チェルノブイリ事故「後」に生まれた子供では、甲状腺癌の増加は認められなかった。

最近ネット上で「チェルノブイリ事故による小児甲状腺癌の増加はスクリーニングによる見かけ上のものである」というおかしな意見が散見されるのでまとめました。
82
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

論文(無料): ベラルーシでの甲状腺がんの増加は、おそらくチェルノブイリによるものだろう http://t.co/1bJKoPcCv9  1994年、Abelin。まだ論争の真っ最中だった頃のチェルノブイリ甲状腺がんについて。非常にためになる論文(Letter)。

2013-03-22 22:26:25
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

1992年、ベラルーシでの小児甲状腺がんの発症率は、事故前の62倍に上昇。1986~1992年に報告された160例の内、120の組織片をスイスとベラルーシの病理学者が再検査、113の組織片から癌を発見(よって、誤診による増加とは考えられない)。 @miakiza20100906

2013-03-22 22:28:38
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

また、症例の87%が直径 10 mm以上であり、65%がリンパ節浸潤、13%が肺転移を起こしていた。このことから、スクリーニングによる見かけの増加分は一部のみで、真に発症率が増加しているとみられる。 @miakiza20100906

2013-03-22 22:30:14
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

さらに、1990年と1991年に報告された症例には、事故後に生まれた子供はいなかった。 …というような内容。1994年の論文ですでに「事故後に生まれた子供に甲状腺がんの増加が見られない」ことが指摘されていたのか。 @miakiza20100906

2013-03-22 22:32:06
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

じゃあ、それを統計できちんと立証したのが山下俊一氏や長瀧重信氏らということなのか。 → http://t.co/xJ2SvaZNQ2  2001年の Lancet 論文。 @miakiza20100906

2013-03-22 22:52:25

Masato Ida, PhD @miakiza20100906

Demidchik,Saenko,Yamashita のチェルノブイリ甲状腺がんの論文 http://t.co/gW8RXgtB (2007年,無料) p.750 から少々、引用・意訳。

2013-02-16 23:13:47
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

引用・意訳1》 1993年、ゴメリとブレストでの甲状腺がんの粗罹患率は、それぞれ10万人当たり9.4人と6.7人にものぼった。これは世界で最も高い罹患率と見なされたが、この結果は当初、実施されたスクリーニング・プログラムによるものだとされた。

2013-02-16 23:17:07
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

引用・意訳2》 実際、超音波造影と微細針吸引生検を多用した初期の診断では、甲状腺がんを患う子供が予想を越えるほどに多く見つかった。この結果に対して向けられた疑問の一つは、より歳をとってから見つかるはずの癌が早期に発見されたのではないか、というものだった。

2013-02-16 23:17:51
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

引用・意訳3》 しかし、その後に同じ地域で行われた「事故後に生まれた子供」に対するスクリーニングでは、同年代の子供たちに甲状腺がんは見つからなかった。

2013-02-16 23:18:30

Masato Ida, PhD @miakiza20100906

「ウクライナが米国と共同で行っている甲状腺スクリーニング調査」 togetter.com/li/782102  被ばく量の大小によらず、受検者全員を同じ頻度・同じ基準で診断するというプログラム。この検査方法によっても、被ばく量に比例する甲状腺がんリスクが確認された。

2015-02-22 13:24:49
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

「ベラルーシで行われた甲状腺がんスクリーニング」 photozou.jp/photo/show/885…  1990-91年に行われた 14 歳未満(検査時の年齢)に対する調査では、1100 人中に 7 人という非常に高い割合で甲状腺がんが見つかっている。

2015-02-22 13:34:53
拡大
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

一方、事故後に生まれた世代では、1998-2000年に行われた 14 歳未満(検査時の年齢)に対する調査 photozou.jp/photo/show/885… (Shibata ら)で 9472 人中に 0 人。

2015-02-22 17:52:00
拡大
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

同じく事故後に生まれた世代では、2002年に行われた 14 歳未満(検査時の年齢)に対する調査 photozou.jp/photo/show/885… (Krysenko ら。表の一番下)で 25446 人中に 0 人。

2015-02-22 17:54:54
拡大
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

このように検査時点での年齢を揃えて比較すれば、事故時にすでに生まれていた世代と、事故後に生まれた世代では、甲状腺がんの発生に明白な差があることが分かる。 くわえて、事故後生まれに目立った過剰発生が見られないことを示したのは、Shibata らだけではない、ということ。

2015-02-22 18:03:52
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

こういうことは、主要論文を少し調べてみれば分かること。 @miakiza20100906

2015-02-22 18:06:35

コメント

Hirasawa @HirasawaNochuri 2013年3月24日
1989年にウクライナ側が甲状腺癌の増加を報告すると、ソ連当局やIAEAは認めず、「患者数が増加したのは、超音波診断など診断装置が良くなったので発見率が上がったからだと言われたのです。」ウクライナ内分泌代謝研究センターのテレシェンコ医師(『低線量汚染地域からの報告』130頁)
3
kentarotakahashi @kentarotakahash 2013年3月24日
あの22万viewのまとめに、「(玄妙さんの説を鵜呑みにすると)ゴメリ州以外でのベラルーシでは放射線被害による小児甲状腺がんはなかった、ということになってしまう」と書きましたが、まさにそういう現象が起きているのですね。
3
スカルライド @skull_ride 2013年3月25日
安全論も度が過ぎると安全デマになってしまいます。鵜呑みにしないように気をつけたいですね。
3
スカルライド @skull_ride 2013年3月25日
まとめを更新しました。みーゆさんの過去のツイートを追加しました。
1
たちばな @derneptun1 2013年3月27日
NHKサイエンスゼロソースなのですが、ヨウ素の半減期は8日なのでチェルノブイリ事故の1年後以降に生まれた子供にはヨウ素による放射線の影響は出ないとされていました。 ですからそれ以前に生まれた子供とそれ以降に生まれた子供の甲状腺癌の発生率に差があれば、事故と甲状腺癌の因果関係が判明する。実際、二つのサンプルに差が発生したのでチェルノブイリ事故と甲状腺癌の因果関係が証明されたと。 半減期が30年のセシウムではこういう調査方法は使えないので事故との因果関係を見つけられなかったらそうです。
6
クラウド@生物濃縮放射能は人に返る。。。 @palebrown 2013年4月17日
2001年の論文に関連すると思われる毎日新聞記事のまとめを紹介致します。→ 【甲状腺がん調査報告 ベラルーシ 2001年長崎大学 毎日記事】 http://togetter.com/li/415383
0
スカルライド @skull_ride 2015年2月27日
まとめを更新しました。みーゆさんのツイートを追加しました。
0
シュー @shu_n148 2017年12月26日
チェルノブイリの事故後生まれの子ども対する調査は、福島先行調査より低年齢、小規模なものです。先行調査から同じ年齢層を抽出し、規模を合わせると診断例は数人程度と考えられ、有意な違いはないのではないかと考えます。
2