AWsツイッター連載小説「聞き逃して資料課」

創作活動サークル「AWs-Another Worlds」によるツイッター連載小説です
現代ファンタジー フィクション 小説 AWS 創作 ログ
2
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/23 - 1)  ——やべぇ、話聞いてなかった。  突然だが、俺には良くない癖がある。  それは、相手の長話をつい聞き逃してしまう、と言うことだ。  目の前で「分かったかな?」と大膳警視がこちらに微笑む。  ——言わなければ、聞いてませんでした、もう一度お願いします、と
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/23 - 2)  頭では分かっている。分かっているのだが。 「はい、バッチリです」  つい取り繕ってしまう。良くない癖その二だ。 「改めてようこそ、刑事総務課資料2係へ。中国巡査、これから宜しく頼むよ」  ま、まぁ、ここは資料課、これからおいおい覚えていけばいいさ。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/23 - 3) 「係長、失礼します。目黒区でGH事案の疑いのある殺人事件発生との事です」  俺より少し年上くらいの青年が駆け込んでくる。 「うむ。丁度いい、鈴木巡査、彼を同行させて、仕事を覚えてもらいなさい」 「中島班に加わる、と言うことですか? でしたら、直接……」
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/23 - 4) 「いや、それはまだ確定ではない。だが、百聞は一見に如かず、だ。なら、中島班が適任だろう?」 「分かりました。中国巡査、私は鈴木コウキ巡査です。班長である中島マモル巡査部長は既に現場に向かっていますので、我々も急行しましょう。私が車を出します」
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/23 - 5)  ——げ、現場? 資料課が現場になんの用事ですか?  とは、とても聞けない。  2019年3月23日の今日、資料課に左遷された俺は、訳の分からないまま、鈴木巡査の車に乗り込み、現場に向かった。 to be continue……
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/24 - 1)  鈴木巡査の車が止まる。 「行きましょう」  鈴木巡査が腰の拳銃の装填を確認し、車を出る。  ——銃の装填を確認した? まさか、凶悪犯でも待ち受けてるのか?  いやいや、資料係だぞ、とは思うが、何せ俺は資料2係が何をする部門なのか一切聞いていないのだ。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/24 -2)  すぐそばのビルとビルの間の路地裏に入っていく。ますますアンダーグラウンド感が高まっていく。 「そう怯えなくても大丈夫ですよ。中島さん……中島巡査部長はうちで一番強いので」  こちらの不安を感じ取ったのか、鈴木巡査がこちらに声をかけてくれる。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/24 - 3)  ——一番強い? やっぱりなにか荒事になるのか?  しかし、何一つ話を聞いていなかった俺にとって、その言葉はただ俺を不安にさせるだけだった。  やがて、警察が殺人現場の保全などに使うイエローテープで囲われた空間が見えてくる。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/24 - 4)  外を見張っている警官に挨拶し、中に入っていく。  イエローテープの中は、左遷以前によく見た殺人事件の現場そのものだ。  そして死体のすぐ側でしゃがんで死体を見ていた男性が立ち上がり、こちらに向き直る。 「来たね、鈴木君。そして、君が中国君か」
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/24 - 5) 「中国巡査、彼が中島巡査部長です」  鈴木巡査の紹介を聞き、自分も自己紹介をする。 「それで、どんな調子ですか?」  鈴木巡査が話を聞き始める。長話になりそうだ。  そんな事より中島巡査部長の懐が膨らんでるのが気になる。小刀か何かを隠し持っているのか
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/24 - 6)  ——やっぱり、荒事か? 荒事なのか?  不安が高まる。 「という感じかな。中国巡査もそんな感じでいい?」 「はい、問題ありません!」  と答えながら内心思った。  ——やべぇ、また話聞いてなかった to be continue……
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/25 - 1)  しばらくすると女性が一人入ってくる。 「夕島巡査、到着しました」 「ありがとう、早速だけど、試してくれるかな?」 「はい」  夕島巡査が神社で見るようなお札を死体の上におく。  なんだ、途端にオカルトみたいな空気になった。俺たち、警察だよな?
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/25 - 2) 「掛介麻久母畏伎 伊邪那岐大神 筑紫乃日向乃 橘小戸乃阿波岐原爾 御禊祓閉給比志時爾 生里坐世留祓戸乃大神等 諸乃禍事罪穢 有良牟乎婆 祓閉給比清米給閉登 白須事乎聞食世登 恐美恐美母白須」  夕島巡査が唱える。唱えるに併せて札が紫の光を放つ。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/25 - 3)  唱え終わると、同時に紫の光が視界を覆い、消える。 「どうだい?」 「とりあえず、彼女の魂を捉えていた穢れは祓いました。明らかに人為的なもの、GH案件と考えて間違い無いと思います」 「それでその穢れの出所は?」
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/25 - 4) 「判明しましたが、ここから先は宮内庁の領分では?」 「いや、せっかく新人を連れてるんだ、最後までやっちゃおう。井石警部補にはこっちから言っておくから、夕島くんも同行頼むよ」  話は全く分からないが、巡査部長のはずの中島さんが警部補に口を利けるのか?
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/25 - 5) 「じゃあ、早速だけど、こっちから仕掛けるかな」  中島巡査部長が気合を入れた、その直後、路地の入り口の方から男の悲鳴が聞こえる。 「入口の警官か!」  何が起きているのか分からないまま、俺は中島巡査部長に続いた。 to be continue……
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/26 - 1)  路地に戻ると、ドサっと警官が降ってきた。 「おや、まだいたのか。こりゃ良い」  路地の入り口に真っ黒な厚手のコートを着た男が立っている。だが、それはどうでも良い。 「おい、あんた! 大丈夫か!」  急いで警官に駆け寄り、傷を確認する。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/26 - 2)  胸を一刺し、心臓を突かれていれば助からないかもしれないが、応急処置をしないと。 「うるさい奴だ。やれ、イペタム」  男が指を鳴らす。 「危ない!」  突然、鈴木巡査に突き飛ばされる。  尻餅をつく俺の目の前に剣が降ってきて突き刺さる。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/26 - 3)  ——な、なんだよ、これ。鈴木巡査がいなかったら、頭に刺さってたんじゃないか……! 「夕島君、認識阻害と防音!」 「はい。結界Ⅰ急急如律令」  夕島巡査がお札を構えると、青い網目状の光が広がっていく。 「てめぇ、敵か! イペタム!」
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/26 - 4)  俺の目の前に突き刺さっていた剣が持ち上がり、夕島巡査に向かっていく。 「おっと、部下に手出しはさせないよ」  それに中島巡査部長が割り込み、懐に忍ばせていた小刀で剣を弾き飛ばす。  ——な、なんだこの出鱈目、何が起こってるんだ
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/26 - 5) 「うちの夕島に攻撃したな。少なくとも障害未遂の現行犯だ。君には黙秘権が認められている。供述は法廷で不利な証拠として扱われる可能性がある。弁護士をつける権利がある。また、公選弁護士をつける権利がある」  中島巡査部長がミランダ警告を述べる。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/26 - 6)  ——おいおい、嘘だろ。あんな剣を飛ばす出鱈目な奴を逮捕しようって言うのか?  困惑し半ば怯える俺を置いて、夕島巡査と鈴木巡査が銃を抜く。 「逮捕できるもんなら、やってみな、イペタム!!」  剣が男の目の前で浮遊する。 to be continue……
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/27 - 1)  鈴木巡査と夕島巡査が発砲する。始末書を恐れないその行動だけでも驚くべきことだが、コートの男の側を飛ぶ剣はその弾丸全てを叩き落とした。  ——なんでもありか。まるでアニメの世界だな 「見事! けど、剣が一本じゃ!」  中島巡査部長が一気に懐に潜り込む。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/27 - 2)  浮遊する剣は鈴木巡査と夕島巡査の射撃への対応に追われている。  つまり、中島巡査部長の小刀を防ぐ手段はない。 「イペタム!」  男が叫び、浮遊する剣が中島巡査部長の小刀を防ぐ。  そして防ぐ手立てを失った二人の銃弾は男に命中、しなかった。
AWs-Another Worlds-公式💙 @AnotherWorlds06
#AWsTwitter小説 (2020/3/27 - 3)  男に命中する直前に青い壁が出現し防がれたのだ。 「神秘の弱い十段では防壁魔術は破れない。悪くない判断だけど……」  中島巡査部長がニヤリと笑う。 「上がガラ空き」  直後、上、おそらくビルの上から一人の女性が男に飛びつき、ハンカチを男の口に当てる。
残りを読む(56)

コメント