嫌われることと自己肯定感について

@ri_on0044さんによる、「他人から嫌われる事が怖い人は他人から好かれることを大事にしない。」 - Togetter http://togetter.com/li/525270 これに対する返信みたいなものです。 続きを読む
267
ikon @mediocrit

人間関係で悩みやすい人はそもそも人に嫌われてはいけないと思っているんだと思う。積極的に嫌われる必要はないが、ただ人に嫌われないように生きていると自尊心がどんどん失われていき、自信のない人に思われて結局大事にされなくなる。

2013-06-26 23:56:24
ikon @mediocrit

人に嫌われるかどうかを行動基準にするより自分を素直に表現できているかを基準にしないと自尊心が損なわれる。自分の考えや感情をうまく人に伝えるテクニカルな問題はあるにせよ、もっとも大事なことは自分を表現することだ。

2013-06-26 23:59:50
ikon @mediocrit

人と意見がぶつかったり、嫌われてもそれで良いんです。それは相手の勝手だから。こちらが相手を好きになったり、嫌いになったりするのもこちらの自由。人から嫌われてはいけない・好かれなきゃいけない症候群から解放されましょう。

2013-06-27 00:02:36
r i o n @ri_on0044

「他人から嫌われる」事が怖い人は、「他人から好かれる」事を大事にしない。と言うかできない。「嫌われる>好かれる」であり、他人から「好かれる事」より「嫌われる事」の方が当人の中で重要度が高い。また他人から好かれている自信もない。だから、自分を好いてくれる人の言葉も信じられない。

2013-06-27 09:15:37
r i o n @ri_on0044

私は他人から「好かれる」事の喜びを知る前に「嫌われる」事の怖さを知った。恐怖は人の心を支配する。でも「好いてくれる人」は間違いなくいる。「嫌われる事が怖い」に縛られて「好いてくれる人の気持ちを無視」していた。そんな事していれば、そりゃあ好いてくれる人だって離れていくよなと気付く。

2013-06-27 09:22:36
r i o n @ri_on0044

自分を「好いてくれる人」を「好きになれるか」は分からないが、大事にする事はできる。その上で自分も相手を好きだと思えばそれで良いし、好きじゃなければ離れれば良い。自分を好いてくれる人を疑い、相手の気持ちを否定して、案の定嫌われて、「ほらやっぱり私は嫌われる!」流れはバカだと気付く。

2013-06-27 09:29:19
r i o n @ri_on0044

そのバカさに気付いたら「好かれる」も「嫌われる」もどうでも良くなった。世の中には自分と他人しかいない。人の他人に対する評価は「好き」か「嫌い」か「どちらでもない」しかない。「どちらでもない」に興味はないから、何かもう「好き」を大事にする事だけ考えれば良いんじゃないか?と理解する。

2013-06-27 09:35:13
r i o n @ri_on0044

正直に言えば「嫌われるのが怖い」に執着する人は、「他人が自分を嫌うように自分から仕向けている」。何でそんな事をするのか冷静に考えれば理解不能だが、「自分の世界の辻褄合わせ」の為にそうする人は多い。私もそうだった。心で逆の事を思いながら「嫌われたい」と全身全霊で表現していたのだ。

2013-06-27 09:38:16
らいむさんは移転済み @RIME3726

「誰かに嫌われる自分」が許せない人がいる。アレルギーか何かのように、嫌われた自分を憎悪し、嫌悪し、断罪的に扱い、「肯定されない自分のすべて」が許容できない。なぜならそのような人にとって嫌われるということは存在の否定だからだ。

2013-06-28 09:03:32
らいむさんは移転済み @RIME3726

嫌われるということは拒絶されることでもある、けれどそのような人の場合、拒絶されることは存在を否定されたかのようなショックを受ける。それにより傷を負った人は、誰かに好かれている自分を認識・肯定できない。

2013-06-28 09:03:55
らいむさんは移転済み @RIME3726

そのために必要以上に自分を蔑み、嫌われないために顔色をうかがい、今度は自分を肯定的に評価する人を否定し拒絶する。いつの間にか自分が世界の負の存在だと盲信する。

2013-06-28 09:04:11
らいむさんは移転済み @RIME3726

その際自分を守るために相手に嫌なことをしているという自覚はない。むしろ、自覚があっても止めることは出来ない。凶暴な動物は臆病ゆえに暴力に身を任せる様に、傷つくこと自体が恐怖であり、傷つけるものを気遣う余裕などそこにはないのだから。

2013-06-28 09:04:25
らいむさんは移転済み @RIME3726

また、人の顔色をうかがうこととはつまり、自分の在り方をつねに間違っているものとして疑い続け、自分を出さないことであり、同時にその状況の模範解答を探し続けていることでもある。

2013-06-28 09:05:02
らいむさんは移転済み @RIME3726

しかしながら、この世には正解も間違いも存在しない。あるのはそれぞれ違った在り方で、正しさは人の数だけ、その人自身の内にある。

2013-06-28 09:05:23
らいむさんは移転済み @RIME3726

加えて、人としての魅力は個としての独自性にある。顔色を伺うというのは自分のあり方を他人に委ねることであり、自分らしさの放棄でもある。故に顔色を伺うことは好まれない。

2013-06-28 09:05:31
らいむさんは移転済み @RIME3726

そもそも、顔色を伺うなどして嫌われない様にし続ける限り、たとえ嫌われることは減らせても心から好かれることは無い。歩くことで転びたくはないから、匍匐前進をするようなものである。それにより前に進むことはできるが、歩くということはいつまでも出来ない。

2013-06-28 09:05:57
らいむさんは移転済み @RIME3726

うまく歩くためには、歩くという経験をしなければ得られない体験知が欠かせない。だからこそ、何度転んでも歩く練習をする事は尊い。はじめなければいつまでも出来ないのはこういうことである。やればできるといって、やらないから出来ないままなのだ。

2013-06-28 09:07:00
らいむさんは移転済み @RIME3726

同じように、誰かに好かれるためには、好かれるための行動を模索し続けるしかないと思う。もちろん、与える側の都合しか考えない在り方では、同じように好かれることはないけれど。

2013-06-28 09:07:10
らいむさんは移転済み @RIME3726

勿論、失敗は成功の母なのだから積極的に嫌われろ、という事が言いたいわけではない。嫌われるだけ嫌われるだけではただの自傷行為と変わらない。大事なのは嫌われるという事で何を対価として得るか、ということだと思う。

2013-06-28 09:21:06
らいむさんは移転済み @RIME3726

成功と失敗というのはただの属性であって、結果や経験の本質とは関係がない。

2013-06-28 09:25:57
らいむさんは移転済み @RIME3726

誰かに嫌われた事を失敗と捉えて、自分を攻め続けてしまうことは容易である。そして不毛だとわかっていても止めることは難しい。だがなによりそれは自分に対して不誠実だ。なぜならそれは、やり場のない苦痛を強引に自分に向けることで、自分に八つ当たりすることと同じだからだ。

2013-06-28 09:28:27
らいむさんは移転済み @RIME3726

しかし、一度誰かに嫌われたことを失敗の経験として認識してしまうと、好かれる自分にはいつまでも気付けない。

2013-06-28 09:30:39
らいむさんは移転済み @RIME3726

根強く好意を与えられたとえしても、「ほんとうのわたしはそんな大層な人間じゃない」と言うところに落ち着き、やがては「ほんとうのじぶん(嫌われる自分)」という偶像を消極的に崇拝するようになる。嫌われなくてはならないと思うようになる。

2013-06-28 09:33:01
らいむさんは移転済み @RIME3726

また、臆病さに甘んじて、自分が求めている正解は自分の中にだけあるということを忘れ、その「正しい在り方」に追いつけない自分に直面する。惨めでダメな自分をそこに見つけることになり、自分への魔女裁判は加速する。

2013-06-28 09:33:09
残りを読む(28)

コメント

なみへい @namihei_twit 2013年6月28日
(散歩で日本縦断しちゃったんじゃないかとw)
0
ケイ @qquq3gf9k 2013年6月28日
どっちにしろ生きていく上で一時罹る麻疹のようなもの。
0
なみへい @namihei_twit 2013年6月28日
世の中を、好きなものと嫌いなものに分ける。で、嫌なものを避けよう、遠ざけようとすると、得体の知れないものが増えるのさ。で、得体の知れないものってのは怖いのよ。怖いが好きならともかく、まぁ大抵は嫌いだよね。で、ループに嵌まる。嫌いに支配されない方法は、好きをとことん追求したり、嫌いをとことん分析して、怖いを消してループに入らないこと、好き嫌いよりも、興味関心の有る無い、を意識してみること。
0
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2013年6月28日
不特定多数へのありきたりな説教のオンパレードで寒かった
4
なみへい @namihei_twit 2013年6月28日
自分(の何か)を嫌いになるのは辛いよね、どこにも逃げられないから。解消するか、克服をするか、しかない。とことん向き合ったら、生かす方法や、被害を最小にする制御法も見えてくる。直せなくてどうにもならならなくても、もうこれが自分なんだなって愛おしく思えたらしめたもんです。
0
otakukato @otakukato1 2013年6月28日
俺は一人が好き、一人がラク、今はインターネットがあるから一人でも暇しない
6
otakukato @otakukato1 2013年6月28日
一人と独りは違う。自分だけの空間での自由が一人、集団の中での孤独が独り
12
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月28日
namihei_twit ウォオオオなみへいさんじゃないですかはじめまして!ちょっと張り切りすぎてしまっちゃった感じですね!w(∀`*ゞ)エヘヘ
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月28日
namihei_twit そうですね、それは言い換えれば嫌いなものからのポジティブな逃げでもあると思います>コメント2つ目 自分はやっとその段階に来たかんじで、あとは習慣付けとかで日常を改築しようと思ってる感じです。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月28日
namihei_twit 自分の場合は死ぬほど苦悩して文字通り死にかけて、その果てに自信と自己肯定感をどっちも手に入れられた感じなので幸運でした。シンプルすぎるほどシンプルですが、それを意識して手に入れるのは難しいですよね。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月28日
TakahashiMasaki そうですか。でも読んでくれてありがとうございます。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月28日
otakukato1 一人でいる時間はたしかに大切ですよね。そして孤独になるのも大事だと思います。読んでくれてありがとうございます。
0
かえでこ @KaedekoSakura 2013年6月28日
問題は、素の自分を好いてくれる人がどこにいて、その人が望む相手かって所になってくるのじゃないかな。近くにいない場合、孤独に生きるのか?とか、その相手(または集団)が、自身の価値観に合わない場合、それを受け入れられるのか?とか。
9
かえでこ @KaedekoSakura 2013年6月28日
イジメなどにより自信が奪われているケースと、理想に現実が追い付いてないケースとかでも対応は違いそう。
7
otakukato @otakukato1 2013年6月28日
KaedekoSakura 凄く納得した、その通りだと思う。
0
らてーる @tenta325 2013年6月28日
ネット上はともかく、現実では引きこもり体質で知り合いの絶対数が少ない。結果「嫌われても代わりがいる」という状況にならず、嫌われる事を恐れるようになる。
3
atumisi @atumishi 2013年6月28日
昔は悩み毎に色んな答えを出して肯定してきたけど最近は面倒くさくなっちゃって「私を含む全人類は所詮宇宙のチリ」って答えをとりあえず定義して「カスじゃ仕方が無いよね」って自分や世界を肯定してるな。変な癖がついちゃったw
0
へなちょこ@✿(´-ω・)ノ☺♪ @yhenatyoko1 2013年6月29日
狭いオタクサイトの中だけで思ったんですが、価値観が良い悪いと勝ち負けしかなくなったんじゃないか、という気がしていますね。客観至上主義とでも言うんですか?好かれることは良い、嫌われることは負け。多数派が価値。ぼっちは悪。ネットは社会や世間を少しちいさく(身近に)したかもしれませんが、人間をよりしょぼくしたのではないか、とここ5年くらい思っていたりもします。あんなに流行ったのに、自分が好きな自分であること、ってなあ、どこにいっちまったんでしょうなあ。古臭くなって負けましたか。
5
へなちょこ@✿(´-ω・)ノ☺♪ @yhenatyoko1 2013年6月29日
ああちげ。自分が好きな自分であること、じゃないや。自分が自分であること、でしたね。だからわかんなくなっちゃうんだ。自分が自分であること、とは、自分が自分の好きな自分であること、であれかし、と思うんですが。
1
へなちょこ@✿(´-ω・)ノ☺♪ @yhenatyoko1 2013年6月29日
というのはぼくという無名な個人の極めて個人的な、乏しい知識と僅かな経験と感情だけでしか裏打ちされていないので、負け、悪、といやあそうなんですが、だからなんだ、おれはおれだ。かかってこい。こわいのはおカネと多数派とおまわりさんだけだ。という姿勢のちょっとあたまおかしい生き方もいいものですよ?
1
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月29日
yhenatyoko1 それほんとうにあると思うんですよ。誰かよりも大きい自分が大事だとか、小さい自分は雑に使われても問題ない、っていうかね。なんなんでしょう、気持ち悪い半端な合理主義とエゴイズムがごちゃ混ぜになった感じと言いますか…。いやな風潮です。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月29日
atumishi それは大変ですね…どうにかして変えられるといいんですけど…(´・ω・`)
0
へなちょこ@✿(´-ω・)ノ☺♪ @yhenatyoko1 2013年6月29日
やくざもヤンキーもオタクも女の人もセージカもJASRACもNHKもマスコミも電通も創価もなんとか国人さんもみんなみんなこわいですが。でも、好きな人も好きなこと、ものもあり、そういう自分が好きなのです。自己満上等。いや、みんなみんなから好かれるあたし(オレ)が好きなの(んだ)よ!言われれば返す言葉もありませんが。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年6月29日
yhenatyoko1 そうそう、でもそう思う事自体が自己言及的っていうか、なんか好きなことを追求するという大きな流れの中にいるような気もしますね。
0
狐謡 @Towa_towa_to 2013年6月29日
世の中と自分って、そんなに違うのん?(-3-)
1
magius@MLPS @magius776 2013年6月29日
単に自己啓発ビジネスや無駄なものを買わせるための方便を真に受けてるだけだな。外見を気にしなけりゃ服も化粧も売れんだろ
1
otakukato @otakukato1 2013年6月29日
yhenatyoko1 2ちゃん界隈なんてまさにそうだね「価値観が良い悪いと勝ち負けしかなくなったんじゃないか」いい加減あの手のコミュニティの極論は見向きもされなくなって来ていると思いますがね、特に○○アンチなどとか言う輩の戯言などまさにそう
0
へなちょこ@✿(´-ω・)ノ☺♪ @yhenatyoko1 2013年6月29日
あっとみなさんありがとうございます。というか、たとえ自分独りでも好き、たとえ自分独りでも嫌い、であってもいいじゃないですか。寂しいですけどね。てへへ。
0
なみへい @namihei_twit 2013年6月29日
yhenatyoko1 理解してくれる人が少ないだけであって、別におかしくなんかないと思いますよ。おカネは働いて稼げば増えるし無駄遣いをすれば減るってだけのことだし、自ら悪事を働かなければおまわりさんは味方だし、いつかこの中から私を理解できる人が現れるのかも知れない、自分のように一人で立ち上がり飛び出す人が隠れているのかもしれない、と思えば多数派だって愛おしいのです。
0
なみへい @namihei_twit 2013年6月29日
独り立ち、と書いて、独立、ですがな。
0
なみへい @namihei_twit 2013年6月29日
自分に依って立つという不安に負けて、他人に依る。不安定な他人の言に振り回されて不安が消えないから、多数派という人でない物に依る。多数派から飛び出していく者の存在は、多数派を否定する物、すなわち自分を否定する物であるから、攻撃をする。っていうのが、私が思う、独りを怖がる人の心理。
3
みこみこ @mikoto_1009 2013年6月30日
同じオタクでも、ジャンルや何かで他人を下に見るのはよくある光景。女子の活動で派閥が問題になったり、オフ会の言動でハブられたり、多数・少数ってのは相対的なものでしかないんだよね。あと「嫌われない」と「他者への配慮」は凄く近いし、「我を通す」と「自己中」も凄く近い、それらのバランスを問われるから、コミュニケーションは難しい。
4
みこみこ @mikoto_1009 2013年6月30日
学校、会社、家族、年代によってまちまちだろうけど、属する集団を気軽に代えれるわけでもない。付き合い方としては、今の集団で「嫌われない」を実行しつつ、自分の居場所を見付けりゃいいんじゃないかね。(ちなみに、コミケのオフ会で挨拶の後、同好の士が嬉しくて、はしゃぎすぎて引かれるとか普通にある事なので、「配慮」マジ大切。)
5
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2013年6月30日
シミュレーションは楽しい。子供のころや学生のときの経験上、人間関係の実地訓練はコストパフォーマンスが良くない。学べることが大したことない割には、傷ついたり傷つけたりが多い。でもそれに七転八倒で突撃し続ける人もいて、価値観は多様だと思わざるを得ない。
1
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2013年6月30日
よい人間関係が欲しい欲と、濃密な人間関係が欲しい欲はなんか違う気がして。
2
yamagashi@ちびすけ @yamagashi 2013年6月30日
自分では正しいと思っていても他人(特に権威ある人とかそんなの)からそうではないといわれると自信が揺らぎます。つまりはそういうことなのかなって。
3
ミトス@宮城 @mitos7 2013年7月1日
こゆふに考えるヒトって、意識してるか無意識なのかわからんケド、いわゆる「試し」ってヤツをやとるとおもう。希にいる自分に好意を持ってる人間がいたら、「この人はどれくらい私のことを好いているんだろう?」とわざと嫌われるような行動や言動をとる。それによって相手との距離感を計るとゆーか。「ここまでなら大丈夫、この人は許してくれる」というボーダーをちょくちょく探ってて、何度もやとるウチに相手にうんざりされるか、一線をぶっちぎって嫌われるかというパターン。
9
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年7月1日
mitos7 それはほんとうにあると思います。未だにやってしまうことがありますが、不誠実なので良くないですよね。
1
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年7月1日
[c1138491] 痛いほど分かります。自分も恥ずかしながら、嫌われるのが嫌なら閉じこもってしまえとすこし引きこもってみたことも有りました。でも痛いんです。嫌われるのは怖いし痛かった。だけど閉じこもるのは嫌だし、そう思っていたらいつの間にか、嫌われることよりも人に好かれる方が怖くなっていました。失うのは怖かったから。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年7月1日
[c1138493] そうなんです、心を麻痺させるというのはそういうことなんです。心が弱いことというのは敏感でもあることなので、それを殺してしまったら世界はモノクロよりももっと薄い世界になるでしょう。辛いですよね。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年7月1日
[c1138642] いえいえ、こう言う話いつでも振ってくれていいのでなんか抱えきれなくなったら振ってください。
0
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper 2013年7月1日
なんだろう…話としてはわからないでもないのですが、どっか逃げ道というか救いというか希望というか、そういうのがないというか……個人的には「結局変われない自分はダメなまま」て結論から逃げきれずに凹んで終わった感じです…
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年7月1日
sanga2paper 実はこのまとめ、自分はダメだと思いがちというか、そういう人には一段階早いというか、ある意味では回答編みたいなものなので、問題編みたいな感じの最初の部分はいずれ書いて行こうかなと思ってたんです。本来なら冒頭でも書いたとおり、リオンさんという方に返信するのが目的だったので。
0
チラシ裏の三月(いずい) @sanga2paper 2013年7月1日
RIME3726 返信ありがとうございます。一段階早いのですね。回答編とのことなので、「乗り越えた人用のまとめ」ということでしょうか。だとしたら冒頭で「できるだけ今苦しんでる人にとどけたい」とありますが、届けたら逆効果になるのでは…?
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年7月1日
sanga2paper そうですね、でも苦しんでる人というのもいろいろいるので、今回のリオンさんの様に半乗り越えかけ、みたいな人もいると思うんですよ、わりと。なので、リオンさんの他にもいたら届けばいいな、という感じだったので、ここまでの反響は予想外だったんです…w
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年7月1日
sanga2paper まあこうなってしまっては言い訳に過ぎないので、どうしようもないんですがね。自分としてもどういう経路で自分が復活したかというか、答えを得たのか振り返ってみたいところだったので、ぼちぼち内省と材料を集めつつ、またつぶやければと思います。
0
宮乃杜のるんと五月病の精神科医(女医) @norn_moira 2013年8月28日
①割とくるくる自分なりに考えてそうなのかなあ、ってとこには非常に近く やっぱ皆考えてることは同じなのか、と思うので ここでそんな必要はない、それが良くないと言及されてる 「他人の顔色を伺う(≒多数派に迎合する)」 に乗っかってしまう、という矛盾はあるものの概ねその通りだなと思う。
0
宮乃杜のるんと五月病の精神科医(女医) @norn_moira 2013年8月28日
②しかしだとして「嫌われるの怖い」をやめて 「好かれてる自覚をする」方法が解らないというのが一番の問題か。 尚、こういったコメ欄にもやはり一定数は沸いてしまう ありきたりな説教だの自己啓発本の請売りだのと重箱の隅つっついてDisる連中こそが 「嫌われるの怖い」から脱却できず「私好かれてる」と思えない最大の原因かと。
0
宮乃杜のるんと五月病の精神科医(女医) @norn_moira 2013年8月28日
③まとめ本文でも言及されてる「嫌う人はなにやっても嫌う」であり https://twitter.com/chilime/status/350647641627041792 ←ここ なんですが、苦もなくそう思えるようになったらクリア、って感じですかね…。 私は矢張り未だに悪意に敏感で日々踊らされております。
0
らいむさんは移転済み @RIME3726 2013年8月28日
norn_moira 言うだけなら簡単なんですけど、抜けるのはすごく難しいですよね(´・ω・`) 自分の場合は内側をみるだけじゃなくて、できるだけ外側に目を向けてヒントを探してみてました。あとは、自分の考えを誰かすごく信頼出来る人に話してみて、整合性を確認してみるとか。はやく抜けられることを祈っています。
0
evacuated_man @evacuated_man 2015年8月23日
試し行為は不誠実だけれど、一方でそれはSOSでもあるし、そういう視点で見れば解決策も変わってくる。 問題は、試し行為のバックグラウンドをわかっていても、自分や周囲の我慢出来る範囲を越える時。 助け合い精神で、どれだけ受容と共感ができるのか、ダメなものをダメだというのか、人に好かれることに意識を向けられるのか。人によりけりだけど、周囲は試し行為する人を嫌い、当人は孤立するといったスパイラル化もある。
4