Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

銀河漂流バイファム感想

銀河漂流バイファム全46話の感想です。予備知識は公式Hpとかでキャラやメカ紹介を見た程度の物しかありません。なおOVA関係に関しては完全版DVDBOXを買う予算がない事からスルー、13についてもBOXを買っていませんので今回は見送りました。
6
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

さーて、バイファムについて。今度こそ各話感想を始めようかと。

2012-09-08 00:51:34
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

現時点で3話まで視聴完了。子供たちはまだ巻き込まれていくだけであり自分達から戦うまではまだ先かもしれないが、追い詰められていく状況にてぞくぞくとしてしまう。先が気になってしまう作品である。

2012-09-08 00:53:50
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

また富野、高橋系のリアルロボットアニメと違い登場人物、特に大人たちにおいて癖のない良心的な大人が多く登場している。その為足の引っ張り合いによる自滅は見られないが、分かっているが故の最期は切なくさせてしまうかと。

2012-09-08 00:55:10
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

1話……個人的に注目すべき描写はロディとフレッド兄弟に焦点を当てての被害描写とそれに対する反応について。

2012-09-08 00:57:12
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

軍用トラックが大破してからフレッドが呆然とする描写、ロディによって正気を取り戻して格納庫へ逃げた後も、おもらししてしまい、よりによって好きな子でもあるペンチちゃんのお隣故に動けない展開。菊池英博さんのまだ声変わりする前の演技も含めて兄の足を引っ張ってしまう子供ともいえよう。

2012-09-08 01:00:29
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

だが、それで全然いい。まだこの時点故に突然のこの状況だ。この光景を前にまともに行動できなくなってしまったり、些細な事(ペンチに知られたくないおもらし)の描写が突然の事態に対して何が怒っているか分からない感じが出ていて良い。

2012-09-08 01:01:51
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

この先、まだまだ先はあるのでフレッドが男を見せて行くドラマをゆっくりと見ていたいものだ。ロディについては兄や主人公の立場が彼を結構活躍させているのかも。

2012-09-08 01:02:59
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

お調子者な所があるけれど、いざという時の行動力や弟思いな一面も見せてもらい主人公としては早々に感情移入しやすい。ペンチちゃんについてはまだ見せ場はこれからか。

2012-09-08 01:03:58
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

あと第1話でいきなり主役メカのバイファムがやられてしまう描写はちょっと驚いた。そりゃあスコープドッグという前もあるが。

2012-09-08 01:06:21
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

第2話……子供7人追加。注目すべきはオッス!オラ……じゃなかった、ケンツ君の存在ではないだろうか。

2012-09-08 01:09:53
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

第2話でもそうそうトラブルを起こして、次回でもスコットに喧嘩を吹っ掛けたり(ただケンツの言動がないと子供たちの生存が危なかったかも)と何かと周囲をひっかきまわして物語を進めて行きそうである。

2012-09-08 01:12:54
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

今回も物語のキーパーソンがケンツ、次回もケンツの言動がきっかけで全員が戦闘について間接的に参加したり、その光景を目にしたりするのだから。

2012-09-08 01:14:10
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

また、艦長の死から急遽館長代理として奮闘する中尉やケンツ救出に関わるクレーク、ロディをしっかり励ますケイト等など大人を子供たちにとって理想的な存在として描写出来ている所もポイントだと思う。

2012-09-08 01:23:09
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

あと、最後の犠牲者たちが棺に入れられたシーンについて。どうやらゴールデンタイムの配慮もあったそうだが、それでも棺がずらりと並ぶシーンは圧巻である。

2012-09-08 01:29:27
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

3話……理想的な大人たちの姿が顕著に映し出される回であり、彼らの散っていくこともあり序盤の子供たちだけで強いられるドラマに向けて勢いがついていく。

2012-09-08 01:32:07
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

とある感想サイトで中尉は何故名前で呼ばれなかったのかということへの考察があった。大ざっぱに纏めると子供たちの物語に対する彼らを守った大人達の代表という意味もあったということらしい。なるほど。

2012-09-08 01:34:50
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

いわれてみれば、第3話については名前もない大人たちの良き活躍が多い。兵役での経験を生かして砲手へ真っ先に志願した老人や全員での参加を呼び掛けた夫人とか。

2012-09-08 01:38:26
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

かれらはロディ達とのかかわりもなく、そして決してフィーチャーされることなく散って行ったかもしれないが、彼らもまた良き大人だったのではないだろうか。

2012-09-08 01:39:02
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

また中尉についてはフレッドたちの実戦への登用もかなり悩んだ末であったであろう。ジェイナスを守るため囮となって散った中尉だが、回想シーンにおける家族の描写はジェイナスも家族同様今自分が守らなければならない物に映った事を意味したのではないだろうかと。

2012-09-08 01:40:10
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

あ、本当はフレッドじゃなくロディたちにするつもりだったけど……ま、いっか。

2012-09-08 01:40:41
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

それ以外については、ケンツの衝突を経てつい大人げない事を立候補してしまうスコットの描写、コンピューターの腕においては志願者4人のうち主人公ロディが一番未熟だった点とかが印象に残る。

2012-09-08 01:41:44
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

1,2話において完璧な兄貴として描写されていたロディだが、3話ではネコの件も含めて一人の子供としての一面も見せてくれた。コンピューターをちょっとしか触れた事がない点だって面白いじゃないか。

2012-09-08 01:43:31
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

スコットに関しては最初自分のコンピューター経験をアピールしたらマキ、フレッドがそれ以上だったと……頑張れ!

2012-09-08 01:44:10
名無し・A・一郎(過去のロボットアニメ担当) @nanashiborger

今回の脚本を担当されていた平野靖士さんについて、子供らしいほのぼのとした描写を得意とする一方で今回の戦闘シーンにおける犠牲者の描写などハードなエピソードも書けますよって証明したかのようである。

2012-09-08 01:47:46
残りを読む(282)