編集可能
2012年8月26日

#全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

ただでさえ全盛期のドストエフスキーさんが全盛期だったら。永久凍土ネタが多め。 ★関連事項 #こんなキリーロフは嫌だ http://togetter.com/li/361175
16
升目 @merongree

ロシアでは学級文庫にドストエフスキー全集を入れることが法律で定められているため、建物がみな大きい #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:30:29
升目 @merongree

作者自身はカラマーゾフについて完璧な続編を考えていたが、それを記すのに必要な紙の材料を得られるほどの十分な領土がロシアになかった #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:31:05
升目 @merongree

本当は第七部まで作者の頭では完結していたが、それを記すのに必要な紙の材料となるほどの木を伐採したらロシアの気候が変動し、南進政策に影響を及ぼすために政府に二部までにしてくれと言われた #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:31:37
升目 @merongree

ドストエフスキーの新作の原稿は三頭立ての馬車で運ばれて来、印刷業者が作者にもみてしながらジプシーを呼んでもてなした #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:32:01
升目 @merongree

上巻の原稿に1時間と送れずに中巻を運びきったらチップが貰えた #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:33:04
升目 @merongree

ドストエフスキーが死んだだけで出版業界どころか林業まで落ち込んだ #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:33:26
升目 @merongree

大きな声じゃ言えないがカラマーゾフが前半で遺作になったことを思うと死因はああみえて仕事しすぎによる過労死か #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:35:00
升目 @merongree

第二部を用意していたのだが長すぎて第一部だけで作者が死んでしまったのは有名だが、天国で目下執筆中の第二部が次に生まれ変わるまでに書き終わりそうにない #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:35:20
升目 @merongree

むしろ第二部の執筆が愉しすぎてドストエフスキーがなかなか転生して来ない #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:35:50
升目 @merongree

休載のお知らせを掲載するためには業者との打ち合わせの都合上,三か月前から紙を確保する必要があるため5カ月前に休載することを申告しなければならなかった #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:36:17
升目 @merongree

休載のお知らせが掲載された号すら手に入らなかったロシアの諸地域のために、5月号休載のお知らせが7月号で再掲載された #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:37:20
升目 @merongree

いい加減コインに肖像画を描かれてもよさそうなものだが、金銭関係では相当縁起がわるいので見送られ続けている #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:42:37
升目 @merongree

作者が登場人物を一人思い付くごとにシベリアの森が1ヘクタール消える #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:42:53
升目 @merongree

カラマーゾフが四兄弟と決まった時点で必要な森林資源を確保するためロシアがやりたくもない三国干渉 #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:43:14
升目 @merongree

作者休載中だけロシアが京都議定書のco2規定値を達成できた #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:43:31
升目 @merongree

最近雨が多いのは作者が天国で書いているカラマーゾフ第二部の原稿が積み重なって雲を圧迫したため #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:43:51
升目 @merongree

要領をえずにぐだぐだととうでもいいことをまくしたてる貴婦人というテクは三島由紀夫に継承された #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:45:46
升目 @merongree

娼婦がネギをあげた相手は芥川だったが繊細な芥川にかかればそれは蜘蛛の糸までやせ細らされた #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:46:09
升目 @merongree

人工衛星から見るとドストエフスキー生家の周りだけ樹木がなさ過ぎて真っ赤 #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:46:34
升目 @merongree

「愛する妻よ送金を急いでくれ」という無心の手紙が死後3000ルーブルで落札 #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:48:04
升目 @merongree

罪と罰が売れまくったせいで各地に原稿がばらまかれ露西亜全体が地盤沈下 #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:48:27
升目 @merongree

原稿が売れると地盤が沈下するので雨季には何も思い付くなと政府に命じられ、その間は地下室に閉じ込められていた #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:48:47
升目 @merongree

ドストエフスキーがいる側で地盤が沈むので、仕方なく露西亜は彼のいる地域を一点として露西亜の重心と正反対の位置でやりたくもない軍艦造り #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:49:13
升目 @merongree

白痴だけ外国が舞台なのはそういう導入部が描きたかったからでも何でもなく、そういう事情で政府の政策をいちいち圧迫するのに自分が疲労したので移動したまで #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:51:09
升目 @merongree

しょうじき日露戦争も露西亜は気が進まなかったのだが、その当時西洋に面している側で罪と罰が地盤を鎮めるように売れていたため、軍艦を大量に移動する必要があった #全盛期のドストエフスキーにありがちなこと

2012-08-25 23:51:36
残りを読む(89)

コメント

升目 @merongree 2012年8月26日
まとめを更新しました。
0