ドキュメンタリー映画『リオフクシマ』 また観たいな!

ドキュメンタリー映画『リオ フクシマ』(岡村淳監督 2012年作品 104分)を観た私の感想をまとめておきます。 舞台は2012年にブラジルのリオデジャネイロで開催された国連の環境会議。 ブラジルで暮らす岡村監督がリオの国際会議を通して描き出す福島第一原発事故と日本の脱原発。 いろいろな立場、考え方の人と一緒に観たいと思った作品です。 続きを読む
7

ゴールデンウィークのメイシネマ祭で岡村淳監督の「リオフクシマ」を観てきた!

メイシネマ祭で何を観ようか検索で調べていたら・・・
INYAKU Tomoya 印鑰 智哉 @tomo_nada

今日は岡村淳監督 @junbrasil の『リオ フクシマ』を見にいった。自分にとってはトラウマになりそうな体験のドキュメンタリー、でも岡村監督は容赦ない。「記憶の半減期」に逆らい、どう生きるか、まだ答えられない。 http://t.co/l0lTmTTMHC

2013-04-25 22:21:02
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

岡村淳さんの新作ドキュメンタリー『リオ フクシマ』を今見終わって興奮している。強烈な作品。私が脱原発活動の一部に感じている違和感が何であるかも、よくわかった。スゲノさんという福島の農家の方が、すばらしい。何が原発を増やしたのか、どうすればなくせるのか、地道にとりくんでいる。

2013-04-25 13:26:21
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

ブログ更新(4月25日付け)。岡村淳さんの新作『リオ フクシマ』について。感想を書けば書くほど、自分が問われてしまう、畏るべき作品。映画自体が逃げも隠れもしないという姿勢で撮られている。でも、それがどれだけ励みになることか! http://t.co/h7Tu6Mtf0e

2013-04-26 01:08:15
星野智幸Tomoyuki Hoshino @hoshinot

岡村淳さんの『リオ フクシマ』は明日4日の上映です。私の感想→http://t.co/aoZwErhLiF RT @junbrasil: 「メイシネマ祭 2013年」…下町で開かれる手作りの「ドキュメンタリー映画祭」  http://t.co/bAHg8czeHI

2013-05-04 00:41:25
どんな映画なんだろう、観てみよう!と決めた。そして5月4日
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

メイシネマ2日目の最終上映、岡村淳監督の「リオフクシマ」もうすぐ開始。

2013-05-04 18:18:47
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

帰宅。メイシネマ二日目で青原さとし監督の「タケヤネの里」と岡村淳監督の「リオフクシマ」を観た。「タケヤネの里」は本編上映後に2012年夏の北九州地方豪雨による撮影地の被災状況の短い映像の上映、竹皮編みの前島さんと青原監督のトーク。「リオフクシマ」は岡村淳監督のトークがあった

2013-05-05 00:39:29

なにか書き留めておきたい、と思いつつまとまらないまま、とりあえずのツイ

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

今日の「リオフクシマ」と岡村淳監督のトークで思ったこと。ブラジルで開催される国際市民会議でのアピールが日本語だったのが残念。質疑応答は別としてアピールは事前に英語の用意があったらよかったのになと。英語に自信のない人はきっとツイッターでつぶやくと手伝ってくれる人がでてくるから。

2013-05-05 01:26:03
そのころ、岡村監督は・・・(*^_^*)
岡村淳 @junbrasil

おかげさまで「リオ フクシマ」メイシネマ祭上映、大盛況!「忘れられない日本人移民」完売!岡村ごときととことん話したいという初対面のナイスな若者と付き合い、平井のネットカフェにビバーク。 

2013-05-05 02:35:38

少し考えがまとまってきたので感想を連ツイしました

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

メイシネマで観た映画「リオ フクシマ」の感想をちょっと連ツイしようと思う。この映画は、在ブラジルの日本人映像作家、岡村淳監督の最新作で、2012年にリオデジャネイロで開催された国連、および国際的なNGOの環境会議に参加した日本の環境保護団体や福島原発事故の被災者を追った映画(続く

2013-05-07 16:49:35
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

続き)岡村監督はご自身がトークできるライブ上映しか行わない、とのことで、その監督が普段はサンパウロにお住まいなので、なかなか観る機会がない映画だった。鑑賞できてラッキーだった。(続く@yotayotaahiru

2013-05-07 16:52:47

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」感想① 国や自治体の対応が充分でなく、国内でも被害の深刻な地域の状況が把握困難な状況の中で、多種多様な立場の民間団体がそれぞれの思いを持って国際会議に参加しているが、その視点や立場は「同じ日本」の団体とひとくくりにできない状態。@yotayotaahiru

2013-05-07 17:06:20
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」の感想② 「ひとくくりにできない」中でも、「反核」「反原発(もしくは脱原発)」や「放射能汚染の被害を止めよう」という主旨は共有できるはずだが、それぞれの団体が自分たちのアピールに精一杯で問題の共有に至っていないように見える。@yotayotaahiru

2013-05-07 17:15:00
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」の感想③ 言葉の壁も厚く、世界に訴えるには日本語だけでは難しい。現地を動くためのポルトガル語の通訳だけでなくて、アピールするには英語も必要。限られた時間で多くの団体…というより個々の参加者が「日本人」としてアピールするのだけど。@yotayotaahiru

2013-05-07 17:20:55
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」感想④ それぞれのアピールは結果として「限られた時間」という聴衆のリソースを奪い合うかのような様相を呈してしまう。奪い合う、というより当初から予定されていた発言者の時間を飛び入り参加者が奪ってしまった様が記録されている。@yotayotaahiru

2013-05-07 17:35:54
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」感想⑤ 「時間を奪ってしまった」と観るのは観客である私の視点だ。「当初予定されていた発言者」は二本松の有機農法の農家の方、科学的知見に基づいて汚染された農地の回復を測定で検証しながら取り組んでいる方だった。観ていて残念だったということ。@yotayotaahiru

2013-05-07 17:49:23
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」感想⑥ 農家の方、自主避難している方、自然保護団体の方、と多様な立場の日本人アピールは、その後のブラジル人にとって重要なニュース、とゴイアニア事故の生存者のアピールの前でかすんでしまった、という印象を受けた。@yotayotaahiru

2013-05-07 18:00:20
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」感想⑦ 「ブラジル人にとって重要なニュース」とは、福島第一原発での作業員募集の求人が在日ブラジル人向けに広報されたということ。「豊かな日本」に出稼ぎに行ったブラジル人、その中には日系ブラジル人もきっといる。@yotayotaahiru

2013-05-07 18:08:09
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru

「リオフクシマ」感想⑧ 続くゴイアニア事故の生存者のアピールも圧巻だった。17gの医療用セシウムがむき出しになり拡散して汚染され被害を受けて亡くなった人々のこと、その生存者が今なお受け続ける差別の苛烈さ。 @yotayotaahiru

2013-05-07 18:21:43
残りを読む(12)

コメント

あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2013年5月9日
岡村淳監督の映画をみて考えたことを自分でまとめました。【ドキュメンタリー映画『リオフクシマ』 また観たいな!】http://togetter.com/li/499935
0