10周年のSPコンテンツ!
49
リンク Energy Matters A Lasting Legacy of the Fukushima Rescue Mission: Part 1 Radioactive Contamination of American Sailors Normal outside radiation exposure is between five and 10 CCPM, he said. And thats from the sun. At Atsugi, the background readings were between 200 and 300 CCPM in the air. It was all over. Th...
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「空母ロナルド・レーガンでは艦内の塩分除去装置で海水を処理して飲料水を得ていたが、海水が放射能汚染されていたので、一旦水を全部捨て、汚染がなくなるまで、装置を何度も洗って検査し続けなければいけなかった。」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「『空母ロナルド・レーガン内には冷却水を必要とする原子力発電所があるが、その原子炉を、福島原発の原子炉からの放射能で汚染するわけにはいかなかった。』しかし簡単ではなかった。海流が汚染されていない沖まで移動し、船やパイプを洗い、また戻った。」http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「海図で放射能があるのが見える場所もあったが、そこを航海するのは緊張した。一般市民は空母と同じく、汚染がどこにあるかとか何なのかが分からず、伝聞や噂に頼っていた。我々の情報はもっと多かったが、東電が心配ないと言うので実際の事は不明だった」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「80日程日本近海に居て、岸から2マイルまで近づきまた離れた。風向きに左右されるイタチごっこだった。助けが必要な日本の人達を援助したかったから戻り続けたがその度危険な場所に到達した。東電がないと言った場所に汚染があり、ガスマスクを付けた」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「情報収集は困難であり、日本の官僚制の融通のきかなさのために増大した。NRCと原子力産業のコンサルタントだった事がある『憂慮する科学者同盟』のデイビッド・ロックボウムと核物理学者のエド・ライマンは、何千もの政府メールなどの調査をした。」http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「4号機の爆発後、使用済み燃料プールの冷却に十分な水を投入する事ができなかった。米政府はわざわざ豪から本州北部の米海軍基地へコンクリートポンプトラックを空輸した。日本政府は日本の道路用のライセンスがないので基地から出す許可を出さなかった。」http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「問題の規模を考慮すると、その優先順位は間違っていると思えた。しかし日本文化は皆が指揮者に従うシンフォニーのようであり、米社会は一緒に演奏していても即興が高く評価されるジャズ・エンゼンブルのようなものである。」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「福島から60マイル(約100km)の厚木基地のヘリコプター隊には、地震と津波の後で一日で三沢空軍基地に移動して仙台と福島に援助するオーダーが出た。他の隊は全部グアムに避難していた。厚木基地が閉鎖され、もう戻れない可能性が大きかった。」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「もう取り戻せないだろうから、自分の車のダッシュボードに名前と電話番号を記すように言われた。三沢には3週間半居て、人を救助したり物資を運んだり、毎日任務をこなした。原子力技術者が何人か居て、任務から戻って来る人のスクリーニングをした。」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「軍服の一部分を切ってしまわなければいけないことが多かった。(注:恐らく汚染のためと思われる)」マイケル・セボーン、ヘリコプター隊のシニア・チーフ・メカニック http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
セボーンは、グアムに3日派遣され、集中トレーニングを受けて放射能士官に任命された。それは簡単ではなかった。「これは完全に前例のない出来事だった。放射能と対処した事はなかった。全てが新しい事で、皆、訳が分かってなかった。」http://t.co/3Bao5hfT 
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「化学兵器と生物兵器の訓練は十分受けていたが、放射能を扱った演習は受けた事がなかった。それは核の事で、我々は核の事はしてなかった。空軍の連中は、放射能と対処した事がなかった。航空機が放射能汚染を受けた事はなかった。全く盲目的に飛んでいた。」http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
セボーンのグループのメカニック達にはルールがあった。帰還したヘリコプターをスクリーニングし、汚染された部品を外して水を張った容器に入れ、離れたタールマックに置いた。三沢で雪が降り始めたので、福島に近い厚木基地に戻った。 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
セボーンは、変化する放射能レベルを、CCPMと言う単位で測った。「普通の太陽からの自然被ばく量は5から10 CCPMだが、厚木基地でのバックグラウンドは大気で200から300 CCPMだった。放射能は水、地面、空気のあちこちにあった。」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「ルールはこうだった。500 CCPM以上だと特別の手袋が必要だった。1000 CCPM以上だとタイベックス放射能防護スーツが必要だった。5000 CCPM以上だとスーツ、フィルター付き保護マスク、ゴーグルと二重手袋の一式が必要だった。」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
「汚染されたラジエーターはヘリコプターに戻さず、取り替えなければいけなかった。ラジエーターを外して、60,000 CCPMだった事があるのを覚えている。」 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
しかし、最終的に、安全設備は十分でなかったかもしれない。トモダチ医療登録は、2年かかって作られ、2012年末に完成したが、バーモント州のサンダース議員の主張により、国防省、エネルギー省と 復員軍人委員会が共同で尽力した結果であった。 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
トモダチ医療登録は、福島第一原発の1号機から4号機から何ヶ月も大気と海に放出された放射能、特にヨウ素とセシウム、への被ばくによる長期的影響を確認するための医学的ベースラインを作るために不可欠な、徹底的な登録制度であった。 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
トモダチ医療登録の深さは他に比較がなかった。国防省の252ページに渡る、7万人の米国人の放射能被ばく量評価は、福島からの距離、仕事の種類と呼吸数への影響、天候の変動、性別、体のサイズや年齢等の色んな因子によって分類されていた。 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
子供は、年齢による放射能への感受性を反映して、6つの年齢グループに分類された。さらに、8000人以上が内部被ばく検査を受け、その結果が計算された被ばく量と比較された。 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
しかし最終的に国防省は、全身と甲状腺の最大で可能な推定被ばく量が、さらなる調査を必要とするほどひどくなかったと言う結論に達した。海軍は、この推定被ばく量は、かなり保守的な被ばく状況を仮定した結果なので、かなり正確だと言う自信があると言う。http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
その保守的な被ばく状況の仮定とは、60日間ずっと、24時間外に居て、その間の環境放射線量が高く、呼吸数が普通よりも多い、と言うものである。推定被ばく量は、計算方法や結果が正確であるという評価を受け、日本政府やWHOの推定と一致していた。 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
重篤な放射能汚染がなかったと決定されたので、「2011年3月11日位から始まった福島第一原発の事故とそれに続く放射能の放出後に日本の本州とその近辺にいた国防省関連の集団の中の誰も、健康調査対策は必要でない。」と発表された。 http://t.co/3Bao5hfT
Yuri Hiranuma @YuriHiranuma
しかし、環境を汚染した放射能レベルが低かったから、日本で生活していた大人や子供の継続したモニタリングが必要でないという、国防省の総括的な結論に懐疑的な意見もある。ロックボームは、「放射能は均一的に拡散しない」 と言う。 http://t.co/3Bao5hfT
残りを読む(90)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする