10周年のSPコンテンツ!
18
「イルカの非人間的人格を認めよう」キャンペーンへの署名依頼
リンク Causes Recognise Dolphins as Non-Human Persons No body with a proper human mind would like to kill another person, Dolphins are Non-Human Persons. They are being Killed & Captivated in thousands every year. As a Human Person it is our social responsibility to take care the rights of Human Person as we
依頼に対する基本姿勢
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
平和省運動でともに闘うオーストラリアの同志からイルカ保護キャンペーンへの賛同依頼が来た。同じ平和を目指す同志でも、イシューごとの姿勢は自由かつ是々非々。人間と同じ知的動物だから保護。家畜は別扱いという欺瞞には賛同できない。賛同は拒否する。
日本人が負う「食す=殺す」ことの業
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
古くから、日本人は自然とともにあった。生き物を殺すことには業が伴い、食べ物を粗末にしないことも、殺された生き物が命の糧となってくれているという認識があったからだ。食前の祈りは捧げなくても常に「いただきます」と云う。惰性となっていも、身に染み着いた習慣となっている。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
生きるということは、殺すということである。ただし、人同志は殺し合ってはならない。そして人は、他の生き物を殺すときには、それが生きるためにやむを得ないことだという業を負い、殺めた命を糧に生きてこそその命を「生かす」ことができる。この考え方は、欧米人にはおよそ理解できないらしい。
菜食主義で「命」は救われない
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
自らが捕食者となりたくないがために菜食主義を選ぶのは、個人の自由だ。だが、そうして自分の主義を貫いていてもおびただしい数の動物が殺されている現実は変わらない。その事実に対して、「自分は大多数とは違う」と主張しているだけのことで、そのことで救われる命はない。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
日本人の多くは、もう鯨もろくに食べない。だが昔からある食文化であり、衰退はしていても、文化として残っている。また必ずしも食用でないとしても、食べないから漁をしてはならないというのも、応用の文化があるのだから道理が通らない。食べようと食べまいと、殺生の業はつきまとう。
動植物はヒトのためにあるのではない
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
日本人の「物を粗末にしない」精神はそれが生き物であろうとなかろうと平等に適用される。そして元が生き物であったものに対してはさらに敬意が払われる。もちろん、現代日本人にあってはこの精神は廃れてしまっているかもしれない。だが似非ヒューマニズムにより生類を憐れむ欺瞞に比べればマシだ。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
植物であれ動物であれ、生き物は人間のために存在するのではない。菜食主義者だから何の命も奪っていないとするのは現実逃避であり、我々人間は罪深い生き物として他の命を貪って生き長らえている。これは真理だ。真理に向き合わずに欺瞞や逃避で自らの業を和らげようとするものを私は尊敬できない。
「いただきます」「ごちそうさま」を言う文化
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
これが問題の署名キャンペーン。「イルカの非人間的人格を認めよう」。最近の研究でイルカの知的水準がヒトに近いと判ったんだとか。あ、そう。|Recognise Dolphins as Non-Human Persons http://t.co/Qxi8MYNI via @causes
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
【今こそ再掲】いつか全訳してやろうかこれ。|そうだったのか!「いただきます」本当の意味 - [暮らしの歳時記] - All About http://t.co/G5w8Gl4z
リンク [暮らしの歳時記] All About そうだったのか!「いただきます」本当の意味 なぜ「いただきます」「ごちそうさま」と言うのでしょう? 「いただきます」「ごちそうさま」という挨拶に、日本の心があらわれています。人と人とのつながりや食への関心が高まる今、知っておきたい日本の文化。子育て、食育にも役立ちます!
「いただく命」に大小も優劣もない
ゆりかりん @yurikalin
「いただく」命の尊さに大きいも小さいもないよね? http://t.co/Y45BCdZ1 http://t.co/RaVa5Vza RT @tkatsumi06j:「いただきます」本当の意味 http://t.co/TP5SZa5f http://t.co/36RAKQT6
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
んだ♪ RT @yurikalin: 「いただく」命の尊さに大きいも小さいもないよね? http://t.co/YrrvBWzb http://t.co/ydxK0ztV RT http://t.co/lxyU0n03 http://t.co/QTjTWm8i
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
RE https://t.co/r6sTvAvs また「いただく命」に賢いも馬鹿もない。人間を殺してはならないのは人間同士だからだ。人間が賢い生き物だからではない。人間は動物を殺してよい訳ではない。が、そうしなければ生きられない。だから「命をいただく」ことの業を忘れないのだ。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
この業を語り継ぎ継承し続けている日本の食文化は、私の誇りだ。
回答を英語でまとめる
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j
よし、ここまで語ってきたことを「同志」にぶつける。
残りを読む(58)

コメント

Sim @tamashirosama 2013年2月18日
まぁ、キリスト教やユダヤ教ってのは選民思想の傲慢な宗教ですから。
かずひろ @kazuhiro_art 2013年2月18日
「動物の非人間的人格は認めますが、同じ人間でも肌の色や宗教によっては人格を認めません」
デビット・ライス @DavitRice 2013年2月18日
日本人にも菜食主義者はいっぱいいれば、欧米人でも”生き物は人間のために存在するのではない”という考えをする人はいっぱいいる(ディープ・エコロジーとか東洋思想に影響される人もいれば、そもそもキリスト教の発想でも”生き物は人間のために存在するのではない”という考えは導くことができるしそう主張してきた人はいっぱいいる)のに、安易に“欧米人におよそ理解できない考え方”と書かれるとイラッとするな。
デビット・ライス @DavitRice 2013年2月18日
あと”自らが捕食者となりたくないがために菜食主義を選ぶのは、個人の自由だ”と書きながら“私は尊敬できない“とか“罪深き業を重ねているだけ”とか否定的評価を書き連ねているのがなんとも。自由だと思っているんなら否定したり悪口言わずに放っておいてやれよ。
デビット・ライス @DavitRice 2013年2月18日
あと“鯨やイルカを食べることを拒否する(家畜は食べる)人たち”についての言及と“(家畜も食べない)菜食主義の人たち”についての言及が混ざっているからメチャクチャになっている。ヴィーガンの主張に対して批判するつもりなら”菜食主義者だから何の命も奪っていないとするのは現実逃避であり、我々人間は罪深い生き物として他の命を貪って生き長らえている。これは真理だ。真理に向き合わずに欺瞞や逃避で自らの業を和らげようとする”は藁人形叩いているだけで何の批判にもなってないし。
デビット・ライス @DavitRice 2013年2月18日
内輪で藁人形叩きあって満足してないで、ちょっとは相手の理屈や議論を調べてからものを言えばいいのに。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j 2013年2月19日
最新の反応追加しました。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年2月19日
「いただきます」の思想には冷徹な側面もあって、そこが素晴らしいと思う。強さと優しさ、二つの矛盾した価値を同時に満たす考え方。優しさばかりを満たそうとすれば人間が他の生物によって支配されたり、人間同士で否定し尽くすことに甘んじることになる感じがする。何の因果か、霊長類として今を生きている現実がある。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年2月19日
たとえば「神>人間>動物>植物」という価値観と「人間>他の生物」という価値観があるとすれば、「いただきます」は後者に近い。人間至上主義であることは色々な面で便利だと思う。なぜなら「生きたい」と望む限り、他のあらゆる生物を糧とすることは現実にまかりとおっているから。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年2月19日
何千年も何万年も他の生物を犠牲にして(ときには至上のはずの同類で殺し合って)繁栄しておきながら、その歴史から目を背けるような考え方は、単純に不便だし、抵抗がある。便利か不便かで考えていきたい。せめて人間同士でうんざりするような争いはできるだけやめたいね、みたいな結論に落ち着きたい。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年2月19日
「必要であれば人間は他の生物を犠牲にしてよい」とする考え方、またそうした現実は素晴らしいと思う。ただし「犠牲にしてしまって悲しいとか苦しいとか感じる」のは逃れられない人間の業だ。だから無益な殺生はいけないよ、みたいな考え方がどうしても色んな国の色んな宗教思想にあるんだろうなーとかしみじみ思った。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年2月19日
「他の生物を犠牲にすると悲しくて苦しいから、犠牲にしてはいけない!」と「他の生物を犠牲にすると悲しくて苦しいから、できるだけ犠牲にしたくはないね」の温度差はすごい。前者を体現するのはすごく難しい。難しいことを無理やりやる連中もいる。
箸呂院マジチキ @kairidei 2013年2月19日
「いただきます」の思想が殊更に優れているとは思わないが、長い歴史の中で熟成されていっただけのことはあって、よくできた思想だと感心する。どういう人が始祖なのか分からないがきっと聡明な人なんだろう。
💫T.Katsumi🎸 @tkatsumi06j 2013年2月20日
西洋の反論者とのやりとりを追加しました。ツイートは論旨のみ本文はリンク先を参照。なかなか濃ゆいです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする