……どちら様?」 冷静に考えると実際怖い。こんな嵐の夜に背中に羽根の生えた女の子が僕の部屋にいる。 そして僕に有翼人の知り合いはいない。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:52:59
    「え、えーっとわたし、こういうものです!」 彼女はこれまたびっしょり濡れたトートバッグから手帳を取り出して僕に渡す。 「桜田……かなめさん? 学生なんだ」 「はい」 手帳に挟まれた学生証には『普通科2年 桜田 かなめ』と書かれている。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 22:57:01
    「で……桜田さんはなんで僕の部屋に?」「えっと、学校の帰りに……風に煽られてしまって、私飛ぶの得意じゃなくて……えっと、その……」なんとなく彼女が言いたいことは分かった。学校の帰りに風に煽られて着地もままならず、とりあえず僕の部屋のベランダで風が落ち着くのを待っていたのだろう。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 23:02:06
    「くしゅん!」 手帳を返そうとした時、彼女は全身を震わせてくしゃみをした。背中の羽も大きく広がる。 「あ、体冷やしたらまずい。シャワーとタオル使っていいから!」 彼女を風呂場に案内して部屋に戻る。何で早くそれに気づかなかったんだろう。 つくづく気の回らない自分に嫌気が差す
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 23:07:16
    いすに座り、桜田さんが出てくるのを待つ。 やがて断続的に聞こえていたシャワーの音が止まり、扉の開く音がした。 「あの……」 扉から顔だけを出した桜田さんが不安そうな目をこちらに向けてくる。 「何か……羽織るものでいいので、貸していただけませんか?」
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 23:12:15
    「え、えーっと……とりあえず、これ!」 そう言ってなるべく彼女の方を見ないようにしてワイシャツを渡す。首のサイズを間違えて買ったせいでほとんど着ないで畳んでおいたものだ。 「ありがとうございます!」 桜田さんはひったくるようにワイシャツを受け取るとドアの向こう側に引っ込む。
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 23:17:26
    「あ、あのう……」 再びドアが開き、桜田さんがドアを盾に僕を呼ぶ。そういえば僕の名前は教えてなかったな。 「化していただけるのは嬉しいんですけど、羽根が引っかかちゃって、着れないんです……」「あぁ、いいよこれで切っちゃって。どうせ着ないから」 さっきと同じようにハサミを渡す
  • CK/旧七式敢行 @CK_Ariaze 2012-06-19 23:22:44
    ちょきちょきと、ハサミの音がしばらく続き、ドアの向こうから小さく 「できた!」 という嬉しそうな桜田さんの声が聞こえた。ドアが開き、桜田さんが入ってくる。 「ありがとうございます! 羽根を通す穴、出来ました!」 そう言うと彼女は嬉しそうに僕の前でくるりと回ってみせた。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー