10周年のSPコンテンツ!

芦田先生の就職活動〈激〉ツイート

この後会議なので、後でまとめて読むためにまとめておきます。 芦田先生が微妙に改訂されたまとめがブログに掲載されました。 http://www.ashida.info/blog/2010/09/_20.html#more どこが変わったかを見つけて読むと、さらに味わい深いと思われます。
67
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(1)】就職は、「自分の夢」「将来の夢」「自己実現」「能力の開花」に関わっているだけではない。自分自身が新たに築く家庭の家計の支えになることにも繋がっている。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(2)】「夢」を実現しても生活ができなければ意味がない。特に最近は、共稼ぎをしても世帯年間収入が600万円を超えない家庭が多い。子供を妊娠・出産しなければならない女性が働くことを前提にしてもその程度の年収ということを真剣に考えている学生が少なすぎる。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(3)】そもそも就職は「夢」を実現することではない。まずは自分を会社に買ってもらうわけだから、〈夢〉を語る前に、自分に何ができるのかをはっきりさせねばならない。しかもその「できる」は、自分が食べられるだけではなく、人(家族、特には自分の子供)も食べさせる能力...
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(4)】つまり〈就職〉とは、まだ見ぬ他人を納得させる能力を開花させる場所であるわけだ。これまでは、試験勉強が中心で担当教員を(カンニングをしてでも)納得させればそれで済んだが、就職試験はそうはいかない。別の難しさがある。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(5)】試験官は、背後にいる何億もの顧客を想定してあなたの前に立っている。また、数十年後会社のリーダーになって何百人、何千人、何万人ものリーダーになれるかどうか、多くの社員に尊敬される人間になれるかどうかを見ている。その点をあなた達は忘れがちだ。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(6)】だから、あなた達は就職ノウハウ本に頼る。ノウハウ本で就職できるような会社は直ぐつぶれる会社。何もできない、何も勉強してないバカな自分を入社させてくれる会社は、それ自体がバカな会社だ。なぜ冷静にそう考えられないのか。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(7)】背後に多数の顧客、多数の社員を有している会社は、ノウハウではなくて、あなたの根性(別名:コンピテンシー)を見ている。根性だけが、他人を動かすことができる。根性だけが未来を切り開くことができる。根性だけが世界を動かすことができる。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(8)】しかし〈根性〉は、努力主義ではない。それは〈素性〉と言われているものに近い。親子関係も地域も学校もあなたの〈根性〉を培ってきた。その根性をもって、あなたは世の中に飛び立とうとしている。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(9)】そんなあなたの根性は何か。根性には表情がある。それは性格のプラマイを相殺した絶対値のようなものだ。性格なんてどうでもいい。長所は短所、短所は長所だから。そうではなくて、何が自分と他人とが違うところなのかということだ。二十歳を超えた人間が初めて問える問いだ。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(10)】〈根性〉は、どんな人間にも備わっている。親との関係、地域との関係、友人との関係、学校との関係、趣味やアルバイトの経験などなど、自分が20年以上も生きてきて、(無意識にも)形成されてきたものを今こそ冷静に掘り尽くすことだ。そここそを面接官は見ている。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(11)】大概、「自分の個性」「自分の特長」などと思ってるものは、個性でも何でもない。情報社会に生きるあなたたちの「個性」や「特長」ほどくだらないものはない。面接官がそれらの個性について2,3つ質問するともう何も言うことがなくなるほどの薄っぺらな個性に過ぎない。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(12)】大概の「個性」は月並みなものに過ぎない。「適性にあった就職を」とバカなキャリアカウンセラーは言うけれど、そんな「適性」など存在しない。社会とは、自分が〈変化〉できる場所。だから楽しい。そんな楽しい場所に、薄っぺらな個性や適性を持ち出しても意味がない。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(13)】あなたたちのこれまでの勉強は、〈努力〉すれば先が見えるという性格のものだった。つまり累積がものを言う世界だった。でも、実社会は、累積では仕事ができない。予習や復習が効かないのが実社会というもの。いつも変化を迫られている。だから〈努力〉では就職はできない。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(14)】私の言う〈根性〉とは、そんな変化に耐えうる能力のことだ。些細であるとはいえ、あなたたちの20年以上の経験の中にも、親が亡くなる、身体を悪くする、友だち大げんかする、親に大きな嘘がばれたなどなどの変化があったに違いない。そのときあなたはどうした?
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(15)】そんな〈変化〉に見舞われたとき、あなた方のストックは、ほとんど役立たずで絶望に見舞われたに違いない。自己嫌悪にも陥ったに違いない。そのとき、何がその〈変化〉を支えたのか。それが、私の言う〈根性〉。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(16)】大概の日本の若者は、こういった変化を受験勉強で経験している。受検勉強は、累積型の努力主義だが、年に1回の試験で合否が決まるという集約性が、大きな〈変化〉の体験になっている。成熟した日本の学生の〈根性〉形成は、実生活の変化よりは、〈大学受検〉なのである。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(17)】学歴偏差値の序列は、無体験な日本の学生を徹底的に孤独に追い詰めることによって〈根性〉形成に寄与している。〈根性〉に偏差値は相関している。「学歴は問わないが、ふたを開けてみれば名門大学だった」というのはその意味でのことだ。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(18)】情報社会に包囲されている若者ではあるが、大学受験の一回性は、この情報社会での唯一の身体性。その身体性の根性を企業は見ている。だから、高学歴と一流企業就職とは一致している。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(19)】さて、たまたま高偏差値・高学歴でもないあなたはどうすればいいのか。重要なことは、しかし高偏差値・高学歴自体ではなく、それに伴う〈根性〉なのだ。あなたの根性をどこで見出すのか、それが就職活動の鍵を握っている。受験勉強の代わりに根性探しをしなくてはならない。
芦田宏直 @jai_an
【就職活動への激(20:とりあえず一段落終わり)】さて、従って、就職活動とは、面接官を通過することではなくて、自分の根性を見出すことです。根性とは一言で言えば、自分の子供を食わせる能力のことです。バカほど「自分の夢」を語りたがります。しかし能力とは他人を養う力のことを言うのです。
芦田宏直 @jai_an
終わった。疲れた。全文ナマの書き下ろしはつらい(笑)
芦田宏直 @jai_an
@sendaitribune これがブログ版のまとめです。少し加筆修正してます。 http://ow.ly/2ApCO

コメント

バイレン @nomalplayer 2010年9月7日
実に正論。で――その、なんだ。何万人もいる若者が全員「リーダー」になれるんでしょうか。そんなにポストが空いてるんでしょうか。この檄文の対象は真の意味での「正社員」しか対象にしていないが、それは今の増えすぎた大学生全てを飲み込めるのでしょうか
バイレン @nomalplayer 2010年9月7日
>そのとき、何がその〈変化〉を支えたのか。それが、私の言う〈根性〉。 えーと。これでぱっと思いついたのが「時間」ですね。何ヶ月かたって初めて客観視出来る。で、一方就職活動は1ヶ月に何十回といかにゃならんモノですから、足りないという印象が強いんですが
こんぽた @cornpt 2010年9月7日
企業側は変わらないんだ。。。(ぼそ
バイレン @nomalplayer 2010年9月7日
とりあえず、その「根性」と「努力」の違いを教えてくださ……ああなるほど「自分で考えつかなければダメ」実に正論でございます。全員リーダーを目指して、その先で優劣がついて、有限の椅子が埋まり尽くし、立ち往生する学生に対しては何も無い「根性不足」なのでしょうか
バイレン @nomalplayer 2010年9月7日
>〈根性〉は、どんな人間にも備わっている。親との関係、地域との関係、友人との関係、学校との関係、趣味やアルバイトの経験などなど。  その中で「いい根性」と「悪い根性」(会社に必要とされない根性)の等級付けがつくわけですよね。で「悪い根性」側に位置する人間をどうしたらいいか。
バイレン @nomalplayer 2010年9月7日
つまり「性質」ってことでしょ。それを努力でどう変えるか、という方法論がない限り、どうがんばっても才能論に取られる部分ありますよ。企業の方々はさぞかし素晴らしい「根性」を魅せて頂けるのでしょうね。という愚痴だって出る
バイレン @nomalplayer 2010年9月7日
取り敢えず学生の質が上がれば企業さんはとてもお得ですよね、とだけは言っておきたい。
Noriko Osumi @sendaitribune 2010年9月7日
芦田先生の〈激〉ツイート、16-20を加えておきました。「檄」に直すかどうか迷った挙げ句、やっぱり〈激〉ツイートの方が面白いと思ってそのままにしてます(笑)。
若狭 @Wakasa_nada 2010年9月7日
正直自分を会社に「買ってもらう」という考え方は納得できない。
やまけん @ymkjp 2010年9月7日
事実に迫った身体性ツイート群、どんなけの人に伝わるのかな。でも圧倒的なリアルだから、伝わるのか。でも、それで不安になっても(目をそらして先延ばしにするだけで)変わろうと思わない奇妙な楽観主義者も多いような。。。
ぼくドラえもん @masanari100 2010年9月7日
財閥系なんかの大会社向けの就職活動をイメージ。 でもこんな会社もあったりする。 こんな会社も多い。 くら寿司。 http://togetter.com/li/47710
クロ @ti_clocks 2010年9月7日
>>あなた達は就職ノウハウ本に頼る。ノウハウ本で就職できるような会社は直ぐつぶれる会社。 といいながら、ノウハウにしか聴こえないことを語ってる気がする矛盾。
Noriko Osumi @sendaitribune 2010年9月7日
芦田先生の就職〈激〉ツイートまとめ、先生のブログにもアップされたというツイートを追加しました。
もら・りあむ @Tuniversity 2010年9月7日
色々妥協して企業様に入っても糞みたいな生活しか想像できないから夢追うわ。
Dango_Star7 @Kumoday 2010年9月7日
RT @jai_an: 【就職活動への激(7)】背後に多数の顧客、多数の社員を有している会社は、ノウハウではなくて、あなたの根性(別名:コンピテンシー)を見ている。根性だけが、他人を動かすことができる。根性だけが未来を切り開くことができる。根性だけが世界を動かすことができる。
Dango_Star7 @Kumoday 2010年9月7日
RT @jai_an: 【就職活動への激(9)】そんなあなたの根性は何か。根性には表情がある。それは性格のプラマイを相殺した絶対値のようなものだ。性格なんてどうでもいい。長所は短所、短所は長所だから。そうではなくて、何が自分と他人とが違うところなのかということだ。二十歳を超えた人間が初めて問える問いだ。
Jun Окаdа @ojunn 2010年9月8日
中身のありそうなことを言ってそうで、実は何も言っていないお手本。こんな大人に面接されて落とされるんだからたまったもんじゃないよね。
岡部 健 / Ken OKABE @kenokabe 2010年9月8日
最初の数TWだけ、正論だったので、一瞬おっと思ったけど、あとはいつもの、言葉遊びだな。とくに見るものはない。正論、3TWくらいにまとめられる内容。これ評価している方々をちょっと挑発しておきたいんだけど、この文章よーく読む。そしてご自身の頭で理解する。その後、ご自分でどっかに書き出してみ?読んでほーっなるほど!とか思ってるだけか、本当に内容があったのか?ちゃんと考えました?これありがたそうにまとめた人とか。
岡部 健 / Ken OKABE @kenokabe 2010年9月8日
芦田くんさ、私の言う〈根性〉とは、それが、私の言う〈根性〉。。などなど、この文章で、何回繰り返し定義しなおしてるんだろうか?自分の言いたいことを簡潔に人に伝えられないのは能力の欠如なんだけどね。ほんとうは。私は<根性>について100回違うように言える!でも私の頭にある<根性>概念はまあ、頭がひとつしかないので、そうはブレないはず、だから安心して100回<根性>のことについて適当にぶちまかすよ!とやってるだけ。
岡部 健 / Ken OKABE @kenokabe 2010年9月8日
結局ね、酔っ払いやらご老人が同じこと延々と繰り返し言ったりするでしょ?あーもうそれ聞いたよ!さっき!というやつ。あれと一緒。この人言葉遊びだけは上手いんだ。それが価値。だからたちが悪いのは自分の頭のなかにあるひとつの概念について延々だらだら喋るんだけど、それをこう切りだしてみたり、ああ切りだしてみたりってやる。ほーっ!と思う人は、煙にまかれてるだけ。
和泉 @IZUMI162i6 2010年9月8日
社会に出るってそういう人たちも相手にして上手くやってかなくちゃいけないってことだよ。
omoro @omoro_ 2010年9月8日
何故この手合は現状の就職活動が少ないパイを取り合う椅子取りゲームだって事を無視した上でキレイ事言うの?分かってないわけないから絶対意図的だ。ホントに分かってないなら致命的。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする