2012年12月22日

今井先生の中二病でも恋がしたい考察~六花ちゃんを大切にしよう

勇太くんと六花ちゃんの関係に関しての考察。 本当に辞めさせる必要があったか?なるほど、考えさせられます・・・ さすが今井先生!そこに痺れる憧れるゥ!
5
今井哲也 @imaitetsuya

中二病でも恋がしたい! の最終話みたけど、終盤の展開はどうにも好きになれなかったな

2012-12-22 18:54:23
今井哲也 @imaitetsuya

最終話はひとつひとつのシーンは青春していてとてもよい雰囲気だったし何だかんだで観てて盛り上がりはしたのだけど、最終的に僕はゆうたくんがあんま好きじゃなかった

2012-12-22 18:56:28
今井哲也 @imaitetsuya

なぜなら六花ちゃんを大事にしないからだ!!!!! 六花ちゃんかわいいのに!!!!!!

2012-12-22 18:57:15
今井哲也 @imaitetsuya

こう、なんていうか、勇太くんは好きな六花ちゃんのために結局特になにもしないで終わってるんですよね。けど六花ちゃんはひたすら一方的に勇太くんのことをずっと好きなんですよね。勇太くんずるいですよね。

2012-12-22 19:00:14
今井哲也 @imaitetsuya

勇太くんは六花ちゃんの中二病のルーツを知った時点で、彼女のためになにかこう、一肌脱ぐっていうことをすべきだった

2012-12-22 19:03:54
今井哲也 @imaitetsuya

具体的にいうと、たとえば六花ちゃんの実家の跡地で六花ちゃんとお姉ちゃんが戦闘(?)になったとき、勇太くんはダークフレイムマスターとして二人の間に割って入るべきだった。「双方剣を引け! この場はこのダークフレイムマスターが預かった!!」とか言って。

2012-12-22 19:06:24
今井哲也 @imaitetsuya

そんでそのまま彼女を不可視境界線へ連れて行って、彼女なりのやり方でパパにお別れをさせる とかだったら勇太くんはイケメンだったし 最終回までの勇太くんのなんかゴチャゴチャしたアレはまるごといらなかった あの時点でそのくらい出来る材料は勇太くん持ってたと思うんですよね

2012-12-22 19:08:21
今井哲也 @imaitetsuya

あるいは文化祭では、勇太くんは恥も外聞もかなぐり捨てて六花ちゃんと一緒にダークフレイムマスターを熱演すべきだった 周囲が引くくらい なのに勇太くんときたら!!! あいつ!!!

2012-12-22 19:10:13
今井哲也 @imaitetsuya

勇太くんがどうして六花ちゃんに中二病をやめさせようとしたかというと、理屈としては「いつまでも中二病を続けるなんて人としてマトモじゃない」「現に彼女の母親やお姉さんが嫌がっている」みたいなところだと思うんですけど、なんていうか、土壇場での勇太くんのその判断はちょっとおかしいんですよ

2012-12-22 19:18:03
今井哲也 @imaitetsuya

おかしいっていうかその、春から文化祭までに勇太くんと六花ちゃんが過ごした時間を踏まえて考えると、勇太くんには逆に「中二病であることで彼女にとってプラスの面もある」っていう方向で彼女の家族を説得する、っていうことが可能だったはずなんですよね

2012-12-22 19:23:17
今井哲也 @imaitetsuya

だって、現実に六花ちゃん、邪王心眼の使い手っていう痛いキャラのまま、友達できてるじゃん。勇太くんとか凸守とかモリサマーとか。

2012-12-22 19:25:46
今井哲也 @imaitetsuya

あとくみん先輩とか。あとあの・・・名前なんだっけ・・・女子ランキング坊主・・・

2012-12-22 19:26:58
今井哲也 @imaitetsuya

要するに、「いつまでも中二病のままだとまともな社会生活が営めなくなる」みたいなのは明確に間違いだということを勇太くんは知っているわけです。加えて、六花ちゃんにとっての中二病はつらい現実を彼女なりに受け止めるための防衛機制なのだということも理解してる。

2012-12-22 19:30:30
今井哲也 @imaitetsuya

しかも勇太くん自身は過去に中二病を卒業した経験があるわけじゃないですか。だから勇太くんは六花ちゃんについて「大丈夫です、放っておけば時間が解決しますよ、いずれ中二病は治るんですから今は本人の好きにさせましょう」みたいなことをべつに言ってもよかったはずだと思うんです

2012-12-22 19:33:30
今井哲也 @imaitetsuya

少なくともそう言えるだけの材料は全部勇太くんは持っていたし、凸守やモリサマーは実際そういうスタンスを取っているんですけど、でも勇太くんだけはなぜかぎりぎりのところで「それでも中二病は六花にとってよくない、中二病をやめるべきだ」っていう側に踏みとどまる。なんで? ってモヤモヤした

2012-12-22 19:39:49
今井哲也 @imaitetsuya

翻るとそもそも勇太くんは六花ちゃんのどこを好きになったのか。こう言うとあれだけど、あの子、中二病の痛い言動を取ったら、挙動が小動物っぽくてあと顔がかわいい、くらいしか無いぞ

2012-12-22 19:45:25
今井哲也 @imaitetsuya

ここで、勇太くんにとって六花ちゃんが「中二病の痛い言動も含めてかわいくて好き」ではなかったとすると、というか、実際中二病やめろって言ってるからそういうふうに見えてしまうんですけど、

2012-12-22 19:51:08
今井哲也 @imaitetsuya

すると勇太くんは「なんか痛いけど俺のこと好きっていってくるかわいい娘だから何となく好きになったし彼女にした、けどその痛い言動はやめろな」みたいななんかこうすごいアレな感じになるじゃないですか!!! お前なんだよそれ!!! お前!!! おまえーっ!! 人間がなーっ!!!

2012-12-22 19:52:53
今井哲也 @imaitetsuya

いや落ち着こう、別にいいんですよ、そのくらいのこう、「顔がかわいいし動作もかわいいし僕のこと好きって言ってくれるから僕もなんか好きになっちゃった」みたいな感じで好きになってもいいんですよ。わかるよ。男の子だもんね。別にそれで好きって言っていいんだよ。うん。僕は落ち着いてるよ。

2012-12-22 19:54:03
今井哲也 @imaitetsuya

六花ちゃんかわいいもんな。うん。わかるよ。ていうか僕だったら初めて家のベランダで会った時点でもうギブだよ。うん。いいんだよ。

2012-12-22 19:55:06
今井哲也 @imaitetsuya

でも、そんくらいの感じでなんとなく好きになっちゃったって女の子にですよ、そういうぽっと出の彼氏がですよ、女の子の側が自分の人生に関わるレベルで深刻に悩んでる事柄にですよ、しかもそうやって彼女が悩んでるの知ってて「お前、それ痛いからやめろよ」ってお前簡単にそういうこと言うなよ!!!

2012-12-22 19:59:18
今井哲也 @imaitetsuya

お前それ何様だよ!!! しかも六花ちゃんいい子だし勇太くんのこと好きすぎるからほら見ろ黙って従っちゃったじゃないかよ!!!! 六花ちゃんかわいそうだよ!!!!!

2012-12-22 20:01:10
今井哲也 @imaitetsuya

しかも勇太くん、六花ちゃんの言動が痛いことによって「自分が恥ずかしい」以外に特になにも被害被ってないんですよね。そして繰り返すけど、六花ちゃんは中二病を続けることで精神のボランスを保っているし、彼女の友人関係も彼女の中二病をカギに構築されているということを勇太くんは知ってる。

2012-12-22 20:07:55
今井哲也 @imaitetsuya

けど、それを分かった上で、中二病を卒業することに固執した勇太くんは「中二病やめろ」って六花ちゃんに言っちゃう。で六花ちゃんは従っちゃうし、しかも勇太くんを一方的に好きでい続ける。なんかこう、すごいこう、あの、なに

2012-12-22 20:15:31
残りを読む(13)

コメント

ほしみん @hoshimin 2012年12月24日
なんで六花ちゃんを大事にしないんだ勇太?!とか、デートDV(六花ちゃんへの「眼帯取れ」のあたりはモラルハラスメントというか、正論による精神的な暴力に見えるものだった)とか、すごくうなずける。ただ、中二病を柔らかく受け入れられるぬるい世界観と、中二病を忌避する世界観と、相容れないモノが混じっている作品だから、その歪みが勇太の態度に反映されているように見えたかな……(あと十花も。モリサマーは、その歪みを背負わないですむ突き抜けた考え方を持つキャラになってた)。
0
ほしみん @hoshimin 2012年12月24日
だから、大事にしたい人を自分で損なって、失いかけて、反省して取り戻しに行く。そのあたりの勇太の行動が、ちょっとすっきりしないものになってたけど、やな役回りをやらされてんなあ……と同情的に観ていたわぁ。
0