一色登希彦さんの『スペインの侵略とアステカ文明の終焉について』の論考』

とても興味深かったのでまとめさせていただきました。 私も、原発事故とそれに対するさまざまな反応は、日本の文明の終わりを予感させるという危機感があります。
31
一色登希彦 @ishikitokihiko

「彼らの言うことを聞かないと、何かと面倒なことになるかも知れませんよ。いや、私はもちろん中立で、あなたのために言ってるんですけどね。」と言いつのっている者が、もっとも「彼ら」を手助けしている者だ。 始末に負えない。そしてこの「たたずまい」に我々は明瞭な名前を付けきれていない。

2012-08-22 18:42:42
一色登希彦 @ishikitokihiko

再】人間には、自身と大切な者の健康と生命を守る権利がある。その権利を阻害する言動は、それでもこれを思想言論の自由として保証するべきなのか。根幹が揺れてクラクラする。アステカ文明が「彼らの言動の自由」を尊重したことでそのスペイン人に滅ぼされたことを「正当な所作」とすべきなのか?と。

2012-08-22 18:44:41
一色登希彦 @ishikitokihiko

↓確かに発信に区切りをつける潮時かもしれない。区切りのつもりで、「滅び行く文明」の話と「それでも希望を何処に見いだすのか」の話を綴ってみる。これは自分が太古の昔にゼミと卒論で柄にも無く絞り出した論考の再考です。こんな主題を蒸し返すことになるとは(笑)。

2012-08-22 18:54:49
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)論考の元本にするのは、ツヴェタン・トドロフ『他者の記号学―アメリカ大陸の征服』 http://t.co/Kmzzt7AE とグレゴリー ベイトソン『精神の生態学』 http://t.co/QRWjFSpE

2012-08-22 19:00:49
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)↓2冊とも、とても元本を繙きながら紹介出来る分量ではないので、他の方の「読書緑」を引用させてもらいながら紹介したい。『他者の記号学』はこちら http://t.co/9vbWf1Lz を元に話を進めるけれどそれでも大ボリューム。

2012-08-22 19:06:48
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)さらなる要約の書評といえるこちらも参照してみて下さい→文芸評論家・加藤弘一の書評ブログ : 『他者の記号学―アメリカ大陸の征服』 トドロフ (法政大学出版局) http://t.co/uFWBnSpq

2012-08-22 19:08:23
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)著者のトドロフさんは、ロランバルトに学んだフランス現代哲学の系譜の方。『他者の記号学』は、コロンブスに始まりスペイン人らがいかにアステカ文明を滅ぼしたかを詳細に綴った文明論。(すげえ大雑把に言いますよ以後も全部、ツイッタだから)

2012-08-22 19:15:28
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)『他者の記号学』の大きな主題のひとつは、「なぜ、隆盛を誇っていたアステカ文明が、数では少数のスペイン人の軍に滅ぼされたのか?」である。(この主題は自ずと「文明の滅亡は、滅亡の渦中に居る者には、よほどの視座を持たない限りは不可視」という前提を伴っている)

2012-08-22 19:22:18
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)『他者の記号学』は4章構成。 Ⅰ 発見(コロンブスが他人の土地に土足で踏み込む)・Ⅱ 征服(コルテスらがやりたい放題のアステカ征服)・Ⅲ 愛(非道い事してごめんね!僕らのキリスト教の許に優しくしてあげるね)・Ⅳ 認識(滅ぼしちゃったけど、あの人たちも人間だった…)。括弧は俺訳

2012-08-22 19:32:11
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)コロンブス(書内では「コロン」と表記)のトチ狂いっぷりは史実を見ても枚挙暇無しだけど、辿り着いたキューバの島をアジア大陸と信じたいがあまりに「それに反するような情報はすべて取り除こうと決意する」下りがすごい。島(キューバ)の人々が「ここは島です」と言っているのに聞かないのだ。

2012-08-22 19:40:59
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)”もちろんそれは彼(コロン)にとって都合の悪い情報なので、彼(コロン)は情報堤供者(島の人々)の資格に異義をとなえ出した。” コロン(ブス)は次のように決めつけたと言う。

2012-08-22 19:44:43
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)コロンブスいわく「そのものたちは、けだものに近く、全世界は一つの島と考えており、大陸とはどういうものかも知らず、文字も昔の記録ももたず、楽しみといえば、食うことと女と寝ることだけで、だから彼らは島だといっ て…」。あげく、コロンブスは同行の航海者たちに次のように誓わせる。

2012-08-22 19:47:39
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)コロンブスが仲間に誓わせた事。俺要約「まぎれもなく、ここは島ではなく大陸。この海岸に沿って進めば、数里先には、文明の人、世界を識りし人びとの国がある(と誓え)。…これより、この誓いに反した者は、高額の罰金または舌切りの刑。見習い水夫は、百叩きの笞刑および舌切りの刑だぞ!」

2012-08-22 19:54:03
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)↓この要約の元はこのリンク http://t.co/8USU85qo の最下段にある。自分が(キューバ)島に上陸して邂逅した島の人々が「ここは大陸ではない」と言うので「未開人認定」をし、「も少し行けば文明人が居るからこいつら無視な」と同行の航海者仲間に統制をかけたのだ。

2012-08-22 19:59:37
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)「到達すべき結論がコロンによる自然界の記号解釈を前もって決定しているのだ。」とある。…事前に決めた結論に寄せて自然界を記号解釈する、つまり目の前の現実を記号(=フィクション)に寄せる。「自分の中のフィクション」をごり押しする術をコロンブス(ヨーロッパ文明)は持ち込んできた。

2012-08-22 20:06:03
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)『他者の記号学』Ⅰ 発見、はコロンによる他文明への無理解っぷりに終始する。「このように、コロンは、原則的な平等をふくむ同化主義から、奴隷制擁護のイデオロギーへ、そして結局は、インディオの劣等性の断言へと地すべり的に移行する。」 http://t.co/w32xtYi5 の中段

2012-08-22 20:16:22
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)コロンのとった筋道の末路は、「すでにキリスト教徒でない者は奴隷でしかありえないということ、つまりそれ以外の第三の道が存在しないということである。」(同じく http://t.co/w32xtYi5 中段)

2012-08-22 20:18:04
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)「II 征服」では、「数百人の部下を率いた(スペイン軍の)コルテスが、数十万の兵士を擁するモクテスマの(アステカ)王国をまんまと占領してしまった」(←論者さんの文)その謎の解明になる。つまり「一切はマヤ人とアステカ人がコミュニケーションを支配する力を喪失したために起こった」と

2012-08-22 20:27:21
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)トドロフ氏の自問「インディオはどうしてもっと反抗しなかったのか、植民地化というコルテスの野望に彼らは気づかなかったのだろうか」への自答→「インディオは、すでにアステカ族によって征服され植民地化されていたために、征服というコルテスの狙いをさほど気にも止めていなかった」のだと。

2012-08-22 20:31:37
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)「彼ら(インディオ)は(征服目的でやってきたスペイン人)コルテスを絶対的悪の化身どころか、身近であるがゆえにいっそう憎しみのつのる圧政のくびきをはねのけてくれる解放者として、あるいはそのための必要悪として(いろいろな面で問題はあるものの)見ているのである。」と。

2012-08-22 20:37:13
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)トドロフ氏「征服者(コルテスらスペイン人)は(既存の支配者である)アステカ人のまねをしているにすぎないのだ」。 支配者たる「少数」に新たに成り代わるなら、確かに「少数」の軍隊で足りたわけだ。 そこにヨーロッパ的「記号のコミュニケーション」が駄目押しで力を添える。つまり・・・

2012-08-22 20:44:51
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)トドロフ氏「(インディオは)彼らの時間と能力の大部分をお告げの解釈についやしており、またこの解釈が、驚くほど入念な、諸種の占いの形式をとっている」→「コミュニケーションには二つの大きな形式、一つは人間対人間のコミュニケーション、他は人間対世界のコミュニケーションがある」

2012-08-22 20:51:09
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)「インディオはとくに人間対世界のコミュニケーションに努め、スペイン人は人間対人間のコミュニケーションに努めている」このことが、アステカがたやすく滅亡した理由だと。インディオにとっては世界(神)が彼らを滅ぼしに来たので為す術無く、スペイン人はただ(劣った)人間を滅ぼし落とした。

2012-08-22 20:56:34
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)一方、征服される側のアステカの支配層はどうしていたのか? 「(スペイン軍)コルテス一行が上陸したとき、(アステカ王)モクテスマはいちはやくその情報をキャッチする。このような知らせは当然使者もしくは臣民が持ってくるわけだが、モクテスマ はこれを処罰するのだ。」だそうだ・・・。

2012-08-22 21:02:57
一色登希彦 @ishikitokihiko

続)「モクテスマは(報告が自分にとって不利なものであることを知って)怒り狂い、老魔術師を永久に牢獄につないでおけと命じた」。結果「神殿の神官たちの間ではモクテスマにはもうこれ以上なにもいうまいということで意見が一致した」…せっかくの危機把握システムがいざ作動したら封じられたのだ。

2012-08-22 21:09:35
残りを読む(56)

コメント

森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
まとめを更新しました。タイトルを変更しました。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
一色さんの論考はとても重要だと思います。国内外の過去の歴史を振り返り、地震や津波が頻発する日本列島であることを自覚する。たとえば米国では1980年の聖ヘレンズの火山爆発から、
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
米国内での火山爆発の可能性の研究を行い、ハザードマップや災害対策、爆発後の森の復興のプランまで幅広く考察されています。参考までに聖へレンズ山の爆発映像はこちら(CG)http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=3aRv04GfQGo
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
『アステカ文明が、なぜ少数のスペイン人に滅ぼされたのか?』という一色さんの論考は素晴らしいと思います。そもそも日本で原発事故がなぜ起こったのか、事故対応でなぜエラーを繰り返すのか、については
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
早川由紀夫先生のツイッターやブログで文明論まで含めた言及がされていますが、私も日本の文化の退廃化が一因ではないかと考えます。たとえば、
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
原発事故で電気の節約が必要なのに、なぜクリスマスのルミネーションはそのままなのか?そもそもクリスマス(イエス・キリストの生誕)を心から日本人は祝っているのか?
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
バレンタインデーで聖バレンタインに思いを巡らせているか?別にキリスト教に関係なくてもいいのですが、あまりに現世利益的、物欲的な商業主義が跋扈し、しかもそれを
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
うわべだけの名目(クリスマス、聖バレンタイン、)でごまかして(ごまかされて)いるのではないでしょうか。憲法と自衛隊の不整合にしてもその是非はともかく、不整合をなおそうとはせずに、
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
合憲論など、うわべだけのごまかしでやり過ごそうとしている。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
原発問題に対する、大人の意図と子供の正直な反応が端的に表されているのが、こちらの動画です。『福島から関西へ 「外で遊べない」子どもたち』
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
(7分)⇒福島県の子供のためのキャンプのボランティア:『関西に来なくても福島で土に触って遊べるようになる日が早く来たらいいなと思う。』福島の子供:『無理でしょ(と泣く)』http://www.dailymotion.com/video/xsto2p_yyyyyyy-yyyyyy-yyyyy_news?start=84 
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
動画に関する早川先生評:スタジオ男性の「大人は絶対無理って言ってはいけないと思いました」が追い打ち。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
なお、一色さんの文章で、『キリスト教的ヨーロッパ人』という言及に関しては、当時の世相(カトリックで聖書の現地語への翻訳は固く禁じられていた)などの背景も反映していたのだろうと思います。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月22日
つまり一方向的な教化が行われやすく、それが政治に容易に結びついてしまったのだろうという私見です。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月23日
一色さんの最新のTwを追加しました。私は『ヨーロッパの言語文化体系』はそれが強烈だった500年前よりも随分温和になっていると思います。むしろ、今の日本の退廃的で無防備すぎる傾向が心配です。
0
yasuski @yasuski 2012年8月23日
大飯再稼働前メディアでは連日「この夏の電力不足」が叫ばれていました。 が、商業イベントであるはずの「夏の高校野球」が何の変更もなく開催されるということを聞いた瞬間に再稼働無しでこの夏を乗り切れることを確信しました。 危機を煽る側それを無批判に受け入れる側、双方に退廃を感じます。
1
一色登希彦 @ishikitokihiko 2012年8月23日
まとめて下さりありがとうございます。読み返すとずいぶん遠慮気味なトーンで書いてしまったなと自省します。「アステカ文明が滅んだように、別の滅び方だけれど日本も「文明衝突の末路として」滅び行くように見える」という一点をもっと明瞭にしてもよかったと感じています。
1
シベリア 小晴 @siberiakoharu 2012年8月23日
Todaidonはんとしたら、自身の思いが、普通の日本人に共鳴されないからそう思うのでしょうが 今回の原発事故において、日本の医療機関は努力してるし 日常を取り戻すように震災被害者と周りも頑張っている 理由も対してあるわけでもないのに、危険を煽る人がいる事は悲しい事実 放射能が安全だとは言わないが、福島を人が住めない土地だと言い切るなら 万人が納得できる理由が必要
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月23日
@ishikitokihiko こちらこそありがとうございます。アステカ文明の衰亡史に登場する人物の言行や背景が、原発事故を取り巻く日本と共通している点に改めて驚きました。
0
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月23日
@siberiakoharu 『福島を人が住めない土地』は私の発言ではありませんが、米国政府は80キロ圏内の1年以上の滞在はリスクが高まることを自国民に現在も警告しています。いずれも放射線量を評価した結果であり、シベリアさんを含めてそれぞれの解釈は自由でしょう。
1
一色登希彦_B面 @ishiki_b_side 2012年8月24日
この連投に関しては、結論を言い切る覚悟が甘かったと悔いています。言いたかった結論は、「アステカ文明同様、日本も滅亡しようとしている」という一点に尽きます。黒くなって、発信を続けようと思います。
2
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月25日
@ishiki_b_side @ishikitokihiko 投稿ありがとうございます。黒もCool!ですね。星条旗のブラックバージョンを想起しました。http://www.amazon.com/American-Embroidered-America-Subdued-Military/dp/B0030LPT20/ref=pd_sbs_a_6
0
Lapin Blanc @TearsOfARabbit 2012年8月26日
マンガでもこれ書いて下さい。
1
森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012年8月27日
まとめを更新しました。皆様からのコメントを加えました。
0
一色登希彦_B面 @ishiki_b_side 2012年8月31日
http://t.co/vSE5Od8c 「アマゾンで、金採掘業者らが先住民のヤノマミ民族を多数殺害 80人近くが殺害され、生き延びたのは3人」/『スペインの侵略とアステカ文明の終焉』は今も地続き…と書いたものの、これはあからさまに過ぎる。
1
Lapin Blanc @TearsOfARabbit 2012年9月18日
文書の構造を整理しつつ読んでみた。一色登希彦さんの『スペインの侵略とアステカ文明の終焉について』の論考』 http://pic.twitter.com/tnwuoQ6V
1
オブジェクト@図書館はいいぞ @oixi_soredeiino 2016年5月4日
……アステカ文明にスペインを撃滅できる軍事力があれば話は変わった。虐殺か、それとも礼節をわきまえた異文化交流かを選択できるのは強者の特権。科学の発達で、世界中の万民が一人で多数を殺害できるようになった。おめでとう、今私たちは、ついに真の民主主義の時代の中に居いる。
0