10周年のSPコンテンツ!

集英社インターナショナルが唐突に語り始めた「コネ社会礼賛」

集英社グループの中で海外の著作物を扱う子会社「集英社インターナショナル(@Shueisha_int)」が深夜になって急に「コネ社会」に対する礼賛発言を始めた。こんなコネ社会のどこが良いのか判らなかったので、自分には日本社会のディストピアにしか映らなかったが、ただ蕩々と「どうしたら日本をコネ社会に出来るか」を語り続けていたので、そのまとめ。
コネ社会 権威 集英社インターナショナル 保守
15
集英社インターナショナル @Shueisha_int
やはり日本人(あるいは東アジア人)の場合、ネット上でも実生活でも、相手の「氏素性」が分からないと仲良くできないというのがあるのだと思います。そこはアメリカのような流動性の高い社会で生きていくのとは違う原理でしょうね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
これは聞いた話ですが、東アジア人の場合は、知らない人の写真を見せられたときに相手の表情を見るよりも、むしろその人の服装や持ち物、あるいはインテリアなどに注目が行くのだそうです。要するに「どのような文脈(文化)の中で生きているか」が重要なのですね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
あ、さっきから東アジア人と書いていますが、中央アジア人もヨーロッパ人もアフリカ人もそうなのかもしれない。社会的文脈を見ないで、「個人」としてつきあうアメリカ人のほうが特殊性があると見たほうが適切かと。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
ただ、私が知っているのは「アメリカ人と東アジア人の比較研究」だけだから、東アジアンと言っているだけです。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
で、ネットの場合には社会的文脈というデータが著しく欠けているのですね。顔写真とプロフだけではどう対応していいか分からないので、日本人はfacebookでもflickrでも「フリーズ」しちゃうんだと思います。ニコ動や2ちゃんねるのように、徹底的に匿名だと気楽なんですけれどね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
日本人も中国人も、おそらく韓国人も「誰それさんの紹介」というのであれば、その時点で無条件で信じてしまうところがありますね。「あの人の友だちなら、あの人の顔をつぶすようなことはしないだろう」という社会的文脈の中で交際する。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
どこにでもコネはあります。しかし西欧、ことにアメリカの場合、コネクションに頼るのは、ユダヤ人、イタリア移民、アイルランド移民のような「弱者連合」という色彩が強くなりますね。 RT @hippiehappie: “コネ”クションってアジア以外にもあるのでは?
集英社インターナショナル @Shueisha_int
あと、もう一つ言われているのが、フリーメーソンなどの秘密結社ですが・・・これは実際のアメリカ社会でどの程度、有効なのか分からないですね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
その場合、無条件に信用するか、それこそreferするだけか、の違いが重要です。たとえば、日本の場合、「学歴社会」というのは大学名だけで無条件に信用された時代を指します。RT @thoton: でも米国だと履歴書にrefferenceというのがありますね。あれは身元保証ですよね
集英社インターナショナル @Shueisha_int
今では信じられませんが昔は大学名や教授の紹介さえあれば、試験なしで採用されたことだってあったのです!これぞコネ社会。就職する本人の内面よりも、どのような文脈(社会的つながり)の中にいるかが信用を分ける。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
皆無とは言いませんが、アメリカ社会の、それもお金や権力の関わる部分では、コミュニティ感覚は「癒着」「前近代」として否定されるでしょうね。 RT @hippiehappie: ・・・コミュニティ持たない民族もいるのでしょうか。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
メンバーが変わらない、つまり社会的流動性が低いかぎりにおいては間違いなく有効です。RT @zu2: 繰り返しゲームでは、充分に利のある戦略
集英社インターナショナル @Shueisha_int
すべてがコネクションで決まるのであれば、企業にとっては試験の費用、学生にとっては就活の無駄な時間と労力がみんな不要になるんですから、これはこれで効率的ですね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
昔は企業に「枠」を持っている先生がいましたね。今はさすがにそれはないんですね。RT @Dairanju: 理系の研究室推薦は、まだあると思います。無試験ではないでしょうが。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
今の日本で行なわれている「就活」の過熱に、「やはりコネ社会、学歴社会に戻った方がいいんじゃないか」という考えが出ても不思議ではありませんね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
さらにいえば、今の日本では入学した大学(学歴)と就職先とはあんまり関係ないのに、大学受験は相変わらずある。ここも古い制度と新しい状況のミスマッチがありますね。学歴社会を否定するんだったら、アメリカみたいに入学資格試験だけにすればいい。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
昔は大学入試で苦労したら、その分、就職は楽だった(まあ少なくとも明治時代は)。でも、今は大学入試でも苦労し、就職でも苦労する。意味がない。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
あなただけではないです。日本は全体に過去の教訓があまり生かされない社会で、いつも二つの極をブランコのように振れていますね。 RT @IkeruMuenbotoke: 僕には必ずしも「戻る」という表現になるのかは分からないのですが、学歴社会はともかく、コネ社会の・・・
集英社インターナショナル @Shueisha_int
今はちょっと違いますが、少し前の日本では高校の内申書なんか大学入試にはまったく関係なかった。つまり、高校教師の判定は社会的に無視されていたわけですね。同じように大学の成績表も就職に関係なかった。つまり大学の判定も無視されていた。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
高校の先生がいい点をつけてくれても、大学入試では評価されないのならば、高校の先生は尊敬されないし、大学の先生が褒めてくれても企業がそれを尊重しないのならば、大学の先生も尊敬されない。よって先生の価値は戦後半世紀かけて下落しっぱなしになった。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
そういう意味では戦後の日本は「学歴社会」ではあったけれども、「コネ社会」ではなかったとも言えるのかしれないですね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
コネ社会にするためには、学校の先生の権威を回復しないとダメですね。さて、これは大変です。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
学校の内申書、先生の推薦状だけが有効である社会システムにするにはどうしたらいいか。とりあえず、学校の先生を無条件に尊敬し、信頼するところから始めないとダメでしょうね。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
大事なのは「無条件に」というところですね。いい先生か悪い先生かはこっちで決める、試験で決めるとなると、そこから権威は生まれない。
集英社インターナショナル @Shueisha_int
きっとそうだと思いますね。要するにアメリカみたいな徹底さ、非情さ、合理精神が日本人にはないんです。だから、やはり競争主義は止めた方がいいんじゃないかと思いますね。RT @kmtayu: 今でも大企業は学歴を見ていると思います。
残りを読む(9)

コメント

すずみん @suzmin 2010年9月20日
とりあえず「これはないわ」と思った部分を赤字強調。
なるのすけ @narunosuke 2010年9月20日
これは、「コネ社会礼賛」というよりは、日本におけるコネ社会の過去と現在、他の国家や文化におけるコネ社会のあり方がどうなのか、ってことを分析&やや皮肉的につぶやいてるんじゃないのかなあ。少なくとも私には、「日本をコネ社会にしたい」という主張は感じられなかったけど…。
neotoro @dogmuse00 2010年9月20日
学歴社会にもそれなりの合理性はあったんだ、という話としてよくまとまってると思いますぇ。
@ryotayam 2010年9月20日
「コネ社会にも悪いことばかりではない」という指摘の一つだと思いますけどね。少なくとも「礼賛」ではないでしょ。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月20日
昨日の朝日新聞でアメリカの大学入試が特集されていたが、このまとめツイートが言っているようなことは一切ない。いい大学ほど(記事で取り上げられていたのはプリンストン大学)、受験者の背景をよく見ている。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年9月20日
アメリカが「移民の国」「格差の国」だからこそ、受験者の背景(このまとめツイートで言うところの社会的・文化的文脈)をみて、よりよい入学者を求めるというのが、アメリカの大学入試、という紹介でした。
へぼやま @heboya 2010年9月20日
まあそれはそれとして、ここで語られているコネ社会というのは逆に言えば、「コネを持たない人間を徹底して排除することで、コネクションの利益を最大限に享受する社会」だよね。今の中国は確かにそれで、有力な一族や軍閥に属していないとほとんど浮かび上がれない。そしてそういう固定化された派閥社会は、それを打破する方法として犯罪を選ぶ人間も増える。
Hamaji Yukinori @yukinori_h 2010年9月20日
そもそも就活の過熱が悪いことでもないと思うんだけどな。枠が少ないから激戦になってるってことでしょ?
すずみん @suzmin 2010年9月20日
そうか。たしかに「礼讃」ではないかも。自分にはちっとも魅力的な社会には思えないけど。
neotoro @dogmuse00 2010年9月21日
コネによる新規人材の選別は概ね合理的だと思うけど、 馴れ合いによる組織体勢の維持は困りものな事が多そうですね。 その辺、分けて考えた方がいいかも。
m @myogab 2010年9月21日
ここでの「文脈読み」の体質は、日本のネットでの、吊し上げ・炎上が起きる事例に合致するかと。匿名性が高いと起こり難い。正確には匿名性ではないけれど、「文脈」が表現されていないと、対象の背景が連想できず…おそらく楽しめずに…炎上には繋がらない。いったん炎上が起きると、実名性はすっ飛び、「文脈」に乗っかった個人的な鬱憤が集中砲火を始める。
藤堂考山 @ko_zan 2010年9月21日
コメントでも書かれてますが、「コネ社会礼賛」っていうよりも、現在、そういうことに批判的ですが、過去を鑑みれば良い事もあったんですよっていう、冷静なお話ですよね。でも、個人的にはアメリカ的な流動性の強い社会を望みますね。「お前のことは大切に思ってるが、仕事でお前と組むのはムリだ」というクールさは、やっぱり現代のグローバル化が進む日本には必要なメンタリティだと思う。でも、重要なのは「お前の事は大切に思ってる」っていう日本人的な思考を忘れちゃならんって言うところだと思うんだけど。
山下交通事故行政書士事務所 @hiro232001 2010年9月21日
まとめた人の意図とは逆に普通に面白い意見だと思ったよ。全体で読むと納得させられるし。
kitamuratoshiaki @kitamuratoshiak 2010年9月26日
企業のアカウントなのに結構面白い発言するんだね。読んでいて面白かった。ただタイトル・リード文・文字装飾はいただけない。悪意があってまとめている人の判別にはなるけど。
山形 伸 @noboruyamagata 2010年11月22日
実に知的で面白い考察。教条主義と言葉狩りの色眼鏡をかけた人にはこの面白さはわかるまい。
すずみん @suzmin 2010年11月22日
編集意図を後からゴチャゴチャ言われるのもなんだから、デコレーションは消しておきました。別にデコレーションなんてなくたって、読みたい人が読みたいように読めばいい訳だし。
闇のapj @apj 2010年11月22日
高校はまともな卒業試験もなしに卒業証書を出すし、大学も同様なのだから、学力の判定が当てにならないのは当たり前。唯一大学入試だけが、その世代のある程度の人数の学力ををまとめて判定していて、高校・大学の卒業証明よりは当てになる学力の指標を提供していた。大学入試のみで判定が問題なら、統一卒業試験(大学は分野ごとでよい)を課して、高校・大学の学力保証をすればいいだけの話。
usukuzi @usukuthi 2010年12月29日
この人って以前からこうなんだね。少なくとも今年の九月か。 よくこのテンションが続くね&周囲が止めないね!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする