2012/07/29 Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 satta-4 : 複雑な多段階ビルドに対処する: 事例紹介 #juc2012 #juc2012_satta

Jenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 http://build-shokunin.org/juc2012/ ハッシュタグ(非公式) #juc2012_satta ※非公式ではありますが、上記タグでつぶやかれた内容を時間で区切ってセッション別にまとめを作成しています。 ※公式ハッシュタグ: #juc2012 ニコ動:http://live.nicovideo.jp/watch/lv101377930 ------------------------------------------------ 発表者 Andrew Bayer (@abayer) Jenkins 続きを読むJenkins ユーザ・カンファレンス 2012 東京 http://build-shokunin.org/juc2012/ ハッシュタグ(非公式) #juc2012_satta ※非公式ではありますが、上記タグでつぶやかれた内容を時間で区切ってセッション別にまとめを作成しています。 ※公式ハッシュタグ: #juc2012 ニコ動:http://live.nicovideo.jp/watch/lv101377930 ------------------------------------------------ 発表者 Andrew Bayer (@abayer) Jenkins Governance board メンバー 発表者紹介 AndrewはJenkinsコアやいくつものプラグインの開発に参加する古参メンバーで、またJenkins役員会のメンバーです。Jenkinsを3年以上に渡って使い、様々な会社・用途で運用し、Jenkinsの運用におけるベスト・プラクティスを培って来ました。 概要 本セッションでは、弊社ClouderaでのCDHのパッケージビルドのワークフローの事例を紹介します。これは、複数のプラットフォームにまたがった多くのジョブを作成し、これらをparameterized triggerプラグイン、conditional build stepプラグイン、jcloudsプラグインなどといった鍵となるプラグインを使って一貫性のあるワークフローへと昇華させたものです。 このような仕組みを使うことで、素のJenkinsでは手に負えないような高度で複雑なビルドワークフローを作ることができます。みなさんが複雑なビルドを部品に分解し、複数のマシン上で並列や直列に動かせるようにするためのやり方を紹介します。 キーワード workflow, jclouds, parameterize trigger
juc2012 Jenkins jenkinsja
kimukou2628 2848view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す