2013年5月6日

~アザゼル、人間に恋した、ある天使の話~ 牧師こと撲滅隊による神様解説!

日本やばい活動での放送した、内容のまとめです。
4
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

よんでますよ、アザゼルさん。で有名になりました、アザゼルを説明していきたいとおもいます。 特に中心的にはノアの大洪水を引き起こした原因となったグレゴリの筆頭である彼の話をしたいと思います。 劇中では彼は淫乱の神様だと言われています。さて、これは本当なのでしょうか??

2013-05-06 23:06:14
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

元々、アザゼルという意味は「荒野」元は、神の如き力を与えられた者 であったとされます。 そのため、堕天使である一面と、砂漠の神である一面をもっています。 そして、ベリアルらと共に、サタンの原型となったと言われています。 http://t.co/JpdpXsssld

2013-05-06 23:07:53
拡大
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

旧約聖書では、レビ記16章にスケープゴートという語源の話に出てきます。 贖罪の儀式のために、二頭の山羊が用意され、頭はヤハウェのためのもの。そして、もう一頭はアザゼルのためのものです。

2013-05-06 23:09:19
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

その後、ヤハウェのための山羊は罪を無くすため、生贄に捧げれ、殺されます。 しかし、もう一頭は儀式後、荒野に放たれ、生き延びます。 罪を背負わせるために逃げた山羊がスケープゴートの語源となりました。 http://t.co/liC651cgkt

2013-05-06 23:10:49
拡大
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

本題です。話はエノク記に移ります。 ある日、地上の人間を監視する見張り番「グリゴリ」の任を任された200名の天使がおりました。 シェムハザをリーダーに彼らは日々、人間を監視していました。 しかし…彼らは堕天使となりました。

2013-05-06 23:11:33
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

一般的な堕天の理由としては懲罰。しかし彼らは自ら堕天したといいます。 なぜか? 恋をしたから、と言われています。 彼らは人間を、人間の女を見続けた結果、人に恋をしてしまったのです。 そして彼女らを結ばれるため、神の任務を捨て、彼女らを逃げたのです。 要は駆け落ち!!

2013-05-06 23:11:46
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

絶対なる神を捨て、人間と恋をする彼、なんて人間臭い天使なのでしょうか? さて、堕天使し、人間の娘を幸せに暮らしていたアザゼルさん一行は人間たちに自分達の知識を惜しみなく授けます。 男には武器の作り方、女には化粧のやりかたを教えました http://t.co/MxZDd3FAWa

2013-05-06 23:12:50
拡大
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

その結果…戦争が起こり、女は姦淫耽ったとされます。 アザゼルと娘の間にはネフィリムという身長1350mのちょっとおおきくなりすぎちゃった子供があらゆる食べ物を食べ続け、地上は荒れ狂い、神様は大いに怒ります。 そして大洪水が起こるのです http://t.co/SlWw2nfJLz

2013-05-06 23:14:02
拡大
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

神は、四大天使であるラファエルに、アザゼルを捕まえるように命令し捕まったアザゼルは荒野の穴に放り込まれ、未だ審判を待っているそうです。

2013-05-06 23:15:18
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

アザゼルの手足を縛って暗闇に放り込め。-略―審判の大いなる日に、彼は炎の中に放り込まれるのだ。 ~省略~(エノク記 第10章) 全地はアザゼルのわざの教えで堕落した。一切の罪を彼に帰せよ http://t.co/uM0eZPmRsU

2013-05-06 23:15:31
拡大
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

最後に、私個人的にはこう考えます。 彼はあまりに純粋すぎた天使であったのでしょう。だから何年、何百年と人を見続けた結果、人に近づきすぎて恋をしてしまった。 彼が私達に残したもの、これは現代の「化学」になりうるものではないか? http://t.co/RjvEtlRYDK

2013-05-06 23:16:29
拡大
撲滅隊@静養期間中 @bokumetutai

アザゼル、人間に恋した、ある天使の話。もしかしたら彼は今でも、荒野の穴で、私達人間を想い、審判を待っているのかもしれません。 おしまい。

2013-05-06 23:16:53

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?