Togetterアプリでログイン状態が正しく設定されない事象が発生しています。
2013年5月9日

これからは機能制限が価値を創る〜慶應sfcより

これからの時代は機能制限が価値を生むかもしれない。
1
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(1)私は一つ決め事をしていて、それは大学の授業中、原則としてPCを使わないということだ。クラスを見回してみると、PCを開いていないのは、ほぼ私だけであることが多い。しかし、もちろん普段の生活では、no Internet, no life状態である。

2013-05-09 00:33:22
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(2)なぜ、大学の授業でPCを開かないのか。第一に、(今のところ)整理には、PCよりも手書きの方がクリエイティブだということである。しかし、より重要なのは二点目で、PCを開いてオンライン状態になると、先生の話そっちのけでネットサーフィンをしてしまうからだ。

2013-05-09 00:33:52
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(3)それは、私の忍耐力がないせいだ、と言われるかもしれない。が、大学の先生に一点教えてあげられるのは、学生が授業中神妙な顔つきでPC画面を見ている場合、その約8割はFacebook、Twitter、もしくは先生が何者かググっているというところだ。

2013-05-09 00:34:41
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(4)これは、大講義でもディスカッション形式の小規模授業でも同じだ。先生は、自分の話していることをネットを使って調べていたり、ノートを取ったりしていると思い込んでいるかもしれないが、学生はその時ネットサーフィンを楽しんでいる。まぁ、ネットの方が殆どの先生の話より数倍楽しい。

2013-05-09 00:35:26
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(5)しかし、楽しいからといって(あるいはそのときはそちらの方が大事だから)といって、ネットに熱中した方が良いとは私は思わないから、授業中PCは開かない。人はその瞬間の欲に飛びつきがちである。先生の小難しい説明にさしかかったとき、Twitterをしたくなる気持ちは痛いほど分かる。

2013-05-09 00:35:56
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(6)でも、その短期的な欲を強制的にシャットダウンするため、私はこのような方法をとっている。長期的には、先生の話の方が役に立つと考えているからだ(因みに、全く役に立たない先生の授業は、はなから取らない)。ここからが本題だが、これは今後のビジネスにも非常に注目されている点だと思う。

2013-05-09 00:36:31
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(7)機能をがっつりとカットすることで実際にはユーザーの効用を上昇させるモデルだ。この考え方は20世紀まではおよそ考えられなかっただろう。イメージで言うと、受験生が自宅では様々な欲に勝てないため、カフェや予備校に行って強制的に勉強するという感じだ。

2013-05-09 00:37:13
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(8)現実にこの考え方が採用されているのは、Kindleのリーダーだろう。もちろん、ネットにはつながる仕組みだが、いわゆるネットサーフィンのようなことは出来ない。いわば、読書専用のデバイスなのだ。読書に集中するにはもってこいだ。これも機能制限がユーザーの効用をアップさせている例。

2013-05-09 00:37:45
Jo Hashiguchi / 橋口 丈 @johashiguchi

(9)様々な豊かさを手に入れた21世紀では、逆に機能を制限する事が価値になっていく可能性がある。日本のガラケーの失敗もこの点に関係している。他にはどのようなビジネスが考えられるだろうか。アイデアがある人は是非教えてください。

2013-05-09 00:38:32

コメント

欠点’s @weakpoints 2013年5月10日
機能制限は供給側の論理。機能活用・創意工夫がユーザーに求められている時代になったという印象。
1