1
河童々 @lpopjp
第52回国連人権委員会案件内容中、ジョン・オクソンさんの証言だそうです。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [1]私は1920年12月28日、咸鏡南道豊山郡把撥里で生まれた。13歳だった6月のある日、私は畑で働く両親の昼食を準備するために、水を汲みに、村の井戸に行った。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [2]その時、日本軍がトラックを運転してた。日本軍は私をつかまえて強引にトラックに載せた。私はそのまま警察署に連行され、警察官数人に強姦された。私は声をあげた。彼らは、私の口に靴下を押し入れ、交互に私を強姦し続けた。私は泣いた。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [3]警察の頭目が私の左目を殴った。どれほど強く当たっただろう、その日、私は左目の視力を失ってしまった。十日ほど過ぎて、恵山市の日本駐屯軍兵舎に連行された。そこには、約4百人の、私と同じ年頃の朝鮮の少女たちがいた。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [4]私達は5千人もの日本軍の性奴隷として、強制的に、一人で一日に40人もの男達を相手にしなければならなかった。そのたびに私は反抗をしてみたが、彼らは、私を殴ったり、私の口の中にぼろ切れを押し込んで、無理やり強姦をした。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [5]私は血だらけになった。一度、私と一緒にいたある朝鮮の少女が、耐えられず、抗議をした。これへ、日本軍中隊長の山本が、部下に、彼女を刀で突きのめしてしまえと、命令した。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [6]私たちが見ている中、彼女は服を脱がされ、腕と足が縛られたまま、釘が打ち込まれた板の上に置かれた。彼らは、彼女を釘板の上で転がした。肉が引き裂かれていき、血が一面だった。ついに、彼らは、彼女の首を切った。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [7]他の山本という日本人は「お前らを殺すのは犬を殺すよりも簡単だ」と言った。また、 「あの朝鮮女達が、食べるものが無くて泣いているから、死んだ人の肉を煮込んで食べさせろ」と言った。
河童々 @lpopjp
RT @halmeoni_bot : [8]また一度は、私達の内、40人をトラックに乗せて、遠い、蛇がいっぱいの水たまりへ連れ行き、かの女達をを殴って、水中へ押し込んでは泥で覆って生きたまま埋葬をした。
河童々 @lpopjp
鄭玉順ハルモニの証言は、ジャーナリスト伊藤孝司さんのルポルタージュで、日本でも広く紹介されているようです。韓国のサイトで見つけましたが、転載元の日本のサイトは分りませんでした。 以下に、記事の日本語部分だけ、コピペさせていただ... http://t.co/muQHA5NX

コメント

lulu @lulu_happy1 2019年7月22日
くぎの板による無残な罰は、五代十国時代の●(びん)の国の軍使、薛文傑が考え出した刑罰から始まっていた。罪人をくぎの突き出た狭い箱に入れて揺らして死にいたらしめる刑である。また人肉食、罪人も幼子も殺して食べる事例は数限りなくといえるほど、資治通鑑に記されている。 蛇の池の罰も五代十国時代の南漢という国の帝が考案した罰で、「水獄」と呼ばれていた。 刺青は海南島リー族の伝統文化 https://www.google.com/amp/s/www.sankei.com/politics/amp/15