2012年10月27日

設定『九龍寨城』

@_who3 さんのTRPG用の設定をまとめました
2
S6927 @S6927

舞台は『九龍寨城』なる巨大な構造物。この構造物の中は、特殊な背景によって如何なる法も及ばぬエリアであり、強力な邪の氣脈を帯びる魔境である。それ故に外界では非合法とされる様々な魔術・技術が気ままに研究・運用されている。

2012-10-24 06:00:20
S6927 @S6927

しかし『九龍寨城』の中にもある種の秩序が存在する。様々な目的を持ち寨城内で活動する五つの大組織が利害拮抗の五角形を成しているのだ(名前募集中★)。……この五角形、今でこそ安定しているが、嘗ては寨城全てを揺るがして激しく争っていた。

2012-10-24 06:12:02
S6927 @S6927

では安定したのは何故か。それはある一週……寨城内に満ちる邪氣の根源が何らかのきっかけで異常活発になり、その影響で大量の妖魔が顕在化。数多の死者を霊媒に膨大化しながら寨城外へ噴出しようとした事件『(名称未設定★)』があっての事である。

2012-10-24 06:23:39
S6927 @S6927

本土からの干渉は『九龍寨城』の特質を大きく損なうものとなる公算が高かった。五大組織はこれを望まず、事態収束の為に休戦。同時に、妖魔に対抗可能な戦闘能力を持つ者達を募り、その討滅に当たらせた。更に多くの犠牲者を出すも、事態は好転。妖魔の大群を退け、一応の封印に成功する。

2012-10-24 06:30:49
S6927 @S6927

この『大封印』以降、五大組織は事態の再発を防ぐ為に共同で『退魔局』を設立。武侠・術師などに『退魔業者』の免許を与え、妖魔討滅の任務と報酬を与える様になる。……しかし時をおう毎に、強力な戦闘能力者である彼らの力は、純粋な退魔以外の任務にも用いられる様になっていった。

2012-10-24 06:41:28
S6927 @S6927

元より専業の退魔業者は多くはない。彼ら本来の生業をあてに、一種の「実力者の証明」として免許が用いられる様になっていく。……時に、邪氣濃密な最下層部へ人探し。時に、魔術研究の資材調達。時に……いずれかの組織の走狗。

2012-10-24 06:50:47
S6927 @S6927

当然、各組織の構成員にも免許が与えられている事がある。その活動が一組織のみに利する事を防ぐ為に、一組織の退魔業者が複数名で行動する事を禁じる掟もある。さりとて、ある組織に利して動く者が、必ずその所属者である道理もない。

2012-10-24 07:00:20
S6927 @S6927

つまり、嘗て寨城を揺るがした闘争は、いまや『退魔局』を介しての暗闘に置き換わったのだ。妖魔という共通の敵との戦いを目しながらも、『九龍寨城』は人蠱の坩堝として一つの安定を得たのである。

2012-10-24 07:08:57
S6927 @S6927

一応五大組織の名前と設定は考えてる。三合会、霊算講、黄家、救世騎士団、武装警察隊。……しかし、こいつらを五つ纏めて何と呼ぶやらが決まってない。サタスペの「五大盟約」に負けないカッケー総称が欲しい所でR。

2012-10-24 07:17:46

コメント

seidou_system @seidou_system 2012年10月28日
中華テイストっぽく「五洞府」とか
0