20120725 #NHK クローズアップ現代「水俣病“真の救済”はあるのか~石牟礼道子が語る」

公害の原点と言われる水俣病。公式確認から56年、未だ被害の全貌すら明らかでなく、症状を訴えながら水俣病と認定されない“未認定患者”の救済は長く紛争の火種となってきた。 国と熊本県の責任を認めた最高裁判決を受けて国はようやくこの問題の「最終解決」に向けて動き出した。210万円の一時金を支払うなどの救済策。その申請期限が7月末に迫っている。しかし「できうる限りの救済」をうたいながら、地域や年齢などの機械的な線引きによって救われない人が多く生まれつつあることが取材で明らかになってきた。 なぜいつまでたっても国と被害者の溝は埋まらないのか。私たちは日本近代化の陰で起きたこの負の遺産をどう未来に生かせばいいのか。故郷熊本で水俣病公式確認前から発信を続けてきた作家、石牟礼道子さんを国谷キャスターが訪ね、ロングインタビューを行った。 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3234.html
環境 水俣病
19
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現「水俣病“真の救済”はあるのか〜石牟礼道子が語る」水俣病公式確認から56年。今月、被害者救済が締め切られようとしている。被害者からは、一方的な幕引きだと非難の声。申請5万人超。しかし、地域や年齢によって線引が。作家・石牟礼道子さんが思いを語る。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。水俣病認定患者2,273人。国が定めた厳しい認定条件を満たしていないとされる未認定患者は救済を求めてきた。結果、救済されたのは1万人余。「最後の救済策」水俣病特措法、申請55,000人超。国は「できる限りすべての患者を救済する」と。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。熊本県天草諸島。多くの人達が水俣病の症状を訴えている。先月、水俣病大規模検診。およそ600人のうち9割に水俣病特有の症状が認められた。天草市の藤下諭さん。「ちょっとしたことでつるし、手足が動かせないことも」個々数年手の震えがひどい。去年検診。水俣病診断。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。子供の頃から父親がとってきた魚を食べていた。救済申請は非該当。対象地域が限定されている。国が定めた厳しい条件を満たした地域だけ。藤下さんの地域は対象から外れている。藤下さんの場合、水俣湾周辺でとれた魚を多く食べていたことを証明しなければならない。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。県は、藤下さんが示した許可証では、証明にはならないと認めず。対象地域内の場合は証明必要なし。住んでいた場所が違うだけで救済されない。やりきれない思いの藤下さん。「悔しいですよね。人間の体を書類の審査だけで。申請者募るだけ。心から救済する気があるのか」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。もうひとつの線引、年齢。水俣市の36歳男性。子供の頃から体の不調を感じてきた。つまづいたり、痙攣したり。しかし救済対象とならず。若すぎるため。チッソは昭和43年に排水停止。翌44年12月以降に生まれた人は、発症可能性なしと国。1年余りの差で外れる人も。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。「小学3年生の時、遠足で、ずっと画鋲が刺さってて靴の中が血だらけ。でも痛みがわからなかった」この男性も非該当。原田正純医師(故人)、疑問を呈していた。昭和44年以降も、海底には高濃度水銀を含むヘドロがあった。平成2年、ヘドロ処理終了。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。原田医師「汚染は昭和43年で終わりじゃない。これは間違いない」国、線引には合理的理由があると、申請は今月末で予定通り締め切る。これまでの半世紀繰り返されたのは、どこまで救済を認めるかという線引だった。この繰り返しが、被害者と国の間に埋められない溝を。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。熊本在住の作家・石牟礼道子さん。チッソとの交渉や霞が関での座り込みにも参加。40年をかけた「苦海浄土」3部作で水俣病問題を描いた。現在、パーキンソン病を患いながら執筆活動中。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「特措法の『救済』は、いかにも官僚用語。最初の段階から基礎調査をすべきだった。地域の食生活、一軒の家に患者がいれば、家族全員が何らかの症状をもっている。水俣の対岸でもいつか出ると思ったら案の定出た。行政は地域を区切って減らそうとしている」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「魚を食べたという証明書を出さないと(地域外で)救済の対象にならない。その条文を作った役人は、50〜60年前の証明書をもっているのか」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「行政は、誤魔化し誤魔化し。大変な事件だと思っている。自分たちの手落ちを隠すというか、正当化する」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「日本の国策は、経済成長路線でやってきた。そして国の方針の中に、人間性の善なるもの、徳の高いもの、徳義というか、精神的な成長を国民と共に遂げることをやってこなかった」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「患者さんたちと東京によく行った。患者は『日本という国はなかった』と言う。東京まで行ってみたが、日本という国がどこにあるかわからなかった、と言って亡くなった患者がいた。日本という国は、人が作ってくれるのではない。自分たちが作らないと、ない」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「人間の希望。何を希望とするかは人によってあるが、最低の希望は、わかり合う努力をすること。一番せつない、わかり合えないということが」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「杉本栄子さん(4年前に亡くなった)が『私たちは許すことにした。全部許す。日本という国も、チッソも。差別した人も許す。許さないと苦しくてたまらない。みんなの代わりに私達が病んでいる』と。死ぬ前に『でも、まだ生きたい』と言って亡くなった」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「私達は、代わりに病んでいる人達から許されて生きている。罪なことですね。日本人の代わりに病んでいる」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「田舎の人の純朴な、いいものをたくさんもっていたが、それを、水俣の人の心をズタズタにした。きょうも無事に生きた、あしたもきょうくらいに生きられればいいな、という人達。特別出世も考えない人達が、この世にはたくさんいる」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK クロ現。石牟礼氏「普通に生きている人達の行く末を。普通に生きているというのは大事なこと」

コメント

山下238 俺は医薬部外者 @Yamashita238 2012年7月25日
定量的で検証可能な「救済」の定義を示せよ。そうしなきゃたとえ国家予算ぜんぶぶちこんだとしても「真の救済じゃない」ってゴネることもできる。