勘違いした妖夢ちゃんを追い返すおはなし

私は崇高な剣士でもなんでもないから
1
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

「妖夢よ……殺して勝つのは難しい事ではない。 卑怯な真似をすれば、弱者にでも出来る事だ。 真の強者は、活かして勝つ。 殺す剣ではなく、活かす剣を使え」 「はい、おじい様……いえ、師匠!」 … .. . 妖夢(相手を活かす勝利…) 霊夢「……。」 妖「…なるほ、ど…」

2013-05-15 07:56:01
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

霊「…さて、後はボスだけね」 妖「待て、博麗の巫女…」 霊「…しつこい奴ね。 折角巫女ジャーマン(※内容は普通のジャーマン・スープレックス)使ったんだから倒れときなさいよ」 妖「ふふ、いえ…気付いたのです」 霊「…へえ、何に?」 妖「剣ではなく拳だと…!」 霊「は?」

2013-05-15 07:59:18
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

妖「刀で倒した相手は死んでしまう事がおおい!しかし拳で倒した敵ならば、打ち所が悪くなければ活かす事ができる!つまりおじい様…いえ、師匠が言っていたのは活かす『剣』ではなく活かす『拳』だったのです!」 霊(何言ってんだこいつ) 妖「感謝しますよ…修行のし直しです」 霊「はあ。」

2013-05-15 08:01:38
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

. 霊「…って事があってさ」 幼ルーミア「そーなのかー!」 ルーミア「あー、私が留守番してた時ね…で、それがどうしたの?」 霊「いや、それからソイツがやたらと絡んできて困るのよ」 ル「へえ、遊んであげればいいじゃない」 霊「いや、非番なのに暴力振るうのもなんだかねえ…」

2013-05-15 08:03:50
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

ル「……。」 ル(常時暴力巫女のくせに…) 霊「(ゴチンッ」 ル「あだっ!?」 霊「今すっごい失礼な事考えてなかった?」 ル(くっそ、こいつ勘いいんだった…) 幼「れーむ、おねえちゃんいじめちゃだめなのだー…」 霊「ぐぬっ…」 ル(そして同じ私なのにこの扱いの違い…)

2013-05-15 08:05:33
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

幼「そのよーむって人とも一緒に遊べばいいのだ! 皆仲良しが一番なのかー」 霊「そ、そうね。 つっぱねるより適当になだめておいた方が楽そうね…」 ル(あいつ本当に闇の妖怪なのか…?) 霊「…むっ」 ル「ん、どーしたの?」 霊「噂をすれば…来たみたいね。 まだ少し遠いけど…」

2013-05-15 08:08:05
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

幼「じゃあ私がご挨拶してくるのかー」 霊「……。」 霊「そうね、お願いできる?」 幼「わはー!」 ル「ちょっ、大丈夫?」 霊「まあ、流石にあんな小さくて可愛い子を殴ったりもできないでしょう」 ル(…うーん、何だろうこの釈然としない感情…) .

2013-05-15 08:09:31
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

. 幼「びええええ!!」 霊「ちょっ…どうしたの!?」 ル「あー、あーあー…言わんこっちゃない」 幼「ぐすっ… 白い髪のおねーちゃんが、よーかいたいじだ、ってー…」 霊「……。」 ル「霊夢…」 霊「(ゴゴゴゴゴゴゴゴ」 ル「…霊夢?」

2013-05-15 08:12:08
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

霊「あの…クソガキ…」 ル(あ、怒ってる。 めちゃくちゃ怒ってる) 霊「ルーミア…」 ル「は、はい!」 霊「(しゅるっ」 ル「へ?」 霊「今の私が出たら、多分勢い余って殺す… あの青二才には、あなたが思い知らせてやりなさい」 EXルーミア「…しゃーねーなぁ」

2013-05-15 08:14:03
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

. 妖「ふふ、やはり妖怪程度なら刀が無くても…」 EX「やぁ」 妖「む、お前はさっきの…に似てるけど違いますね。 親玉か?」 EX「そんなトコ。 私の妹分がお世話になったみたいじゃねーか…」 妖「…! その剣…なんと言うおぞましい妖気ッ…!」 EX「…ほら、抜けよ」

2013-05-15 08:15:33
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

妖「し、しかし私は、今は拳で…」 EX「…アンタの土俵でやってやろう、って言ってるんだ。 舐めた事抜かしてると死ぬよ?」 妖「…フッ。 そもそも妖怪ならば、活かしておく道理もありませんね(スラッ」 EX「……。」 妖「妖怪が鍛えたこの楼観剣に…斬れぬものなど、あんまり無い!」

2013-05-15 08:18:44
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

EX「そーなのかー(笑)」 . 妖「…ぐっ! バカな、私の楼観剣が…」 EX「……。」 妖「くっ、こうなったらこの拳で――」 EX「…霊夢から話は聞いてる」 妖「…え?」 EX「活かす剣だか拳だか知らないけどさ。 …振るうなら、相手を見極めな」 妖「振るう…相手…?」

2013-05-15 08:22:11
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

EX「さっきアンタがボコした相手は、妖怪は妖怪でもまだ幼い。 それどころか、アンタの話を聞いて友達になろうとしてた。 危害の無い事は、きちんと相手を見て、相手の話を聞いて…そうやって向き合えば判った筈だ。 それをアンタは、問答無用で、妖怪だからってボコボコにした」 妖「……。」

2013-05-15 08:23:49
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

EX「見境無いんじゃ、剣士でも闘士でもなくただの通り魔だよ」 妖「…くっ」 EX「で、どうする? 私は崇高な剣士でもなんでもないから、ここでお前を真っ二つにしても構わないんだが」 妖「…出直し、ます…ッ!」 EX「…そうかい」 妖「…さっきの子に…謝っておいて下さい…」

2013-05-15 08:26:01
ルーミアちゃんが強いおはなし @strong_rumia

… 霊「あら、お帰り。 どうだった?」 EX「ん…めんどくせーから特に何も言わずに冥界まで蹴り飛ばした」 霊「…嘘吐くの下手ねぇ…はい、封印っと (きゅっ」 ル「んー、どうでもいいじゃん…」 霊「…ふふ。 さて、晩御飯にしましょうか」 ル「はーい」 幼「わはー!」 END

2013-05-15 08:28:47

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?