国旗に関してのトーク

まとめました。掲載させていただいたTwに問題があれば対応いたします。
国内
18
Mami Tanaka @mami_tanaka
日の丸の意味するものがいかに人によってまちまちかは、学校がここ数年まさに目撃してきたことなんだけど、抗議活動という別の場面での日の丸をきっかけに、その「まちまちである」ことに今さら驚いている人が大勢いるのを見るにつけ、だから強制は少なくとも時期尚早でしょうと思う。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 先生のおっしゃることもわかりますが、国旗が国民の間で定まらない国も珍しいとは思います。気に入らない人もいるでしょうが、国のシンボルは大概どこの国も尊重するので。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon 先生は(皮肉の意図でなければ)どうかやめてください。国旗は法律で日章旗と定まっています。それに敬礼を強制するということは「大概どこの国でも行われている」ことではありません。
Mami Tanaka @mami_tanaka
私の日の丸観は、日の丸は日本という国の過去も現在も含めよくも悪くもまるっとニホンそのもののシンボル、というもので、お子様ランチのてっぺんに乗せるなら星条旗より日章旗程度に日の丸びいきだ。さらに君が代を歌うこと自体にも抵抗はない。しかし聞きたくない人の前で歌う気はさらさらない。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 了解しました(^^;) 。私が国旗が国民の間で定まっていないと書いたのは、教育現場でももめている(ようにみえる)、ということです。信教の自由が認められない国も少なくない中で、自由すぎるようにも見えます。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon 教育現場で揉めているのは、日章旗を国旗として認めるかどうかではなく、それへの敬礼を強制することの是非です。それが「日の丸を否定するのは日本を否定することだ。嫌なら出て行け」のような無茶苦茶な圧力と結びつくことを大変危惧しております。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 強制というと言葉が強いですが、国旗に敬意を表するのは世界の常識です。敬礼したくないという理由を教えていただけませんか?
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidonさんがおっしゃっている、世界の常識とは、例えばどの国でどのような場面でどのような敬意の表し方が「強制」されているのでしょうか。そもそも、強制されて「敬意」が持てるのでしょうか。理由をお尋ねですが、私は無条件に敬礼したくないわけではありませんからお答えできません。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon 「ここで敬礼しろ、さもなくば不利益を被ることになるぞ」と脅されたら、敬礼したくありません。私は自分の敬意を自分の意思でしかるべき形で表明したいと思いますし、強制された場で敬礼すると、まるでやらされてやってるように見えるのでとても不愉快です。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 私見ですが国旗に関する法令は、それまで法制化しなくても常識的に行われていたことが機能しなくなったことによると思います。つまり、学校の先生(の一部)が生徒の前で(おそらく堂々と)敬礼をしなくなった積み重ねがあるのではないでしょうか。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon いえ、そもそも法令化以前に入学式や卒業式で壇上に日の丸が掲げられることはありませんでしたので、「敬礼する場で敬礼してない教師」というものも存在しませんでした。
Mami Tanaka @mami_tanaka
他の多くの「先進国」(あるいは多くの移民を受け入れている国々)で現在そうであるように、昔の日本では学校で国旗を掲揚して敬礼を強制するような場面はなかった。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka え? 今の日本では入学式や卒業式で日の丸が掲げられてないのですか?私の世代(渡辺篤郎くらい^^;)はずっと日の丸が掲げられていたけどなあ。ずっと公立でしたけど。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon 今は強制されていると書きました。東京と京都の事例です。私が生徒だった80年代にはなかったです。国立中学校でしたが、なかったです。アメリカではいかがですか。
Mami Tanaka @mami_tanaka
オリンピックなど対外国の場では日の丸の持つ意味が分かりやすい。要するに内集団の外集団に対する区別だ。学校の制服も社員章もそういうもので「一員であること」の表明だ。国内で日の丸を用いるときも、もちろん同様に「一員であること」を表明している。だからそれは政治的なのだ。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 国立中学で日の丸が掲げられていなかったのですが。。。アメリカは国旗と州旗、学校旗がセットです。メジャーリーグやフットボールの試合前には国歌を全員で歌い、そのときは販売店の店員もモニターをみながら直立不動になります。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon 卒業式で国歌を歌わなくて直立不動にならなかったら罰せられるのですか?フットボールの試合は自由意志で行くものだから別の話ですが。
Mami Tanaka @mami_tanaka
日の丸が象徴する「日本」に絶対的敬意を強制される、絶対的服従を強制する。「日本」=「国」と解釈されると、「国がメルトダウンしてないって言ってるんだからしてるわけない」「国が安全って言ってるから1Sv/年までは安全」「国の言うことを疑うのか?」...いろいろ便利なのは分かる。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 私が書いたのは、国民の間で国旗や国歌が溶け込んで常識化(血肉化)している例です。もちろんそうしない人も、中にはいるでしょうが、礼式の場でそんな様子をみたことはほとんどないのです。良くも悪くも争いに勝ってきた国としての印象を持ちました。
Mami Tanaka @mami_tanaka
私が問題にしているのは、強制するということのみ。相手が誰であろうとその人のアイデンティティを尊重するのは当たり前の話。自分の由来を大切にするのも当たり前の話。尊敬の気持ちをどう育むか、はきちんと考えたほうがよい。一般的にいって暮らしやすい国の国民は自分の国に愛着を持つだろう。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 私は海外に出て、日本は自由すぎて溶解してしまうのでは、と危惧を持つようになりました。国家への忠誠心というのは日本では嫌われる言葉かもしれませんが、米国では常識なのです。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon ではこの議論は終わりです。国旗や国歌が溶け込む手段は「強制」ではありません。私は最初に「国旗の意味さえ共有されてないのだから強制は<少なくとも>時期尚早」と書きました。何に敬意を払っているかすら知らずに敬意を払う練習をする。馬鹿馬鹿しいし、有害です。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka 了解しました。強制はともかく、学校の先生として、なぜ国家や国旗に敬意をはらわなければいけないか、を丁寧に教育されているのであれば問題ありません。今の日本で、上記の教育はされていないことの方が多いだろうという印象は持っています。
Mami Tanaka @mami_tanaka
@Todaidon 米国でいろいろなことがそれほどうまくいっていると考えていません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon
@mami_tanaka もちろんそうです。ただそんな気風がなければ、多様性のある人々の集合体である国としては成り立たないと思っています。先日の独立記念日の祝い方も、植民地の状態から独立と自由を勝ち取ったという意識が日本と違うのですね。日本は平和なのでしょう。。。
残りを読む(47)

コメント

森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
このトークをまとめて思ったのは、国旗と同じようにシンボル(象徴)として日本国憲法に書かれている天皇陛下について、今の学校でどのように教えられているか、ということだ。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
mamiさんがいうところの国旗と同じく、陛下に敬礼するのもしないのも『自由』と考える人が多いのだろうか。。。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
そもそも『シンボル』という言葉は、吉田茂の側近だった白洲次郎らが日本国憲法の草案(英語原版)を苦労して訳したものらしい。Respect(敬意)のないSymbolはそれがあった時の世代がいなくなれば
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
ほどなく形骸化して、無味乾燥なものになってしまうだろう。
Mami Tanaka @mami_tanaka 2012年7月15日
最後から三つめのツイートでTodaidonさんは「強制はともかく」と書かれています。私は強制の是非についてしかお話ししておりません。熱く議論したという思いはなく、終始論点がすれ違ったままだと認識しておりますし、この話題でTodaidonさんとこれ以上意見を交換する必要も感じません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
コメント有難うございます。私が思ったのは、学校現場で国旗の敬礼に関して、強制をすることなく、そうするようにコントロールできるかどうか?ということです。そこで大多数が同じ行為をする雰囲気が醸成されていればよいですが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
自由参加の野球でさえ、米国のようにほぼ全員が立ち上がって国旗に向かって国歌を口ずさむ環境でない日本で、しかも「国旗の敬礼は自由で」というような指導なら、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
各自がバラバラで『学級崩壊』のような状態になるのではないでしょうか。国立中学でさえ、卒業式などに国旗を掲揚していない学校が80年代にあったというのは驚きでしたが、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
そのようなエピソードの積み重ねが、法定化による「強制」であったとすればやむを得ないと私は考えます。正直、国旗でこれほど議論になるのは珍しい国であることは間違いないと思います。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
いずれにしても、私にとっては有意義なトークでした。一部、生意気な発言があったかもしれませんが(^^;)どうぞご容赦ください。それでは。
どどど @darkboysandmen 2012年7月15日
あたしの親は「日の丸」の下でたくさん日本人が死んでいったからヤダって言っていた。国旗は戦場において殺戮の印。記号としてあってもいいが、記号を愛する気はない。あたしは国は愛しているが国家主義からは距離をとりたい。愛は強制からは生まれぬもの。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
なるほど。日の丸は嫌という方々は、戦時中を連想するからという理由が多いようですね。ただ日の丸が誕生したのは幕末~明治にかけてであり、デザインが気に入らないというなら公募をして変えようというような運動をされない限り、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
強制されるのは嫌というのも大人げないと考えます。もちろん、強制することなく国旗に敬意を払う文化が醸成されているのなら問題ないでしょう。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
私は、そのような世代が他界して、国が『学級崩壊』のようになりつつあるのではないかという危惧があります。
Mami Tanaka @mami_tanaka 2012年7月15日
「日本は何やらとても甘い」という情緒的な現状への不満と「強制せずに国旗に敬礼するようコントロールする」為政者の立場の願望が、私の問題提示に答えることなく吐露されています。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
なお、私は日章旗を肯定していますが、国民の過半数がデザインを変えたいと願い、新しい国旗を制定されればそれに従います。どのようなデザインものであっても、国旗を敬礼することは世界の常識だし、その習慣が学校でさえ根付かないのなら強制もやむを得ないという意見です。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
@mami_tanaka もう少し議論を続けますか(^^)? 「日本は何やらとても甘い」というのは世界で宗教弾圧が行われている国も少なくない中で、国旗に関する議論は活発なことからの印象(=すごく平和だなと)です。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
次に「強制せずに国旗に敬礼するようコントロールする」というのは、学校での勉強や掃除、日々の活動、とも置き換えられます。少なくとも国旗に関しては法定化しなければ学校側が生徒をコントロールできない(ないしコントロールする気がない)と判断されたということではないでしょうか。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
コントロールという言葉に違和感があるのであれば、教導や薫陶ともいえます。その文化が醸成しているうちはあえて学校で教える必要はないかもしれません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
(補遺)おそらく、まみさんは学校の先生として、日章旗(日の丸)について様々な考え(主に強く否定する立場の)父兄や同僚の先生に直面されてきたのだろうと感じました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
(補遺2)そこで可哀そうなのは板挟みになる生徒、ないしその混乱に乗じて反抗的態度を取る生徒なのでしょう。あくまで想像ですが、不毛ともいえるとの問題を回避するために、日章旗が法定化されたことで、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
(補遺3)実はほっと安堵された先生も少なくないのでは、と推察します。まみさんはお優しいので、そこで日章旗に敬礼をしない生徒や先生が不利な立場にならないようにと、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
(補遺4)配慮されていることが文面から伺えました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月15日
(補遺5)それにしても、国立中学の入学式と卒業式で国旗の掲示がなかったというのは驚きでした。調べたら面白いエピソード(校長先生の考えなど)が浮かび上がりそうですが、そこまでしません。興味ある方はぜひ。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年7月16日
Todaidon 私は、小・中・高・大学と国立でしたが、入学式でも卒業式でも、国旗の掲示はありませんでした。そもそも、国旗というものが、まだ日本に存在しなかった。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年7月16日
AtsuTam 生まれ育った広島県の旗はかろうじて知っていますが、県の歌は知りません。いま住んでいる東京都の歌も旗も知りません。
田村淳彦 @AtsuTam 2012年7月16日
明治維新が「藩」から「国」へと帰属意識が遷移するものであったように、いまは「国」から「地球」への帰属意識遷移期だと、わたしは観ています。その過程では、ちょうど幕末に「藩」単位での結束・対立が強まったり弱まったりしたような紆余曲折があることでしょう。
笛吹斑(うすい まだら) @chervbim 2012年7月16日
大日本帝国は侵略戦争で大勢殺した揚げ句コテンパにやられたわけで、沖縄なんか集団自決の強制まであった。ドイツでは鉤十字もレイシズムも法律で禁じているのにいま日本ではドイツで言うところの鉤十字を強制してるようなもので、それに抵抗を感じる人間がいて当然だと思う。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@AtsuTam さん、貴重なお話しをありがとうございます。私が日本の小学校、中学校で体験したのは、入学式と卒業式には必ず日の丸が中央にあって、校長先生が祝辞の前に丁寧にお辞儀したのを覚えています。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@AtsuTam 日の丸については、授業で国旗を作図する時間がありました。そこで正確な円を作図することや風になびくことを計算して中心がわずかにずれていること、デザインとしては
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@AtsuTam トリコロール(三色旗)がほとんどだった国旗の時代に、白地に赤丸というシンプルながら大変優れたものが幕末に考案されたこと、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@AtsuTam 赤丸は太陽を表現しており、太陽神である天照大神や聖徳太子の『日出るところの国』を想起させること、を習いました。学校でのキャンプや研修では国旗掲揚係になったこともあります。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@AtsuTam 今から思えば、当時も日の丸に反対する学校の先生や父兄もおられたのでは、と思いますが、校長先生がうまく治められていたのではと思います。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@chervbim さん、ハーケンクロイツはナチスが考案した旗で彼らの象徴ですが、日章旗は上に書いたように幕末からの歴史があります。侵略戦争については反省すべきですが、アジアから来た留学生や移民の方と話してみると、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@chervbim 日本の侵略以前に百年以上も西欧諸国の植民地としての時代の苦悩を彼らは背負っており、日本の侵略が結果的にではありますが、彼らの独立につながったということに好意的な意見を語ってくれることも多いのです。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@chervbim もちろん結果論から日本の侵略が免罪されるわけではないですが、歴史はいろんな角度から眺めてみると全く違う情景が浮かんできます。最後は話がそれましたね。失礼しました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
(まとめ)このまとめで、まみさんの学校の先生としての貴重なお話を伺うことができたが、私の学校時代を振り返ると、『先生から知識として教えられた』こと以上に、学校の先生が国旗や国歌を大切にする姿勢を目の当たりにしたことが印象に残っている。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
(まとめ2)まみさんの話によると、「君が代」については好き嫌い以前に評価不能ということらしい。学校の先生がそうであれば、生徒に国歌の大切さを教えることは不可能だ。決してまみさんを責めているわけではなく、今の学校の先生の正直な感想のひとつなのだろう。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
(まとめ3)『学校は、何でも屋ではない』との御意見もよくわかるが、Minimum requirement(最低限の知識・教養として)、外国人に日本の国旗と国歌の意義を説明できるようには教育してほしいと思う。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
(まとめ4)今のままでは、外国人から『日本人は自国の国旗や国歌のこともよく知らない』と揶揄されるようになる時代も近いんじゃないかな。外国から軽視された国がどういう運命を辿るか、想像できる人は歴史をよく学んだ人だと思う。
シベリア 小晴 @siberiakoharu 2012年7月16日
京都市民が君が代を歌えないのは、有名な話しで 学校で教えないので歌え無い 共産党が強い地域では、そのような傾向だったようで。 自信のイデオロギーを教育に持ち出すのはどうかと思いますし、国旗や国歌を教える事は教育であり強制では無い
シベリア 小晴 @siberiakoharu 2012年7月16日
国旗、国歌を強制する事より、国歌、国旗を教えない方のが醜い行動だと思うが
シベリア 小晴 @siberiakoharu 2012年7月16日
mami_tanakaさんは、京都の人のようで 学校で教えない地域ならではの思考であると思います 国歌、国旗の強制を批判する前に、まず国旗、国歌を教えない事が批判される事だと思う
nekosencho @Neko_Sencho 2012年7月16日
もうあっさりと新国旗を何か決めてやればええんちゃうの? 日の丸だって朝敵のしるしだった時期もあるって話を聞いたぜ?
Mami Tanaka @mami_tanaka 2012年7月16日
Todaionさん、私が評価不能と書いたのは君が代のメロディ自体を音楽として好きとも嫌いとも何とも言い難いということです。昨夜音楽評論家の健太郎さんのいくつかのツイートを大変興味深く読ませていただきました。
Mami Tanaka @mami_tanaka 2012年7月16日
メロディが素晴らしいからよい国歌であり、メロディに馴染めないから国歌としての意味が劣る、ということではありませんから、そのことを以て私の「国歌の大切さ」の見解を評価しないでください。
松嶋淳理 @BFJgroup 2012年7月16日
国旗国家って教えないと浸透しないんだァ~(大笑) 国旗国歌っていうならそんなことしなくとも誰でもわかって当然でしょ! 日の丸君が代は既にそんな人気しかないのっ! それをわかってるから強制する勢力は必死なの! 今の日本人は国旗だけぢゃなく(組合政党とかとか含め)旗ごときに愛着なんって無いの! むしろ旗立てること自体”空気よめない”のっ(大笑
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@mami_tanaka 了解しました。失礼の段、お許しください。まみさんは日本の国旗と国歌の大切さを自らの姿勢で生徒に伝えられていると思います。
松嶋淳理 @BFJgroup 2012年7月16日
>日本の国旗と国歌の崇高さと敬意←魂が自立してないよっ 先生が教えたり・伝えないといけないの?崇高だとか敬意とかは個人個人の判断でしょ!先生が画一に教えること自体国旗国歌に不誠実だし・”天皇に対して不敬”ですっ
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
日本の国旗と国歌の崇高さと敬意⇒~の大切さ、に表現を変えました。国に関連する教育は学校で行ってほしいと思います。私の世代までは学校の先生(校長、教頭先生)のほか、祖父母の世代からの文化が根付いていました。ご存命なら90~100歳近い世代です。
松嶋淳理 @BFJgroup 2012年7月16日
>祖父母の世代からの文化が根付いて←こう自称保守陣営の人が言ってることって。。。明治以降に作られたことが多いのよねぇ~
松嶋淳理 @BFJgroup 2012年7月16日
わかっとらんわ(笑) 大切か否かなんてのも個人の判断!それも強制よ! そんな時代からそうでもしないと広まらなかった曲や旗なだけ 天皇への不敬罪にかわりない
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@BFJgroup 天皇陛下への不敬罪とはどういう意味か、教えていただけませんか?
ふたのき @futanoki- 2012年7月16日
確かに日本の世の中は、いじめや差別、排除のような深刻な問題を抱えていますが、世の中のみんなに対する親しみや尊敬をも捨ててしまったら、日本の世の中は文字通り荒廃と修羅の世界になるでしょう。同じこの国に生きる人々、自然が好きだから国旗も揚げるし国歌も歌います。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@BFJgroup もう一点。『個人の判断』ということですが、国旗や国歌について教えるときに、例えば小学生にもその是非の判断を委ねるということですか?
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
「不敬罪」の話が出てきたので一言だけ。@BFJgroupさんのご指摘は,国旗や国家に対して敬意を払う行為は,そもそも強制になじむものではないとのご趣旨だと思います。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
法的な意味の「不敬罪」については,次のとおりです。戦前には日本にも不敬罪の条文が存在し,天皇,皇族,神宮,皇陵に「不敬ノ行為」をなした者に対して懲役刑が規定されていましたが,戦後まもなく廃止されました。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
一般に不敬罪は,思想・良心の自由,表現の自由に対する過度の制約となるのみならず,構成要件が不明確で権力者の恣意的な適用の恐れが高いためです。この理由から,現在では,日本のみならず,ほとんどの国で廃止されています。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
このような法律的観点からしますと,皇族の方,そして国旗や国家に対する敬意や敬礼を,道徳のレベルを超える義務として捉えることは,戦前の不敬罪の復活につながりかねないため,とても賛成できません。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@TAKASHIMA724 御教示を有難うございます。このまとめは、まみさんをはじめ学校の先生方が、「強制」に反対されているようですが、現行法で式典などで生徒が国旗に敬礼しなかったからといって、罰則規定は設けられていないという理解をしていますがいかがでしょう?公務員に対する処罰の有無は知りませんが。。。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
.@Todaidonさんは現在アメリカにおられるのでしたね。昨年,大阪府と大阪市の双方で,「国旗国歌条例」が制定され,学校行事で行う国歌斉唱の際には,自治体職員は起立して斉唱するとの規定が設けられています。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@TAKASHIMA724 大阪の条例ですね。公務員は学校の先生を含めて、そうしていただきたいと思います。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
従って,その際に,市や府の教職員が起立しなかった,あるいは起立しても斉唱しなかった場合には,地方公務員法違反として,分限及び懲戒の対象となりえます。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月16日
@TAKASHIMA724 一方、公務員でない学校の生徒や父兄は、信条により起立・斉唱しなくてもよいという幅は持つべきでしょう。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
このように,少なくとも大阪市と大阪府に関しては,職務命令のレベルで国家や国旗に対する一定の行為が義務づけられています。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月16日
なるほど,Todaidonさんの価値判断は,公務員とそれ以外の国民は別に考えるべきであり,公務員については国旗・国歌に対する一定の行為を義務づける,というものですね。そのような考え方は,法的には充分にありうると思います。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
ここでは,国旗や国歌による国民のアイデンティティ確認・一体感の獲得という利益と,個々人の思想信条の自由という利益が関係します。このバランスをどうとるかが問題になる訳です。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
個人的には,公務員であっても,国旗や国歌を義務化することによる利益は,個人の思想信条の自由を上回るものとは評価していませんので,この点では@Todaidonさんとは意見が異なります。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
むしろここでは,個人の思想信条の自由を上回る利益があるのか,あるとすれば具体的にどのようなものなのかを明らかにする作業が重要だと考えています。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
すなわち,前者(義務化による利益)を優先させるべきであるとすれば,その利益は,「国旗や国歌は尊重されるべきだ」という思想信条の自由のレベルを上回る内容を持たねばなりません。そうでなければ,後者の犠牲のもとに,前者を優先させる理由がないからです。
Nagasaki, Akira @Reinagsk 2012年7月17日
アメリカで育ち、毎朝国旗への忠誠を誓わされていましたが、宣誓文句は「全員のために自由と正義を」という理念で締めくくっています。アメリカは、国そのものが自由とか正義とか民主主義という理念と同意義と思っているアメリカ人が多いはず。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
実は私もこの点を突き詰めて考えたことはないので,@Todaidonさんからまた御教示を賜れれば幸いです。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月17日
@TAKASHIMA724 ありがとうございます。このまとめで皆様から教えていただいたことは、どうやら地域性の問題もあるかもしれないということです。私が育った当時の地域であれば強制する必要はないと思いますが、ある地域で先生の少なくない割合が国旗や国歌に反対であれば
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
@Reinagskさんお久しぶりです。アメリカでのご経験に基づくご指摘,ありがとうございます。私は海外生活期間もそれほど長くありませんので,すごく参考になります。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月17日
式典が成り立たなくなり、生徒への教育上もよくないということになると思います。まみ先生が仰った、80年代での国立中学に日の丸が掲げられることはなかった、というのはそういった背景もあったのかもしれないと想像しています。違っていたらごめんなさい。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
私の少ない経験に照らしますと,ヨーロッパの多くの国では,国歌や国旗を精神的な拠り所として用いることにより,国民の国家アイデンティティーを維持・向上させていると考えています。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
山のすぐ向こう側,川のすぐ向こう側に別の言葉を話し別の文化を持った人々が生活しているという状況は,否が応でも自己の属する国家アイデンティティの確認につながるからです。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
これに対し,日本においては,このような形で自己の国家アイデンティティを確認する機会は,アイヌの人々や沖縄の人々を除き,ほとんどなかったことは確かです。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
そのため,国旗や国歌の尊重が世界の常識であるという認識が,日本人には薄いのかもしれません。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
しかし他方では,先述のように,ほとんどの国では不敬罪はすでに廃止されています。我々は,その理由も併せて考える必要があろうと思います。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
皆様,連投失礼致しました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月17日
@TAKASHIMA724 なるほど。たとえば私とこのまとめでトークした一部の方とでは、国旗に対して受けてきた教育の格差が大きいと感じました。私は幕末からの歴史と優れたデザイン、意匠の意味と作図まで習い、一方は戦争時代の象徴としての負の面を強調され、卒業式にも掲げられないのは、
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月17日
@TAKASHIMA724 国民が等しく教育を受ける権利に齟齬を来しているのではないかと思いました。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
.@Todaidonさん,ちなみに,私は京都市内の小学校,中学校,高校で学習しましたが,そのいずれも,入学式,卒業式には君が代を斉唱しましたし,国旗も掲げられていましたよ。個人的には,良いデザインだと思います。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
ただ,個人的信念のレベルで議論しますと,けっきょく水掛け論になってしまいます。それゆえ,このようなテーマほど,客観的な視点に基づく利益検討が必要であると考えます。
TAKASHIMA Hidehiro @TAKASHIMA724 2012年7月17日
歴史的には,君が代は古今和歌集に原型があったはずですし,その後,江戸時代には徳川家の言祝ぎ歌(お正月にお祝いのため歌われる歌)であったはずです(要確認)。このような歴史からすれば,日本人のメンタリティーに訴えかけるものがあっても当然です。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月17日
@TAKASHIMA724 なるほど、地域というより、学校間の格差があるということですね。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月17日
だとすれば、一部の学校で国旗や国歌に関する妥当な教育が行われておらず、無視あるいは負の歴史の象徴であるというような教え方をしている学校との格差を是正するために、大阪のように公務員を対象とした条例が定められるのは国民の教育機会の均等の観点からやむを得ないと考えます。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月31日
まとめを更新しました。豪州の@mikihiranoさんとのトークや、ニュージーランドの@Hiroko_23さんのツイートを加えました。
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年7月31日
すみません。ニュージーランド在住は@myonycteris さんで、@Hiroko_23 さんは豪州在住でした。訂正いたします。o(_ _)o それにしても、米・豪・新で気軽にトークできるのもTwの利点ですね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする