国家どうしが裏で手をつなぎ国民同士の争いを仕組む。それが戦争だ、という@takeharasinichi 竹原信一さんの見解

まとめました。
政治 アメリカ 金融マフィア 政治家 国家 戦争 報道 官僚 政府 国際金融資本
12
竹原信一 @takeharasinichi
国家は恐ろしい。邪魔な人間を悪人に仕立てて処刑する。それが行政組織というものなのである。主流の報道は行政機関の道具にすぎない。記者クラブは国家の凶器である。記者たちは怖い国家側について弱い政治家を叩く。それを権力の監視と嘘を言う。客観を偽装して臆病さを隠している
竹原信一 @takeharasinichi
政治家に社会を変える力がないのは何故か?知識がない、思考力がない、勇気がない。つまり、国家を知らない、お金を知らない、自分を知らない。言葉の意味を考えない。自分で独立して考えることを恐れている。電通などが流行らせる言葉のコピペしかできない頭になっている。
竹原信一 @takeharasinichi
報道は自分たちが役所に飼われているのを国民に知られたくない。こんな社会にした責任を自覚などしたくない。もはや嘘に嘘を重ねるしかないのだ。
竹原信一 @takeharasinichi
記者は会社員。会社と役所に精神を飼われているのにそれを隠す。本心を自分にまで隠す。自分を騙している臆病な痩せ犬だ。臆病者が最も危険だ。自分が何をやっているのか分からずにとことんやってしまう
竹原信一 @takeharasinichi
新聞やテレビで使われる言葉がおかしい理由がわかった。記者たちは知らないのだ。本来の仕組みと現実の状態を。何をすべきかを知らずに分からずに記事を書いている。やりたいことを会社の顔色をうかがいながらやっている。インタビュー動画 http://t.co/K4hbpURq
拡大
SHIVA @francisco_bot
竹原さんは鹿児島県阿久根市で市長を務め、行政組織自体が犯罪をつくる場所になってしまっていることを認識した。公務員が役所のために犯罪を犯せば、みんなで守る状態。抜け駆けは許さない。その行政の不正を正そうとしたら市長をおわれてしまったhttp://t.co/xfyA8p7E
竹原信一 @takeharasinichi
期日前投票、投票用紙は余分に作ってあるので、夜のうちに自分たちが書いたものと入れ替えをしてしまう。 公務員が役所のために犯罪を犯せばみんなで守る。裁判所まで結託するというのは高知白バイ事件に限ったことではない。すべての役所で不正義が常態化している
竹原信一 @takeharasinichi
不正の根本は政治家を選ぶ制度そのものにある。カネをもらってくる人を好む投票は「泥棒社会を作れ」というのと変わらない。それこそ金融権力の思うがままだ。 ほとんどの人がカネの仕組みを知らないのでこんな状態になった。
竹原信一 @takeharasinichi
選挙を決めるのは大マスコミと役所。すなわち両方共に役所の意思、国家の意図に沿うことになる。国家に対する国民の主権などまったくない。日本はアメリカの傀儡。金融マフィアの羊。今度の選挙でその形が完成する。
竹原信一 @takeharasinichi
日本国政府は米国の傀儡である。政府、役所、裁判所、警察、報道などの公的なもの全てが米国の傀儡。米国は9.11で自国民を2000人も殺し、愛国心を利用して嘘の戦争を始めた。日本の選挙は米国の意思で作られる。だから妙な解散になった。第三次世界大戦への準備だ。
竹原信一 @takeharasinichi
ハ①人は自分自身が何に服従しているのかを理解していない。誰が飾り物の主権を誰が授けたかを知らない。主権がニセモノになる仕組みを知らない。人が国に飼われる仕組み、国家に依存する性質、国民が国家を利用できると見せかける罠をほとんど分かっていない。
竹原信一 @takeharasinichi
ハ② 国家の精神性は支配者、偽善家、詐欺師。国民を利用できると判断する場合に限って権力を分け与える。そのためにたくさんの法を作って自由にさせないようにしている。公務員の職務に対する態度は権力の本質を体感するにつれて偽善の支配者、詐欺師らしくなってくる
竹原信一 @takeharasinichi
ハ③ 東京大学は東大話法を身につける詐欺師養成所。
竹原信一 @takeharasinichi
ハ④ 国を所有しているのは国際金融マフィア。お金の仕組みを通じてそれをやっている。このことを隠蔽する仕組みが政治や選挙、経済学、政治学。つまり議会、報道、教育などすべての仕組みが絡み合い、もつれあって支配の仕組みをカモフラージュするようにできている。
竹原信一 @takeharasinichi
イ⑤ 金融権力からすれば地上に独立国は存在しない。国の名前は牧場の立札にすぎない。気が向いたら国際イベントの戦争をさせる力がある。
竹原信一 @takeharasinichi
金融、政治、行政、外交、軍事、経営がバラバラにしか理解できないように仕向けてある。「今回の選挙の争点は何々です」などと報道が煽る。会社や電通、役所に作られた雰囲気や気分でやっているのに客観を偽装している。大衆も政治家も操られているだけだ
竹原信一 @takeharasinichi
国家の敵は他の国家ではなく国民である。そのために国家どうしが裏で手をつなぎ国民同士の争いを仕組む。それが戦争だ。国家はシステムであり人間ではない。人間が人間を利用するために作ったシステムが人間を敵視している。国家はもともとそのように設計されたロボットなのだ。
竹原信一 @takeharasinichi
日本のシステムにおいて出世するタイプというのは面従腹背の詐欺師。政治家、官僚、報道、教育、そして金融。すべて嘘でつながっている
竹原信一 @takeharasinichi
普通の人が普通にやれば狂った社会が作られる。普通の人たちが普通に狂っている。立場に怯え、世間体に怯え、言葉に怯えているのがわかる。世間の死んだ言葉に追い立てられている。
竹原信一 @takeharasinichi
本当の仕組みを何も知らない人間たちが、民主主義だのなんだのと彼らが吹き込んだ嘘を間に受けて争っている。もちろん戦う相手を間違えるように仕組んでいるのがわからないようにしてあるから当然だ。
竹原信一 @takeharasinichi
@rantac 「自 v.s. 共」とか「右派 v.s. 左派」とかの対立軸は、すべてプロパガンダです。 実際に存在する対立軸は、「税金を払っている側の国民 v.s. 税金で飯を食っている連中」です。
竹原信一 @takeharasinichi
戦争は作られる。アメリカの指図で北朝鮮が衛星を打ち上げた。マスコミが恐怖を煽りアメリカの武器を買わせる。アメリカの景気回復のために戦争が作られる。もちろん資本家のための戦争だ
竹原信一 @takeharasinichi
明治維新で日本政府を作ったのは西洋人であり、今も彼らがこの国民を所有している。ほとんどの日本人はこの事実を知らない。権威主義的で付和雷同を常とする羊のような気質は、その気質を持つ日本人がする議論や教育では変える事が出来ない。羊民族であるのを認識すらできていない。
竹原信一 @takeharasinichi
自民党、民主党、は戦争をしやすい国にしようとする。反対等は国内戦を仕組む。両方が国民の自由を剥奪する。絶好のタイミングで報道が危機を煽る。戦争が始まる。 そうなったら国民にはなんの力もない。 
竹原信一 @takeharasinichi
日本人は熱病にかかって戦争をしたとされている。あの時はみんな正気ではなかったと。 今はどうだろう。この社会も自分たちも正気だろうか。正気なのにこんな状態なのだろうか。おそらく私たちは正気ではない。狂っている。狂った選挙の後はもっと狂って戦争をする。
残りを読む(13)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?