Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

憲法改正のハードルが高い理由(山下真・生駒市長)

憲法改正手続について、橋下徹・大阪市長(@t_ishin)のツイートに対する 山下真・生駒市長(@yamashitamakoto)の考察ツイート。(「12」がないのは番号が飛んでるだけ)
90
橋下徹 @hashimoto_lo

衆参3分の2による発議を2分の1にしたところで、軟性憲法(法律と同じ手続きで変えられる)になるわけではない。国民投票が必要なので、ここが法律と決定的に異なる。衆参3分の2の発議要件を2分の1にしても、硬性憲法憲法であることに間違いない。護憲派と呼ばれる人達は国民投票を軽視している

2013-05-04 21:25:29
橋下徹 @hashimoto_lo

96条改正反対派の思想・哲学こそ危険であり、日本国憲法の価値相対主義にそぐわない。96条改正反対派の人たちは憲法を守れ!と言うが、実は自分たちこそが日本国憲法を守っていない。どのような考えが絶対的に正しいかは分からない。だから国民の判断に委ねる。これが日本国憲法だ。

2013-05-05 08:13:18
山下 真 @yamashitamakoto

1 橋下徹・大阪市長はツイッターで、憲法改正の発議の要件を各議院の総議員の三分の二以上としている現在の憲法96条に固執することは、憲法改正案を国民投票にかける機会を少なくすることになるので、国民投票、ひいては国民を信頼していないことになると仰っている。本当にそうだろうか。

2013-05-06 13:13:24
山下 真 @yamashitamakoto

2 国民投票は、その性質上、発議された案にイエスかノーかを言うことしかできない。発議された案と違う案がよいと思っても、それを投票用紙に書けば無効となる。従って、どのような案が出されるかが決定的に重要となる。

2013-05-06 13:13:54
山下 真 @yamashitamakoto

3 憲法は国の最高法規であって、これに反する法律等は無効となる(98条)。それだけ重要なものの改正案を国民に問い、なおかつ国民はイエスかノーかしか答えられないのだから、国会でよく議論し、多くの国会議員の合意が得られたものだけを国民に問うように、というのが96条の趣旨だろう。

2013-05-06 13:14:18
山下 真 @yamashitamakoto

4 憲法は他にも、会議を非公開にする場合や議員を除名する場合、衆参両議院で異なった議決をした時に衆議院で再議決する場合など重要な局面では、出席議員の2/3以上の賛成が必要としている。これらの規定との対比上も、憲法改正の発議に各議院の総議員の2/3以上の賛成が必要とされるのは当然。

2013-05-06 13:15:24
山下 真 @yamashitamakoto

5 以上から明らかなように、憲法改正の発議の要件を各議院の総議員の三分の二以上とすることは、それ相応の理由があり、決して国民投票や国民を信じていないなどということではない。

2013-05-06 13:16:00
山下 真 @yamashitamakoto

6 橋下市長はまた、「(96条改正に反対し)国民投票を軽視する人たちは、自分の価値観が絶対的に正しいと確信している」と仰られる。しかし、これも曲解されておられる。

2013-05-06 13:16:24
山下 真 @yamashitamakoto

7 憲法97条は「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである」と定めている。

2013-05-06 13:16:45
山下 真 @yamashitamakoto

8 これは、日本国憲法が保障する基本的人権は、フランス革命など近代市民革命を経て、各国の憲法に採り入れられた普遍的ものであることを宣言している。現在においても、欧米諸国や日本は自由権や法の下の平等、参政権をはじめとする各種人権を普遍的な価値として共有しているはずである。

2013-05-06 13:17:11
山下 真 @yamashitamakoto

9 日本国憲法の改正しにくい性質(硬性憲法)を良しとする人は、「自分の価値観が絶対的に正しいと確信している」のではなく、上記の普遍的な価値を正しいと確信し、それを守ろうとしているのである。

2013-05-06 13:17:39
山下 真 @yamashitamakoto

10 橋下市長が、それに固執することも価値絶対主義として良くない、と言われるのなら、そうした普遍的な価値を余り重要視されていないのかと思ってしまう。

2013-05-06 13:18:11
山下 真 @yamashitamakoto

11 憲法学会の通説では、国民主権、人権尊重、平和主義といった憲法の基本原則は改正できないとされている。もちろん、基本原則を維持した上での部分修正は可能だが、その場合でもこれらの諸価値を守るために憲法96条で硬性憲法にしたのだから、同条の手続に従って改正するのが憲法の趣旨だろう。

2013-05-06 13:19:08
山下 真 @yamashitamakoto

13 もっとも、憲法学者の佐藤幸治・京大名誉教授は「(改正の)『限界』を越えた行為は改正ではなく、もとの憲法典の立場からは無効ということになるが、新憲法の制定として完全な効力をもって実施されるということは十分あり得る。」(「憲法」(第三版)(青林書院))としている。

2013-05-06 13:19:34
山下 真 @yamashitamakoto

14 従って、憲法96条を改正し、憲法改正のハードルを下げた後、憲法の他の規定を改正することは、現行憲法からすれば無効だが、新憲法の制定としては有効という論が出てくるかもしれない。

2013-05-06 13:19:50
山下 真 @yamashitamakoto

15 憲法改正に向けた今の動きは、まさにそれだけの大きなことであるからこそ、石川健治・東大教授は「立憲国家への反逆」「革命」と危機感を訴え、小林節・慶大教授は「改憲への『裏口入学』で、邪道」と看破したのだろう。

2013-05-06 13:20:59

コメント

七七四未満六四以上 @zy773 2013年5月6日
だからちょっとでもマズイと思ったらNOにしたらいい。否定に投票すれば少なくとも現状維持なんだから。国民投票が信頼出来ないなら その時点で民主主義は崩壊してる。
3
古本屋 @mild7dog 2013年5月6日
なるほど。考えてみれば当たり前のことだけれど、単なる「法律を2回審議する」ではないか。確かに国民投票はYESかNOかしかできない、だから国会を通るには高いハードルを設けてもおかしくはない。 でも現実に、戦後から今まで国民投票は1度も行われなかったわけで。改憲議論自体は他国よりも盛んだろうに、ね。これを異常な、「日本の事情」と考えると1/2でもこの国の実情に合うハードルに思える
0
古本屋 @mild7dog 2013年5月6日
変える必要性を感じさせないほど日本国憲法が全能で普遍的な憲法である、とは誰も思っておらんでしょう。現に環境権の概念とか70年前には無かったし。時代に合わせて変えていかないといけない事もあるだろに。9条関係なく。それなのに未だ国民投票の前例が0とは、、2/3というハードルは、日本の憲法にとって望ましい規定ではないのかも
1
水面計@いつのまにかオッサン @W_L_G 2013年5月6日
憲法がそうそう変えられるべきものでない って話はわかるけど、問題だらけだった明治憲法のころから120年間国民の手によって憲法は変えられてないんだぜ、その点についてはもっと考えるべきだとおもうけどな~
1
金仁礼@東方紅 @konnohitonori 2013年5月6日
憲法を変更した国は沢山ありますが、改正すればいいというわけではありませんね。その改正内容が「国民の権利を規制」したり「義務を追加したり」する方向にあってはならないのです。
13
ゴイスー @goisup 2013年5月6日
そうそう。今回何とか2/3集まりそうで、初めて国民投票が行われる。選挙に行く行かないのレベルじゃない、ってことを皆知るべき
0
にゃあ @kirikami 2013年5月6日
憲法学者 芦部信喜と佐藤幸治の学説について http://togetter.com/li/421322
0
kato takeaki @katot1970 2013年5月6日
これはちゃんとした良い説明。
7
reihuy @reihuy97 2013年5月6日
これまで一度も国民からイエスともノーとも言われたことが無い今の憲法に、そこまで過保護にされる権威がそもそもあるのかな。出席議員の2/3規定が他で有るからといって、憲法改正発議が総議員の2/3で当然だ、というのも説得力を感じない。
0
いくた♥️なお featuring Tricity155 @ikutana 2013年5月6日
憲法ってのは50年で10〜20回くらい改正するものだと思う。ヨーロッパ諸国とか見てる限りでは。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2013年5月6日
「日本国憲法の改正手続に関する法律」では「投票総数(賛成票と反対票の合計。白票等無効票を除く)の過半数の賛成」が必要なので、白紙・無投票の選択はあります。国会の採決で白紙・欠席の人いますよね 「発議された案にイエスかノーかを言うことしかできない。発議された案と違う案がよいと思っても、それを投票用紙に書けば無効となる」
0
古本屋 @mild7dog 2013年5月7日
改憲=9条の是非なんて敏感なイメージができあがっちゃってるのが、日本における改憲議論が前に進んでない理由なんだろなぁ。国民だって萎縮するだろに
0
路上 行人 @rojokozin 2013年5月7日
大多数の国民が賛成しても一部の国民が反対したら改正することも出来ない、てのは憲法の理念である国民主権に反してるんじゃないのかね。
1
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2013年5月7日
この理屈が正しいなら、必ずしも2/3を要求していない諸外国の改憲規定は理に適っていないことになるが。
1
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2013年5月7日
そもそも、憲法の根本理念の改正に慎重であるべきといったところで、硬性でありすぎることの弊害は大日本帝国憲法に関する史実が証明している。「憲政の常道」を明文化しなかった結果たった7年しか大正デモクラシーは維持できず、統帥権問題という矛盾が表面化して最後は国を滅ぼしたではないか。
3
@izanamu 2013年5月7日
過半数が賛成してる事は無条件に良い事だと思ってる人が結構多い事にビビるね…。96条を作った人は確かに先見の明があった。
10
ロイミロ(6136########) @hsgwkyt 2013年5月7日
改憲について国民が信頼できるなら国会議員がよくよく話し合って「改憲すべきかどうか」を国民に問えば良い。もっとも、改憲について国民が信頼できるという議員を2/3に抑えている国民がいる訳なのだが。
0
古本屋 @mild7dog 2013年5月8日
国民は現状、自発的に抑えていないでしょう。憲法96条で規定されているから2/3なのであって、それを変えるか変えないかの意思表示はされてこなかった
0
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月10日
TBSラジオ Session-22 「憲法そもそも論」 http://www.tbsradio.jp/ss954/2013/05/20130508-2.html 憲法論議をするなら聞いといたほうが良い。「改憲拒否権」「どうせやるなら1/3で発議できるようにするべき」「改憲回数の比較の是非」など興味深い視点が提示されている。5/15日(一週間)でポッドキャストが消されるので、聞く時間がなくても早めにmp3だけでも落としておくのがオススメ。
0
K2🏳️‍🌈 #差別反対 @k2gtr 2013年5月10日
本当に必要な「改正」なら、高いハードルをクリアしてみせろ。それだけのことだ。「選考基準に届く自信がないから基準を変えてください」って、アホかっちゅうの。
3
名前なし夫 @kokokaiba 2013年5月10日
国民の8~9割くらいは立憲主義をまともに考えたこともないだろうし、興味もないだろう。国の統治の在り方より今日の為替や株価の方が遥かに大事である。こんな国だから改憲のハードルはもっと高くていい。自民党改憲草案を念頭に置く限り、今いじってもロクなことにならないね。
4
xtreme @kekeke7 2013年5月10日
「一度1/2でやらせてみましょうよ〜、ダメならまた2/3に戻せば良いだけですしぃ〜」・・・以前こんなことをマスコミや民主党政権待望論者が主張していたと思うんだがw
0
xtreme @kekeke7 2013年5月10日
議員は我々が「選んだ人」一方我々は「国民自身」。国民主権と言う概念上どちらがより優先されるかは一目瞭然!1/3ちょっとの「選んだ人」により「国民自身」の選択権を妨害されては本末転倒。国家の重要事項は国民が直接判断する!これが日本型統治行為論。
1
UMA-k @UMA_k_ 2013年5月11日
[c1071787] 取り扱う内容に関わらず、憲法の存在そのものに関わる問題のなので2/3で適正かと。あと軽く調べた感じだと、同性婚が違憲かどうかは結論が出てないので、まずは同性婚制度を定める法律を作ってそれに対して、違憲だという判断が下されてからじゃないですかね、改憲するとしたら。
1
狐謡 @Towa_towa_to 2013年5月12日
衆参過半数ってのは、ねじれ国会でない限り、与党になれば改憲を発議できるという事。その度に国民投票を行っていかなきゃならない。そして、これは良いアレはダメと国民が細かく審議することも出来ないから、いっつも微妙な感じになる。大筋でまあ賛同できる内容なら改憲が通り、少しずつ悪い方に変質する。もしくは、一向に改憲が受け入れられないのに無駄に国民投票が繰り返される。そんな感じの未来しか見えない。
2
わ𝜢𝞲✋ ☔️ @Bagooooon 2013年5月13日
政権交代が頻繁に起こるような情勢でも、国家存立の根本法である憲法は簡単に揺るがすべきではないとの意を含む「発議には各議院総議員の2/3以上の賛成」であろう。これを「過半数」としてしまうのは、国民はさておき、時の為政者にとって都合が良くなることでしかないように思う。
1
松永洋介/ならまち通信社 @narapress 2013年5月15日
十分な議論なしに改正できるようになると、大変。一時の勢いで、好き勝手な憲法に変えたあと、二度と元に戻せないような厳しい改正規定にしてしまうことも可能に。危険すぎる。
1
猿沢の亀 @sarukame999 2016年1月10日
コメント読んでみると「直接民主主義バカ」とでも呼ぶべき人たちがいるんだなと思う。
0
ぱるぷんて @parupunte11 2017年5月16日
11で国民主権、人権尊重、平和主義を守るために硬性憲法にしたと書いてるが、憲法の改正のしやすさ(軟性憲法か硬性憲法か)の問題と関係ないですよね。じゃあ軟性憲法の国は国民主権や人権、平和を尊重してないのかと。
0