福島市の大波小学校で運動会。児童ひとりでも存続を地域が希望。

その児童は、毎朝バスで学校に来て、タクシーで帰宅する。 http://www.youtube.com/watch?v=x_554TphWu0 (福島テレビ)
HayakawaYukio 3822view 1コメント
1
ログインして広告を非表示にする
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-05-27 06:32:44
    「しかし、学校のグラウンドの土を入れ替えるなど除染が進められ放射線量も下がりつつあり、地区の要望もあって学校は存続されることになりました。」福島市の大波小学校。ふむ。Reading:児童1人の小学校 地域参加で運動会 NHKニュース http://t.co/UhL38GshN0
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-05-27 06:38:35
    学校のグラウンドの放射線量は、土を入れ替えればすぐ下がる。しかし(都会ではない農村)地域の放射線量を下げるのはむずかしい。老人はそこで生活できるが、子どもにはふさわしくない生活の場だ。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2013-05-27 06:44:24
    福島市立大波小学校、私の地図上での位置  http://t.co/vmULI8gJP3 毎時2マイクロシーベルトだ。
     拡大
  • 児童1人の小学校 地域参加で運動会
    NHK, 5月26日 17時19分

    原発事故の影響で避難が相次ぎ、児童が1人になった福島市の小学校で、卒業生や地域住民も参加して運動会が開かれました。

    福島市郊外の大波小学校で開かれた運動会には卒業生や地域の住民ら100人以上が参加しました。そして、現在この学校に通うただ1人の児童で6年生の佐藤隆志くんが「学校と地域の親睦を深めるため、楽しく、仲よく競技することを誓います」と選手宣誓しました。
    このあと競技が始まり、二人三脚では、佐藤くんと地域の住民が一緒になってゴールを目指し、借りもの競争では、ことし3月まで一緒に学んでいた中学1年生と競い合っていました。
    大波地区は、少子化の影響に加え、原発事故のあと福島市の中では比較的、放射線量が高かったことから避難する親子が相次ぎ、事故の前に30人いた小学校の児童は、この春から佐藤くんだけになりました。
    しかし、学校のグラウンドの土を入れ替えるなど除染が進められ放射線量も下がりつつあり、地区の要望もあって学校は存続されることになりました。
    佐藤くんは「本当は友だちも参加してほしかったけど、みんなが応援してくれて楽しい運動会です」と話していました。
    76歳の自営業の男性は「児童は1人しかいなくても大運動会になりました。地域全体で復興に向かっている姿をアピールしていきたい」と話していました。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ゲーム開発」に関連するカテゴリー