クールジャパンに関する三原龍太郎さんの発言まとめ

元々METIの中の人だった三原龍太郎さん(@RMihara)によるクールジャパンの解説のようなもの。 本当は自分用に作ってた違う目的のまとめから切り出したので、変な部分もありますが仕様です。
経済 経産省 クールジャパン 日本 海外
51
前提事項
Mact @mactnet
まぁ、タダみたいとか考えの浅い連中の批判が大半。顧客単価が下がった以上、海外マーケットを開拓し、ポジションを確立させなければ、人口減少するガラパゴス市場では成り立たないからね。→ クール・ジャパン ネットで大不評 | web R25 http://t.co/ftVeMs8a
境 真良@GLOCOM&IPA(あーりん推し/芸能人スキャンダルネタ要らない) @sakaima
それに共通事項を抽出すればこんなものか。ちゃんとやることが大事。 RT @tabbata: @ishiitakaaki: http://t.co/jKkayc4Y 競争力会議の民間委員の資料。⋯大学生でも言えること。しかしこれが真実かも。国が競争力強化でできる事は限られているから
本題
本題の前の話
三原龍太郎 @RMihara
研究のために「クールジャパン」で毎日ツイッター検索をかけているのですが、それに対するツイッターのリアクションが結構パターン化、画一化されているのがわかって結構面白い。
三原龍太郎 @RMihara
クールジャパンの根底にあるのは国家ブランド論だけではないし、関わっているのはAKBだけではないし、500億円はリスクマネーであって宣伝費ではない、という事実だけ指摘しておきます RT クール・ジャパンとハリウッド http://t.co/tE4itgNZ
三原龍太郎 @RMihara
「私がAという事象にたいして誤解・偏見・理解不足なのはお前の説明が足りないからだ。だから私は悪くないし、お前が死ぬ気で私に分からせる努力をしない限り私は全力でAに対する誤解・偏見・理解不足を保持するぞ」って議論する上で最強の戦略だよなあ…と思う。

タイムスタンプ見れば分かるように連続したtweetではないです。
なんとなく並べただけで特に意図はありません。

呼称の話
三原龍太郎 @RMihara
クールジャパンに対する批判に「自分で自分のことをクールだと言うのはださい」というのがあるのだけど、およそあらゆる広告や地域振興に自己肯定の要素はあるわけで、それを言い出すと全ての広告と地域振興を否定しなければならなくなる。自己肯定が駄目なのか「クール」という言葉だけが駄目なのか。
三原龍太郎 @RMihara
自己肯定の方法が洗練されていないという批判と、自己肯定自体が駄目だという批判は、似て非なるものだと思うのです。
三原龍太郎 @RMihara
例えば「札幌はいいところだからおいで」というのはどうなんでしょう? RT "@kuronekodaisuki: @RMihara 「俺ってかっこいいだろ」ていうのが日本的じゃない、と思います。
三原龍太郎 @RMihara
要は語感の違いということでしょうかね RT "@kuronekodaisuki: @RMihara 「クール」という言葉の意味と「いいところ」との違いだと思います"
三原龍太郎 @RMihara
つまり「日本はいいところだからおいで」というのは問題ない、と。
三原龍太郎 @RMihara
「いいところジャパン」
三原龍太郎 @RMihara
やっぱり「クール」という言葉とそこから想起されるイメージの問題なんだろうなあ。中味として「日本はいいところだからおいで」という施策であっても(実際そういうのが大半)それが「クールジャパン」というキャッチフレーズでラベリングされてしまうがゆえに無用の誤解と反発を受ける、という。
三原龍太郎 @RMihara
是非クールジャパンに代わるキャッチコピーをひとつ…←違 RT "@kuronekodaisuki: というのも、ライターとして、そしてコピーライター的なこともやってたので「クールジャパン」はだめだと思います。"
まお(松岡洋) @kuronekodaisuki
クールジャパンという言葉が使う側にとって楽だから使ってる、としか思えないです。「日本いいとこ一度はおいで」と乖離しすぎてるので
かざみあきら @kazami_akira
確かに「クール」は、国がお題目として掲げるには響きが空虚な言葉という気はする。でも代替案がないうちは反対しないし、代替案がないなら黙ってろと言いたいところ。 RT ‏@RMihara 是非クールジャパンに代わるキャッチコピーをひとつ…←違
かざみあきら @kazami_akira
日本には独自の(≒非欧米的な)いいところがあり、なぜそれらがいいのかを考える。そうすることで答えが見つかると信じております。 RT ‏@RMihara 是非クールジャパンに代わるキャッチコピーをひとつ…←違
三原龍太郎 @RMihara
ジャパン・アズ・ナンバーツーで…←デジャヴ RT "@HYamaguchi: @RMihara そこで「Japan As No.1」ですよ(違"
三原龍太郎 @RMihara
ジャパン「あずにゃん」バーワン←こ れ だ←違
三原龍太郎 @RMihara
いいか、お前ら来るなよ!絶対に来るなよ! RT "@nijiskies: いいところだから来ないで!的な、屋久島やガラパゴス島的なプロモーション"
三原龍太郎 @RMihara
そういう建設的な議論が盛り上がればいいなあといつも思っております。単に文句を言って終わりにするのではなくて。→RT
残りを読む(153)

コメント

うそこばん @usokoban 2013年4月6日
入浴していてジャパコンTVの再放送をリアルタイムで見れなかったのが悔しかったのでまとめました(半分真実
うそこばん @usokoban 2013年4月6日
ちなみに自分が三原さんを知ったのは http://live.nicovideo.jp/gate/lv98639019 の「クールジャパン討論会」パート(恐るべきことに現在でもタイムシフト視聴可能。3:50ぐらいから)。面子が濃すぎて今見ても聖杯戦争です本当にありがとうございました。
だい @dais197x 2013年4月6日
民主党時代のCJ政策はダセェ名前だなぁと思いつつも害はなさそうだからスルーしていたわけね。ところが暮れのよりによって非実在規制派最右翼の稲田を据えた推進会議とやらができてキナ臭くなってきたので警戒と反発が出ている状況。それに対して12年度までは良くやってましたよと弁護されてもどうでもいい。その方向性は13年度以降は継続されるの? 元METIの推測じゃなくて今の状況が知りたい
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月6日
最大の反論者の心配は「夜」の「昼」化なのだが…あと『日本には独自の(≒非欧米的な)いいところがあり、なぜそれらがいいのかを考える。』←そもそも「非西洋」ならば日本独自である,つまり前提として西洋が対立項である,という意味での「日本」って文化のとらえ方が,そもそもどうなんだよ,っていう話がいつもそらされてるよな。なぜかっつーと,事実西洋でビジネス的に文化を発信して初めて文化になるっていうアートワールド意識が強すぎるから。
kuro @sango_rw 2013年4月6日
伝統文化にしてもアニメをはじめとするオタク文化にしても、たとえば前者だと橋下市長からミュージカル以下とか評価されながらも有志が先代から受け継いだものを未来に継ぐ、という有り様でね。それを政府様が「こんな素敵な日本があるんですよー」と海外に紹介する意味と意義がね。
kuro @sango_rw 2013年4月6日
そんな状況で「チャンスなんだからありがたいと思わないと」と言われて素直に納得できるかどうかというあたりがまたね。結局、日本ってのはどう見られたい国にしたいんだか。一方じゃオタ漫画があふれる日本ははずかしいとか議論の俎上にあげたままで、さ。予算だけはつけましたとか。
うそこばん @usokoban 2013年4月6日
dais197x コメントありがとうございます。できれば本文も読んでいただけるともっとありがたいです(ジャパコンTVかニコ生見てもらうのが一番なのですが、それは難しいでしょうから)。
うそこばん @usokoban 2013年4月6日
L_O_Nihilum そういうことを懸念している反響はあまり見られないと思いますが、どの界隈に行けば拾えるでしょうか? なんにせよ、発信側も受信側も、何が日本の文化的な強みなのかを十分に言語化できてないのが課題だと思います。
うそこばん @usokoban 2013年4月6日
sango_rw 言われるとおり、政府とか行政をなんでも一緒くたに考える点に問題があると思います。内閣府と経産省と文化庁と外務省では考えていること(と予算)がそれぞれ違いますし、例示されている地方自治体については言わずもがなでしょう。「官」が一枚岩でそれが「民」の敵(あるいは阻害する物)であると考えてシャドーボクシングしている人の多さは深刻な問題だと思います。
うそこばん @usokoban 2013年4月6日
おすすめ商品を更新して「関連書籍」にしました。なんか拾い損ねてる気がするので思い出したら直します
HK416C @HK416C 2013年4月7日
だってなんでもかんでも国とやらを叩けば少なくとも自分の中では解決だし満足だもんね。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月7日
村上隆がカオスラウンジの絵を買ったことについて東浩紀と論争が起きて、コレが周囲のフォロワーを巻き込んで議論になった。その時にこのあたりの意識の欠如が如実に出て来ていましたね。つまり、藝術家や批評家はどうやって日本を売り出したがってるのか、そのような行動に乗り出すのを、当のコンテンツに関わってる享受者はどのように思っているのか。言語化したら売れなくなって本が書けなくなるようなクリティカルな箇所がうっすらと顔出していた気がします。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月7日
『発信側も受信側も、何が日本の文化的な強みなのかを十分に言語化できてないのが課題』これは大いに同意です。その強みの表現方法が未だにどうも貧弱である。しかしその貧弱なものを、大げさに掲げすぎているために錯覚が起きてる。この状況を打破する考えを作っていくことが大切なのだと思います。
だい @dais197x 2013年4月7日
usokoban 本文は読んだし今読み返しましたけれど、13年度の政策が12年度以前と同じになるかどうかは読み取れない気がします。津田の懸念表明も誰もキャッチしてないし。METIと推進会議が別物?という皮肉も散見されますけど、外から見る分にはMETIの上にあるようにしか見えないですし。
うそこばん @usokoban 2013年4月7日
dais197x 『読み取れない』ということであれば、読み取れない原因があるのでしょう。日本の行財政の仕組が分かり易く解説されてないままなのがネックだということだと解釈しています。
うそこばん @usokoban 2013年4月7日
L_O_Nihilum 言語化というのはむしろ暗黙知と明示知的なニュアンスで使ったのですが、報道広報を含めた総合的な表現の問題でもありますね。有識者を集めるとすればむしろ、方法論を出してもらうとかでなく「考え」の段階の作業に回ってもらうべきなのでしょうか
だい @dais197x 2013年4月7日
usokoban いやー、読み取れないと言ってる人にどこにそう書いてあると示せないところが具体的に問題なんだと思いますよ。
うそこばん @usokoban 2013年4月7日
dais197x たとえば『政策は「担当省庁」「担当課」がどこか、会議体は「事務局」がどこかに着目してみると、整理学が見えて来ると思われます』 とあります。私はこれは三平方の定理よりは難しくとも、せいぜいで余弦定理程度に自明な文章だと思っていました。もちろん、それは前提となる知識を私が持っていたというだけの話です。前提知識がない人には発言する資格がないとか、そういう意図はありません。「日本の行財政の仕組が分かり易く解説されてないままなのがネック」が結論でいいと思っています。
鳴神月遙 @narukaimituki 2013年4月8日
クールジャパンの活動内容を発信する「クール・クールジャパン」が必要だな…(本末転倒)
だい @dais197x 2013年4月8日
usokoban そこは「皮肉」と評したように読み取れてまして。事務局違いだから気にすんなという主張を具体的に書き下すと、「文科省管轄だから経産省には一切影響無い」「政権交代したけれど政治家が何と言っても官僚の決めた政策は変わらない」と言ってることになってしまいます。
だい @dais197x 2013年4月8日
dais197x 省益主義・縦割り行政が批判されている時代にまさかそんな主張はしないだろうと「皮肉」と評して見なかったことにしたんですけど、本当にそういう主張なんですね。自分は最終的に政治家が決めたら官僚は従うことになると考えているので、やはり危惧を持って見ていくことにします。
だい @dais197x 2013年4月8日
dais197x ついでに言うと、皆が批判しているのは推進会議のクールジャパンなので。METIのクールジャパンのことを持ち出して推進会議のクールジャパン擁護になる理屈もよく分かりませんね。関係ないのでしょう?
うそこばん @usokoban 2013年4月8日
dais197x daisさんは別物と認識されているならよいのですが、「皆が」は事実誤認ではないでしょうか。関係するまとめなどを見ても、ほとんどの人が内閣府の方のクールジャパンが飾りとは気づいてないように見えます(下手をすると内閣府ということにすら気づいていない)
うそこばん @usokoban 2013年4月8日
dais197x この点に関しては、そのように楽観的(あえてこう表現します)な見解をもてるのは単純に不勉強であるとしか言えません。私が多少とも深いところまで観察するようになった橋本行革以降の史実と何ら一致しません。「あるべき論」と事実には大きな相違があるとしか言えません。改めるべきなのは確かでしょうけれども
うそこばん @usokoban 2013年4月8日
narukaimituki 「本末転倒」ではなく、むしろそれこそが必要なことかもしれません。日本の行財政機構は宣伝がかなり下手な点にかなりの問題点は集約されると思います。儒教的な「巧言令色鮮し仁」は少なくとも現代的な社会機構に相応しい考えではないのでしょう
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月13日
usokoban その考え、の段階のレヴェルですでに有識者である批評家及び藝術家の多くが転んでいるように思います。というか方法論と考えの部分がほとんど重なっているためにかれらの思考も狭くなっているような気がします。(「考え」の意味取り違えていたらごめんなさい)
うそこばん @usokoban 2013年4月15日
L_O_Nihilum 方法論=具体的な売り方、考え=そのバックボーン、ぐらいの意味で漠然と使っていたのですが、きちんと突き詰めると懸念されている要素は確かにあると思います。日本とはなんぞやという極めて面倒な問いまで、きちんと遡らねばならないのかもしれません。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月16日
なるほどどちらも売り込み方と言う提供者側の視点で言っていたのですね。有難うございます。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月16日
usokoban 確認が取れたところでもう一度自分の考えを言うと、文化というのは提供する側、売り込み側、受注側だけではなく、供給する、つまり創作する製作者、およびその需要と供給をそれまた見つけて買い、楽しむ人たち、享受者という面があり、それら3者の相互の連関で成り立っている、と考える。こっから先が僕の論点の骨子となります
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月16日
usokoban すると、方法論および考え、のその両方に於いて、売り込む側のみならず、創る創作者側(つまり創作のアイデア等)の方法論と考え、また享受者、楽しむ人たちの方法論および考えもあって、それらの繋がりが好い形で一つの場を形成して、初めて「文化」といえるのだと思っています。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月16日
usokoban で、僕が言いたかったのは、その点で、(多くの)批評家の考える日本文化論やクール・ジャパン戦略論は、提供者の視点から見た買い手の状況分析、つまり「消費者論」に凝り固まっているがために、より広い見方が出来ずに停滞している、というものでした。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月16日
岡田斗司夫風に言えば提供者側の「方法論および考え」は「通」に当たり、創作者側の「方法論および考え」は「匠」に、享受者側の「方法論および考え」は「粋」に当たるのではないかなあと。で、3つ揃えば、まさに「御宅の視点」たりえるわけで。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月16日
L_O_Nihilum で、その欠如が当然ながら破たんを起こしている実例があったよ、と。例えば村上の「スーパーフラット」が二次元的なものという囲い込みで享受者自身の見方をそぎ落としてたり、カオスラウンジで享受者や創作者の考えにないどころか怒りすら与えるような事起こして騒動になったりとかね。
うそこばん @usokoban 2013年4月18日
L_O_Nihilum 面白いです。単純に「消費のされ方」という文脈に限定してさえ、受け手がどうしているかの分析は手薄に見えます。三原さん関連のまとめだから言うわけじゃないですが、考察の基礎として「調査」をもう少しどうにかした方がいいのかなと思いました。空理空論を避けるためには実状の把握は不可欠ですから。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2013年4月18日
ぶっちゃけると消費論どまりで空理空論にしておくこと自体が今批評家にとってはお仕事になっちゃってる感があるからなあ…それが最大の問題。ここまでくると議論とか云々以前に語る事柄の倫理の問題まで遡ってくるんですよねえ…。先に上げた東浩紀なんて批評ヤクザとさえ言って良い状況になってますので…w
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする