2012年8月10日

アニメーター・平松禎史氏の『Angel Beats!』第6話における制作秘話

『天元突破グレンラガン』の作画監督・原画・第2原画、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版』シリーズ&『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの原画などをされているアニメーターの平松禎史さんが絵コンテ・作画監督として携わられた『Angel Beats!』第6話がTOKYO MXにて再放送されていた際につぶやかれていたものをまとめさせていただきました。
23
平松禎史 @Hiramatz

愛知県豊川市出身のアニメーター・演出家の個人アカウント。経済問題のつぶやきが多いですが、アニメや生活につながっていく身の回りのことなのでボクには自然なこと。 『呪術廻戦』『劇場版 呪術廻戦 0』2021年12月24日公開! 岡田麿里監督『アリスとテレスのまぼろし工場』制作中。副監督で参加しています。

ameblo.jp/tadashi-hirama…

平松禎史 @Hiramatz

Angel Beats! 第6話 始まるよー。東京MX

2012-08-09 23:00:10
平松禎史 @Hiramatz

そろそろ激辛麻婆豆腐?

2012-08-09 23:09:30
🍋みやぢ🍋 @pla_ste

@Hiramatz 観てる!6話から観たからまったく話についていけないまま15分!!!

2012-08-09 23:16:28
平松禎史 @Hiramatz

@pla_ste そらーわけわからんだろw (ありがとー

2012-08-09 23:27:50
平松禎史 @Hiramatz

Angel Beats!第6話終了。次回から直井くんはデレデレになるそうで(^_^;) 引き続きお楽しみに〜〜♪

2012-08-09 23:38:24
緒方恵美@8/14M’s BAR開催 @Megumi_Ogata

それにつけても、ボロボロのゆりはやっぱりイイな。やはり後ろから、、、←

2012-08-09 23:35:06
平松禎史 @Hiramatz

直井くんの中の人の赤裸々なコメントw RT @Megumi_Ogata: それにつけても、ボロボロのゆりはやっぱりイイな。やはり後ろから、、、←

2012-08-09 23:43:21
平松禎史 @Hiramatz

一杯のつもりがちょいと楽しくなってこの時間。さてAngel Beats!第6話如何でしたでしょうか。6話はアニメを作る時のテーマの一つ、セル画の質感について「屍姫」22話をもう一歩進めることでした。それはセル画だけでは実現不可能なことでして、美術や撮影との連携は取りも直さず→

2012-08-10 03:11:12
平松禎史 @Hiramatz

音響、特に声とのコラボでした。この点に気付かされたのはフルーツバスケットで、絵に色がついてない状態でアフレコをしていただくのが申し訳ない反面、声のニュアンスを絵(芝居)に反映させることの有意性の得難い感覚が忘れられず。本当は演出意図を説明した上でシステマティックにやれれば良いと→

2012-08-10 03:15:06
平松禎史 @Hiramatz

考えてました。監督にならないとそこまで出来ないわけですが(*_*; 担当演出又は作画監督であればある程度コントロールできるので役者さんに頭を下げつつ「絵が間に合わない」ことを逆手に取って作画で声の芝居に合わせることでキャラクターの気持ちをより伝えられないか?と頑張りました→

2012-08-10 03:18:58
平松禎史 @Hiramatz

人の手で集団作業ゆえ計画的に作り出すアニメーションの中で「声」は唯一主体のはっきりした情報になります。庵野秀明が「アニメで生なのは声だけ」と言っていたのはその通りで、お客さんに他人事でない感覚を呼び起こせるのも作画だけでは不可能な場合がある訳です。その感覚は本当にキャラクターが→

2012-08-10 03:24:00
平松禎史 @Hiramatz

喋ってるように見えないと興ざめしてしまう。口パクは最低限合っていれば十分と言えますが、もう一歩進みたいと思い、しっかり気落ちの入った芝居と口の動きをやりたくて AB!6話では半分以上のカットで一文字ずつのタイミングを出してもらって作監時に合わせました。しかし→

2012-08-10 03:26:20
平松禎史 @Hiramatz

口パクとセリフ合わせの芝居はやり過ぎと逆に「作画」が目立ってしまう。そうなるとやはり興ざめです。やり過ぎない塩梅でバランスよく行うのが難しい。AB!6話でもうまく行ってないとこが多々あります。目的は「気持ちが伝わる表現」であって「口パクを合わせる」ことでありません。ここを→

2012-08-10 03:28:46
平松禎史 @Hiramatz

見誤るとただの独りよがりになってしまう。表現すべきは何かを考え抜き、ミクロでなくマクロでバランスを取りながらワンカットを仕上げる。完璧は無理ですが挑戦し甲斐のある仕事です。AB!では監督の理解もあり演出の許さんはじめスタッフ、制作さんの頑張りで良い仕事ができたと思います(^_^)

2012-08-10 03:33:17
平松禎史 @Hiramatz

結果。観てくれた人に「よかった!」と、言葉にならない何かを感じていただければ最高です。はい。

2012-08-10 03:35:19
平松禎史 @Hiramatz

AB!6話で一番気を使い思い入れのある場面は直井くんの回想シーンです。兄弟とはいえ他人の人生をなぞることになる直井文人の気持ちはどんなだっただろうかと。回想ワンカット目の倒れれた直井の目線で見た映像。ブラブラと折れた気が揺れている画。シナリオの記述はとてもイメージを→

2012-08-10 03:53:44
平松禎史 @Hiramatz

刺激されるものでしたが画にするのが難しい一文でした。このカットとその次の幼直井の顔に影が落ちるカットは美術の密度、撮影の光の付け方、影の色味が美しくて素晴らしいシーンになったと思います。この後かかる音楽もステキでした。映像作品って良いなぁ〜と(立場を棚上げして)気持よかったです。

2012-08-10 03:59:14
平松禎史 @Hiramatz

ブラブラと折れた気が揺れている←…誤字だけどあながち間違ってない。彼のその後はずっとそうだったわけだしね(^_^;)

2012-08-10 04:01:22
水原賢治@コミックス「少女紀行」発売中 @Tirumu

@Hiramatz 「良かった!」ですっ!!6話は他の話と比べても独特の覇気というか色合いが印象深く残っています。「そこ」が平松さんの拘りの成果の部分なのかと今の解説を読ませていただいて思いました。

2012-08-10 03:41:27
平松禎史 @Hiramatz

@Tirumu ありがとーございます。1つずつ前進できたら良いなと思うです(^_^;)

2012-08-10 03:43:22
水原賢治@コミックス「少女紀行」発売中 @Tirumu

@Hiramatz 限られた時間の中で目標を設定してやり遂げる事が一番難しいのではないかと思います。しかしそれを持ち続けてこその発展ですよね。。。あの作監修正待ちのカット袋の山を思うと、短い時間でよくあそこまでの仕事を成し遂げたというか、天晴れとしか言いようがありません。(><;

2012-08-10 03:51:04
平松禎史 @Hiramatz

@Tirumu いろいろあって200カット近く(?)溜めちゃいましたからね(^_^;) 実はかなり前にそれ以上やらかしたことがあって、こんだけ溜まれば全体像が見えるじゃないかっという超わがまま論理を展開しましたw でもABの時は年齢的にキツかった!真似しないで下さい(;´Д`)

2012-08-10 04:06:36
粒餡 @04_17

@Hiramatz 仕事人の執念を垣間見た気がします。貴重なお話をありがとうございました。

2012-08-10 03:48:37

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?